ハイクオリティを感じさせるWebライティングのコツ

WEBライティング

適正価格で売るにはこのWebライティングテクを身につけるべし

高いクオリティを感じさせるWebライティングを書くことで、適正価格で販売することができます。

伝えるべきことを伝えないために、適正価格で売れるはずのものが、安売りしないと売れないとなってしまいます。

これは非常にもったいないことです。

文章を少しだけ工夫することで、価値が伝わり、安売りから抜け出すことができるのにです。

あなたの商品・サービスが「いかにクオリティが高いか?」のWebライティングのパターンを知れば伝えるのは意外に簡単です。

単価アップを可能にするハイクオリティ感を出すWebライティングのコツ

素材のクオリティを伝えるパターン

  • 甘い完熟マンゴー×
  • 宮崎県産糖度18超えの激甘完熟マンゴー○

素材の良さを伝えるWebライティングのパターンです。

産地、糖度、天然素材度(果汁○%など)をキャッチコピーの中に入れていきます。

産地は一つのブランドになる分野ですので、有名産地なら忘れず入れておきましょう。

手間暇を入れて高クオリティにするパターン

  • じっくり煮込んだデミグラスソース×
  • 2日間じっくりグツグツ煮込んだデミグラスソース○

手間暇かかった作業工程は、クオリティの高さの証左になります。

あなたにとっては「当たり前」でも、お客様にとっては未知のことです。

あえてWebライティングでアピールしないと価値がわからないのです。

仮にメニューに「2日間煮込んだ」と書いてあれば、お客様はその作業時間から、手の込んだ料理を想像し、「きっとおいしいものが出てくるに違いない」と期待されます。

こうなると、値段は二の次になります。

手間暇は

  • どんな工程を経て商品が完成するのか?
  • 時間がどれくらいかかっているのか?
  • 商品・サービスの開発までにどれくらいの時間がかかったか?
    (開発までに3年の月日・試作すること98回など)

といった感じで分解して、具体的ものを出していきます。

権威でクオリティを伝えるパターン

  • 人気のハム・ソーセージギフトセット×
  • 3年連続、楽天グルメ大賞受賞!ハム・ソーセージギフトセット○

権威から表彰・受賞は、即高品質をイメージさせます。

ですので、賞を受賞した場合は、それをWebライティングでアピールします。

「そんな大層な賞もらったことがない」という場合でも、ご安心ください。

「エキテン」のような大手口コミサイトの「1位」も、クオリティの高さを証明する証拠になります。

また、ホットペッパービューティーの口コミの中の「星5つが○○○人」というアピール方法もあります。

類似パターンに「○○マニア推薦」「○○愛好家推奨」があります。

楽天大賞やモンドセレクションといった名のある権威まではいきませんが、「その道を極めた人」の推奨も高クオリティの保証になりますので、入れれる場合は入れましょう。。

職人の腕でクオリティを伝えるパターン

  • 職人技で丹精込めて作った和菓子×
  • 創業100年伝統の技を引き継いだ職人が丹精込めて作った和菓子○

作った人の技術力の高さでハイクオリティ感を出すWebライティングのパターンです。

アピールできるものはないか、自分の履歴を洗い出してみましょう。

間接的ですが「有名店で修行した」「カリスマ○○の弟子」でも、高い技術力があることをうかがわせます。

アピールは自慢とは違います。

しかっり自分の履歴を伝えましょう。

歴史・名物・定番でクオリティを出すパターン

  • 当店の定番メニューです×
  • 販売開始から25年。当店の名物メニュー。変わらぬ味でお出ししております○

歴史あることをアピールしてハイクオリティを伝えるWebライティングのパターンです。

歴史が長いとは、それだけお客様から支持されている証ですので、そのまま高品質であることの証明になります。

お客様も、そんな歴史あるものなら、記念として一度試してみたい気持ちにもなります。

また、名物や定番もクオリティの高さを証明するフレーズになります。

「県を代表するような大そうな名物なんてない」という場合でも、「○○町といえばこのメニュー」や「○○商店街名物」など、地域や固有名詞を小さくしていけば、インパクトのある名物や定番を作ることができます。※許可がいる場合は許可を取ってから名乗りましょう。

クオリティ感を入れる3ステップ

【STEP1】販売したいものの強みとなる要素を探す

あなたが販売したいものの強みになる要素を探します。

作業工程、作業工法、作業時間、素材の良さなど、こだわっている部分や手間暇を挙げていきます。

【STEP2】品質の高さを具体的にする

仮にカレーで「お店独自のスパイス」で「試食をたくさん繰り返した」という強みを見つけたとします。

これをそのままキャッチコピーにしてもいいのですが、数字に変換できる部分は数字に置換えて具体的に表現します。

【STEP3】クオリティ感の演出

上記のカレーをクオリティ感を入れて表現します。

例)お店独自のスパイスを配合。試食100回目で完成した至高のカレー

より一層のクオリティ感を出すために「至高」「絶品」「最高傑作」「こだわり」「頑固オヤジ特製」などを入れてみるのも方法です。

経済環境は厳しくなります。だからこそ、、、

単価を1円でも高く販売することは、今後至上命題といっても過言ではありません。

なぜなら、少子高齢化、人口減少、それに伴う税金・社会保険料の増大で、ますます利益が残りづらくなるからです。

要するに、金回りの悪い世の中になるってことです。

そうなれば、今のまま利益の薄い単価で販売したり、やけくそになって安売りに走れば、あっという間にキャッシュが尽きて、倒産廃業に追い込まれます。

だからこそ、1円でも高く販売するWebライティングのスキルが、とても大事になるわけです。

高利益で販売するには、高品質である「クオリティ」を感じさせなくてはいけません。

それを表現するのが、まさに文章なのです。

まとめ

文章にちょっと工夫を加えるだけで、高クオリティな品質だということが伝わります。

そして伝わればこそ、適正価格で販売できます。

文章のいいところは、高付加価値にするために、特別にお金がかかるわけではないことです。

会社やお店を高利益体質にするためには、Webライティングは必須のスキルといえます。

来るべき経済環境に備えて、今のうちから身につけておきましょう。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


関連記事一覧

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。