ギャップを見せる書き出しのWebライティング

WEBライティング

落差に唖然

人を説得するには、理想と現実を教えて差し上げるのは有効な方法です。

現状の現実を冷静に分析し、それを改善した明るい未来をイメージさせれば、「理想を手入れたい」と人の心は動くでしょう。

その現実と理想のギャップを見せるのが書き出しのWebライティングです。

ギャップを見せる書き出しのWebライティング

【例】

英語が話せなくても、日常生活に支障が出るわけではありません。

また、英語を必要とされるビジネスでもなければ、就職や仕事で優遇されることもないでしょう。

これまでは英語を学んでも、これといって収入とは直結していませんでした。

しかし、今はインターネットで全世界とつながっている時代です。

世界の公用語である英語が読めたり話せたりできるようになれば、大きなビジネスチャンスが生まれます。

そしてそれは、会社に頼ることなく、自分の力で稼げるスキルを身につけることでもあります。

そう、あなたが英語が話せることが、大きな意義のある時代となったのです。

今日から、英会話トレーニングをはじめませんか?

前半部分で現状の分析。

後半部分で「素晴らしい未来」を見せます。

この現状と未来の落差が大きいほど、人は心を動かします。

今の生活をより良くしようと願うのは、誰にでもある願望です。

説得には「繰り返し」

余談ですが、どうしても説得したいことは「繰り返し」が効果的であることが証明されています。

社会心理学者の実験では、裁判で「被告は無罪である」ことを証明するために、説得の効果がどれほど有効か調べられました。

すると、一度しか説得しない場合と比べて、3回繰り返せば46%説得力が増し、10回の繰り返しでは、何と82%にも説得力が上がったというのです。

広告の場合でも、1回見せたくらいでは反応は薄いですが、繰り返し見せることで反応率は上がります。

やはり、説得力と繰り返しは比例の関係にあるのです。
しかし、繰り返しの効果を高めるためには、「伝達手段を変える」ことが望ましいです。

これも心理学の実験ですが、たとえばセールスを行う場合、1回目も2回目も「対面」で行うより、1回目は「対面」、2回目は「電話」、3回目は「手紙」と、伝達手段を変える方が効果が高かったというのです(手段の順番は関係ない)。

要するにこれは、伝達手段を変えることで、「しつこい」と思われなくなることが関係しているそうで、たしかに「電話」「電話」「電話」と何度も電話でセールスを仕掛けられると、うぜえとなり、断ることしか考えなくなります。

それは文章も同じで、説得目的で繰り返し行う場合、「同じ表現」は避けなくてはいけないのです。

仮に「歯磨きをしなさい」と説得したいなら、

  • 歯をきれいにしましょう。
  • 歯を掃除しましょう。
  • 歯をクリーニングしましょう。
  • 歯を洗いましょう
  • 口の中を清潔に保ちましょう。
  • 口の中を洗浄しましょう。
  • 虫歯菌を殺菌しましょう。
  • 虫歯菌を除去しましょう。

のように表現を変えながら繰り返すことが大事なのです(例ほど多くしなくても大丈夫ですが)。

歯磨きが何度も出てくる文章は、読み手にくどいと思われます。

何だかくどい文章と思うときは調べてみてください。

たいがい同じ単語や「しかし」や「だから」といった接続詞が、短いスパンで何度も出ています。

繰り返しが説得力を高める秘訣ではありますが、読み手にスムーズに受け入れてもらうためには、「表現を変えて繰り返す」ことがポイントなのです。

それを語彙というのですが、書き出しのWebライティングでも、その後に続く文章は、意図的に表現を変えるのが大切です。

まとめ

人には、自己の目的を実現したいという欲求があります。

それを心理学では「自己実現欲求」といいます。

マズローの五段階欲求では、その頂点に位置するのが自己実現の欲求です。

そしてその下にある、生理的欲求、安全の欲求、社会的欲求 / 所属と愛の欲求、承認(尊重)の欲求を満たしてしまった者は、すべての行動の動機が、この欲求に帰結するといいます。

意外にも、地位や名声、注目されたいなど、要するに他人から尊重されたいという欲求は、承認(尊重)の欲求の低い尊重レベルに属するのだそう。

取り留めない話になってしまいましたが、ギャップを見せる書き出しのWebライティングでは、人の自己実現欲求を「見える化」して、呼び起こして差し上げるのです。

今の自分の現状に満足してない人ほど、現実と理想の自分のギャップに反応するでしょう。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


関連記事一覧

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。