「専門」で本気度の高い人を動かすWebライティングのテクニック

WEBライティング

専門化で見込み度の濃い人を動かすWebライティングのテクニック

専門性はあえて分野を絞ることで、強い吸引力を発揮します。

たとえば、「本気で小顔になりたい」という女性には、「小顔矯正専門」と謳った方が響きます。

小顔矯正に特化した分、その分野を得意としているイメージです。

逆に、整体メニューの一部に小顔矯正がある場合は、「この先生に本当に任して大丈夫?」と疑心暗鬼させてしまいます。

専門性とはまさに諸刃の剣なのです。

それだけに響く人には非常に響きます。

専門を謳ったWebライティング

ターゲットに特化したパターン

  • 出逢える婚活パティー×
  • バツイチ男性専門婚活パティー○

ターゲットを細かく絞ることで、「その人に特化」した専門性を出すWebライティングのテクニックです。

「誰でも」より、「あなたに」といわれた方が響くのは当然でしょう。

ターゲットの設定は、「年代」「性別」「地域」「職業・役職」「趣味・趣向」など細かく決めると、当事者にはそれこそズバンと刺さります。

例)女性社長専門。ビール派のお父さん専門。アラフォー女性専門

提供しているお店を専門化パターン

  • チーズ詰め合わせセット×
  • チーズ専門店が厳選したチーズ詰め合わせセット○

商品・サービスを提供する側を専門化するWebライティングのテクニックです。

その道に特化した専門店が提供するものなので、高品質、高信頼感を得ることができます。

普通のお店が提供するものなのか、それとも専門店が提供するものなのか、その分野に限っていえば、どちらが高品質に見えるかは一目瞭然です。

悩みを専門化したパターン

  • 安心・即日のカードローン×
  • 「審査が通る?」お悩みの方ためのカードローン○

悩みに特化した専門化で訴えるWebライティングのテクニックです。

ターゲットに特化したパターンに似てますが、こちらのパターンは、ターゲットの心の中を丸裸にしてドキッとさせます。

ターゲットは悩みを「言い当てられた」状態ですので、こちらも「わたしのこと」と思わずクリックせずにはいられなくなるでしょう。

専門化の罠

専門化はお客様の欲求がはっきりしているときほど効果を発揮します。

ラーメンが食べたいなら、何でも屋の食堂のラーメンより、ラーメン専門店のラーメンというようにです。

お店が専門化する意図もここにあって、たくさんある同じ店の中から、尖がりを出して他より選ばれやすくなるために、わざわざ分野を絞って専門化するわけでしょう。

しかしここに罠があります。

専門化に絞ることで見込み客も少なくなることです。

都会のような人工密集度の高いところなら、専門化しても十分な見込み客の数があるかもしれません。

それが人工密集度の低い田舎になると、絞りすぎると見込み客自体を確保することさえむずしくなるのです。

つまり商圏内の見込み客の数を見誤ると、お客様の数が激減することになるということです。

これは店舗の場合ですが、専門化して成立つのは、見込み客数にあることをお忘れなく。

専門化を入れたタイトルを作る3ステップ

【STEP1】誰をターゲットに何で専門化するか決める

誰をターゲットに専門化するか決めます。

年齢、性別、職業、役職、趣味・趣向などを設定していきます。

【STEP2】ターゲットに響くものを探る

ターゲットに響くものが何を探ります。

専門化が一番効くのは、ターゲットの欲求がはっきりしているときです。

仮にアラフォー女性がターゲットの結婚相談所なら、ただの「結婚相談所」より、「アラフォー女性専門結婚相談所」の方が、「結婚したい」と考えているアラフォー女性には響きます。

【STEP3】欲求に即したタイトルにする

フォーカスした部分をタイトルで強調してみます。

例)結婚したいアラフォー女性のための出会いパーティーでパートナーができる会話術

まとめ

専門を謳うことで、その他大勢から一気に抜け出すことができます。

上手くいけば「○○だったら○○さん」とブランディング化もできます。

そして、悩みが深く本気度が高い人ほど、商品・サービス選びに迷ったときは、「専門」と名のつく方を選ぶ傾向にあります。

これが専門化を謳うWebライティングのメリットです。

インターネットのような地域を選ばない媒体向きといえます。

リアルな店舗なら、商圏内の見込み客数をじっくり吟味しないといけないです。

本気の人を振り向かせたいときは、専門のWebライティングのテクニックが存外効きます。



Twitterも更新しております。フォローをよろしくお願いいたします↓


売れないお悩みを解決。超「売れる」ランディングページを徹底追及!

下記に一つでも思い当たるなら集客屋にお任せください。
・ランディングページのコンバージョン率が低い。
・オンラインで商品・サービスを販売したい。
・オンライン広告をはじめたい。
・販売不振を解消したい。
・オンラインで集客できる仕組みを作りたい。
高いパフォーマンスを発揮するランディングページを提供して、「売れない」悩みを解決いたします。

詳しくはこちらをクリック
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


関連記事一覧

フォローするとTwitterの更新情報が届きます。

カテゴリー

アーカイブ