ランキングで釘付けにするWebライティング

WEBライティング

ランキング1位で興味を喚起

「ランキングで1位」の効用は、箔がつくだけではありません。

この冠がつくことで、

  • 興味を持たれる
  • 商品・サービスが売れやすくなる

この2つが手に入ります。

キャッチコピーではおなじみの、「今一番売れてます」「当店で一番人気」と同じ効用があるのです。

そして、ランキングは楽天ランキングやB-1グルメグランプリのようにメジャーなものでなくても使えます。

あなたの周りのものを活用すれば、ユニークなランキング1位を作り出すことができるのです。

身の回りのランキングを活用したWebライティング

  • 当店の一番人気メニュー×
  • 常連さんが選んだ人気メニューランキング3週連続堂々1位○

 

  • サラリーマンのお客様が良く買われます×
  • 会社帰りのサラリーマンが選ぶランキング1位

 

  • 当店お土産ベスト1×
  • 当店お土産総選挙初代総裁
  • 当店お土産タイトルマッチ2年連続防衛スーパーチャンピオン

ランキング創出で買い物にワクワク感

あなたもお気づきだと思いますが、「当店1番人気」も「当店ランキング1位」も表現の仕方が違うだけで、いっていることは同じです。

そう「お店で一番売れている商品」です。

じゃあ同じじゃねえかと突っ込まれるかもしれませんが、それは同じであって同じではありません。

ユニークなランキングを作ることで、買い物にワクワク感が出てきます。

「当店お土産タイトルマッチ。2年連続防衛スーパーチャンピオン」なんて、実にふざけたキャッチコピーです。

しかしお客様から見れば、「なんじゃこりゃあ」と思われるでしょうし、どんなお土産なのか商品に興味がわきます。

そういう興味を喚起させることが、買い物のワクワク感につながるじゃないでしょうか。

買い物とは、本来、非日常の楽しい時間です。

その時間をいろいろな演出をして楽しませてあげることは、販売者側の役目でもあると思うんですけどね。

別に笑わせるとかだけじゃなく。

おひねりってありますよね。

おひねりって、お客様を楽しませるから飛んでくるものじゃないのでしょうか。

「楽しませてくれてありがとう」と。

それと同じです。

買い物も、まずお客様に楽しんでいただければ、自然と財布の紐もゆるみます。

まとめ

ランキングの類似パターンには

  • グランプリ
  • 甲子園
  • タイトルマッチ
  • 総選挙
  • コンテンスト

などがあります。

キャッチコピーだけに利用するのではなく、実際にイベントを仕掛けてみるのもおもしろいです。

ランキングを作って、お客様の買い物を盛り上げてあげましょう。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


関連記事一覧

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。