ホームページの成約率を高めるパーツ7選

ホームページ集客

ホームページの成約率が上がらない理由

「せっかく来たアクセスを逃したくない」

ビジネス用のホームページの目的は、収益を生むことですので、1アクセスでも無駄にしたくないですよね。

しかし、多くの人は、「ホームページに何を載せれば成約率が上がるのか?」こんな疑問をお持ちではないでしょうか?
そこで、成約率を0.1%でも高めるために載せるべき具体的パーツ(項目)をお教えします。

業種によって細かい点は違いますが、「これだけは外せない」というものです。

それが何かというと

  1. 実績
  2. お客様の声
  3. 第三者の評価
  4. ビフォーアフター
  5. 動画
  6. プロフィール
  7. Q&A

ホームページのゴールは目的によってそれぞれですが、要はお客様がお申込みボタンをクリックしないのは、「不安」があるからです。

不安を解消しない限り、お申込みボタンをクリックすることありません。

その不安を解消するには、いかに信用していただくか?これが大事になります。

そのためにすべきことは、「証拠の提示」になります。

証拠が多ければ多いほど、お客様は信用度を高めます。

成約率を高めるパーツ7選

では、それぞれの項目について説明していきます。

1・実績

実績を提示することで、「この人(業者)は信用できる」と思っていただけます。

実績がないと、どうしても根拠の信憑性が乏しく、決定打に欠きます。

あるとないとでは大違いです。

実績には、

  • 施術人数
  • お客様の人数(来店者数など)
  • 成功者数
  • リピート率
  • 累積販売個数
  • 販売実績
  • 売上実績

といったものがあります。

実績は具体的な数字に表せられるので、非常に強い訴求力を持っています。

「施術人数3万人の実績。肩こり、腰痛のエキスパート」といった感じで、キャッチコピーにそのまま実績を入れてもいいくらいです。

できれば、ユーザに見逃されないように、ヘッダー画像に入れておきたい項目でもあります。

2・お客様の声

いわずもがなのことですが、お客様の声は、「絶対」といっていいほど欠かせない項目です。

あなたがあれやこれやと理屈を並べるより、お客様の声一つある方が、信憑性が高くなります。

ないなら今すぐ集めましょう。

お客様の声も、実績と同じで、数の論理が働きます。

多い方が信頼度が高いです。

お客様の声を多くあることで、繁盛感が出るという相乗効果があります。

さらに、顔写真やツーショット写真があると、なお効果的です。

より繁盛感を演出できます。

繁盛しているところは間違いないというイメージがあるので、これもまた成約率のアップにつながります。
さらに、テキストだけより、実際の筆跡画像、メールのキャプチャ画像があると、より信頼度が高まります。

また、「お客様の声」に登場するお客様は、自分と同じように悩んでいた立場の人です。

親近感が沸きやすく、「自分にも再現性がある」と思いやすいという特徴があります。

3・第三者の評価

第三者の評価とは、権威からの推奨の声です。

この点、お客様の声とは、趣が違ってきます。

権威からの評価とは

  • 大学教授
  • 医師
  • 公的機関
  • 民間機関
  • 芸能人などの有名人

などがあります。

こういった権威からの声も、非常に強い信用力を持っています。

過去にも、反響0だったチラシに、医師の推奨の言葉を入れただけで、反響が出たという例がありました。

それだけ権威の言葉は威力があります。

評価とは少し違いますが、公的・民間の資格も評価のカテゴリーといえるかもしれません。

ただ、実績などに比べて、訴求力はかなり弱いです。

メディアの実績

テレビ、ラジオ、雑誌など、マスコミから取材や掲載実績があると、信用力がワンランク上がります。

積極的にアピールしましょう。

また最近では、Yahoo!、Googleなどの検索エンジンの評価も、実績として効果を持つようになりました。

「地域名 肩こり」といったキーワードで検索1位になると、その地域で一番に選ばれている証拠になります。

そのほかにも、エキテンなどの口コミサイトの評価も、アピールポイントになります。

ちなみにこれは裏技ですが、雑誌などはお金を出せば、取材という形の広告枠を買うことができます。

お金に余裕がある場合は、検討してみるのも方法です。

4・ビフォーアフター

美容系やダイエット系では、欠かせないポイントですが、前と後で効果の違いが目に見えてわかるものは、写真を載せるとなお効果的です。

例)

  • 住宅リフォーム
  • お掃除
  • 塗装
  • ヘアサロン
  • インテリア

など

ある意味、お客様の声や実績を載せるより、百聞は一見にしかずで、写真で見せた方が説得力が増します。

ビフォーアフターは、普段から忘れず写真に収めるようにしておきましょう。

5・動画

Youtubeの登場で、誰でも簡単に動画を配信することができるようになりました。

動画は、証拠としてとても有効です。

また、動画そのものが信憑性が高く、説得力もあります。

そのため、動画を通じてのセールスは、非常に成約率が高いです。

ただ、動画を観る人は、見込み客の中でもわずかです。

ホームページを訪れた人すべてが観てくれるわけではありません。

しかし、そのことを持って、動画はダメと決め付けるのは早いです。

動画まで観てくれる人は、見込み客の中でも、とりわけ濃い見込み客です。

その人たちに、説得力の高い動画でセールスを行うわけですから、高い成約率が出るのは当たり前です。

濃い見込み客を逃したくないなら、動画を導入しておくべきです。

6・プロフィール

プロフィールは、意外ですが大事です。

とくに、価格、技術、サービスで他と差が無いときは、「明確な違い」になり、選ぶ基準になります。

プロフィールを見て

  • 同郷だった
  • 趣味が同じだった
  • 子供が同級生だった
  • 考え方に共鳴した
  • 過去の出来事が心に響いた
  • 自分と同じ悩みを抱えていた
  • 自分と同じ悩みを克服した

こういったことが、共感ポイントになってきます。

ただ、あまり正直になりすぎて、ネガティブなことや考え方を書くと、マイナスになります。

プロフィールの気をつける点として挙げられるのが、「写真」です。

写真は、笑顔、清潔を心がけましょう。

インターネットでは、プロフィールの写真で、実際のあなたも判断されると考えてください。

むっつりしている、笑顔がない、清潔感がない服装・髪型だと、たとえ実際のあなたが、明るくて前向きで、オシャレな人間であっても、真逆のイメージでとらえられます。

そうなると、この時点で選択肢の中から外されます。

プロフィール写真は、できればプロの写真家にお願いしてもいいくらいです(それだけ重要ってことです)。

7・Q&A

Q&Aは地味ですが、意外に効果的な働きをします。

その働きとは、「お客様の動けない理由を潰す」ことです。

お客様は疑問点があると、それを解決しない限りは動きません。

Q&Aを使い、事前に予想した、お客様の疑問への回答をしていきます。

こうしておくことで、お客様は不安を解消し、クリックという行動につながりやすくなります。

Q&Aで気をつける点は、「実際のお客様が疑問に感じること」を載せることです。

販売者側の、「こんなことだろう」という予測で回答した答えは、現実のお客様の疑問点とズレているので、効果的な回答にはなりません。

まとめ

お客様が購入を決めない原因は、信用度が足りてないことです。

あなたのいっていることが「本当かどうか?」。このことが証明されない限り、クリックにはつながりません。

上記で述べてきたホームページのほとんどのパーツは、信頼性を上げるための証拠です。

ある意味、ホームページは、あなたのいっていることを証明する証拠品集めでもあります。

証拠が多いほど、お客様は安心して申し込みボタンをクリックしてくれます。

コピーライティング的な言い回しも大事ですが、成約率を高めるには証拠をたくさん載せましょう。
繰り返し撒くことで得られるメリット



Twitterも更新しております。フォローをよろしくお願いいたします↓


売れないお悩みを解決。超「売れる」ランディングページを徹底追及!

下記に一つでも思い当たるなら集客屋にお任せください。
・ランディングページのコンバージョン率が低い。
・オンラインで商品・サービスを販売したい。
・オンライン広告をはじめたい。
・販売不振を解消したい。
・オンラインで集客できる仕組みを作りたい。
高いパフォーマンスを発揮するランディングページを提供して、「売れない」悩みを解決いたします。

詳しくはこちらをクリック
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


関連記事一覧

フォローするとTwitterの更新情報が届きます。

カテゴリー

アーカイブ