「新しさ」で心をワクワクさせるWebライティングのコツ

WEBライティング

新しいとはそれだけで人を高揚させるパワーがある

「新しい」とは、まだ体験したことのない未知であり、それが人の好奇心をくすぐるのでしょう。

何かすばらしい体験を得られるのではないか?そんな期待感を持たせてしまいます。

生まれ変わることを意味する再生も、新しいことへの期待を感じさせてくれるキーワードです。

また、「新しい」には新鮮という意味もあり、品質の良いものをあらわす言葉でもあります。

それだけに、「新しい」「新発売」「リニューアル」といったことを表現するWebライティングは、人を惹きつける魅力があります。

「新」を感じさせるWebライティング

新鮮さを感じさせるパターン

  • 産地直送の野菜×
  • とれたてを産地直送。みずみずしいフレッシュ野菜○

商品の鮮度を訴えるWebライティングのパターンです。

「とれたて」「みずみずしい」「フレッシュ」という単語を並べるだけで、新鮮さが伝わってきます。

商品の鮮度とは品質の高さの証左でもありますので、それだけで価値が一つ加わることになります。

再生された新しさを訴えるパターン

  • オムライスを改良して販売×
  • リニューアルしたオムライス。卵のフワフワ感を一新

生まれ変わった新しさを訴えるWebライティングのパターンです。

再生とは、これまでの古いものを一新して生まれ変わった姿だけに、過去を凌駕する何事かを感じさせます。

それだけに、お客様のトキメキ感もハンパねえのでございます。

新発売だけでなく、再開発したりリニューアルしたときは、絶好の販売チャンスともいえます。

新しさを訴えるパターン

  • スタバが鳥取にオープン×
  • 2016年。鳥取県にスタバが初上陸

実際に2016年に、あのスターバックスが、日本で唯一未進出の鳥取県に初オープンしました。

それまでには、スタバと鳥取砂丘をもじった、「すなば(砂場)珈琲」という自虐交じりのシャレのきいた喫茶店があったりしたわけですが、そのような事実もなかったごとき扱いで、鳥取県初上陸と話題をかっさらい、蜂の子つついたような騒ぎになりました。

これは話題性もありますが、田舎特有ではなく、人が新しいものを好きだから起こる現象です。

ですから、新しいニューオープンというだけで、多くの人が来店するわけです。

良いとか悪いとか、ウマいとかマズイは別にして。

新しいとはそれだけパワーがあるのです。

これをWebライティングに応用するのが、人の気持ちを高揚させるコツです。

あきられたらお終い

人には「あきる」という習性があります。

ずっと同じブログで見た目に変化がないと、いずれあきられてしまいます(もちろんリアルな販促物もです)。

それどころか、下手をすればお店に活気がないように感じられ、マイナス効果になってしまいます。

だからこそ、「新発売」や「最新アイテム入荷」など、お客様に変化を感じさせ、新鮮な気分を味わっていただく必要があります。

余談ですが、インスタントラーメンの「サッポロ一番」は、超ロングセラーの定番ですが、実は味付けは時代に合わせて微妙に変化させているのだとか。

何十年も同じだと思っていたものも、あきられないように変化させているのです。

いわんや我々もでございます。

お客様にあきられないよう、商品、サービス、販促物などにWebライティングで変化をつけていきましょう。

「新」を入れたキャッチコピーをつくる3ステップ

【STEP1】新しい要素を見つける

書く文章から新しさを強調できる要素がないか探します。

新発売の商品・サービスなら、「地域で初」「今年初」「今期初」「業界初」など新しさの要素があるはずです。

【STEP2】新しさの表現を考える

新しさが見つかったら、それをどう表現するかを考えます。

仮に「地域で初」の場合、鳥取県では2番目でも、地域を狭めて「○○市」や「○○町」なら初になるケースもあります。

毎年同じ商品を入荷する場合でも、「2017年」と区切れば、「2017年度版入荷しました」となり、新しいイメージがつきます。

いろいろな角度から分析して、新しいをアピールできないか知恵を絞りましょう。

【STEP3】新を入れてみる

新しさを表現したキャッチコピーにしてみます。

例)鳥取市についに上陸。小顔に魅せる最新ショートヘアカット

まとめ

新発売、新登場、新入荷、最新作など、新しいとつくフレーズは、それだけでお客様の「試したい」という気持ちに火をつけます。

それだけに、Webライティングでアピールしないと損です。

それ以外にも、売り場に活気があることは重要なので、「新しい」で賑わい感を演出する効果もあります。

販売も大事ですが、同じ売るでもお客様に買い物特有のワクワク感を感じてもらうことは、商売として何より大切ではないdしょうか。

どうせお金をいただくなら、楽しんでもらいたいですからね。

そのためにも「新しい」をWebライティングで有効活用しましょう。



Twitterも更新しております。フォローをよろしくお願いいたします↓


売れないお悩みを解決。超「売れる」ランディングページを徹底追及!

下記に一つでも思い当たるなら集客屋にお任せください。
・ランディングページのコンバージョン率が低い。
・オンラインで商品・サービスを販売したい。
・オンライン広告をはじめたい。
・販売不振を解消したい。
・オンラインで集客できる仕組みを作りたい。
高いパフォーマンスを発揮するランディングページを提供して、「売れない」悩みを解決いたします。

詳しくはこちらをクリック
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


関連記事一覧

フォローするとTwitterの更新情報が届きます。

カテゴリー

アーカイブ