一言で感情を揺さぶるエモーショナルWebライティングのコツ

WEBライティング

感情は人から人へ伝播します。それが感情を揺さぶるWebライティングのコツです

「もらい泣き」「もらい笑い」という言葉があるように、人の感情は人から人へと伝播します。

そして感情は論理より強い訴求力があります。

これを利用したのが、「感嘆語」を入れたWebライティングのコツです。

あなたの感情が伝わる感嘆語とは?

感嘆語には、

「えっ?」「まさか?」「何?」の驚きを表す言葉、

「すごい!」「やったー!」「バッチリ!」と喜びや励ます言葉

「くそっ!」「ちくしょう!」「最悪!」と悔しさや怒りを表現する言葉などがあります。

要するにこれは、感情が昂ぶったときに思わず出てしまう一言で、その書き手の感情が入った一言があると、それが読み手へとダイレクトに伝わります。

感嘆語を入れたWebライティング

  • 芸能人御用立つコスメ×
  • えっ!あの人も?!芸能人御用立つコスメ○

 

  • 一緒にはじめてみませんか?×
  • あれ?まだはじめてないの?○

 

  • この春おススメの神アイテム×
  • キタアアア!春の神アイテム降臨○

意図的でも感情は揺さぶられる

感情が人から人に伝わる端的な例に「もらい笑い」があります。

これは単純に、他人が笑うのにつられて一緒に笑ってしまうことですが、よく知られるように、テレビでは「もらい笑い」が利用されています。

コメディ番組で流れる、例の仕込み笑いです。

我々視聴者は、仕込みの笑い声であっても、笑い声が流れると、大しておかしくなくともつられて笑ってしまいます。

これぞまさに、もらい笑いの効果です。

テレビの仕込み程ではなくとも、日常でも笑顔で話す人の前ではつい笑顔になってしまうものです。

そういうのを自然で行う人もいますが、意図してやればテレビの仕込みのように、意図通りに感情が動いてしまうのも事実です。

感情のセールスはパワフル

余談ですが、感情をぶつけたセールスは、論理的なセールストークやノウハウを売りにするより、遥かに人の心を揺さぶるパワーがあります。

以前、プロダクトローンチという手法でセールスを行ったことがありました。

そのセールスのシナリオは、自らの不遇時代をあえて見せ、そのことにより、読み手の共感、同情を引き起こし、感情に訴えていくという展開です。

通常のステップメールなどとは違い、メールの返信率が異様に高かったのを記憶しております。

サンキューレターでも、創業のストーリーを載せたものは反応が良く、リピート率に影響しました。

それもこれも、感情が読み手の揺さぶるからです。

人は感情で物事の9割を決め、残り1割を論理で決める生き物です。

人相手に理詰めでは、物事は進まないのです。

一言で揺さぶるWebライティングのコツ

余談ついでですが、人の心を揺さぶろうと思えば、良い悪い別にして、感情的な言葉をぶつけるのが一番効果があります。

「あなたは世間知らずの間抜けですね」

「あなたほどのバカはこの世にいませんよ」

こんな罵りを浴びせられたら、あなたはすぐさま感情的に反発したくなるでしょ?

それつまり、感情が揺さぶられた証左です。

わざと冷たくあしらう(ツンデレ)、あえて高飛車に出るも、感情を強く揺さぶるWebライティングのパターンです。

感嘆語を入れるステップ

【STEP1】何を強調したいかを考える

あなたが「何を伝えたいか?」を考えてみてください。

強調したいポイントです。

本文のどこに注目させたいか、あるいはどこに共感させたいかを考えてみましょう。

【STEP2】感情に働きかける要素を探す

人が「何事?」と振り向くようにするには、ギャップがあると一番です。

たとえば、「意外な事実」があればどうでしょう?

思ってもみなかったギャップに、読み手は興味を引き付けられます。

例)冬のカサカサ肌を防ぐには、実は保湿だけでは足りなかった。

【STEP3】感情に合った感嘆語をチョイスする

驚きや意外性が伝わる感嘆語を選びます。

ポイントは全部を説明しないことです。

文章に含みを持たせることで謎が生まれ、興味をそそられるようになります。

例)保湿だけじゃ無理!?冬のカサカサ肌の原因は意外なあれだった

まとめ

キャッチコピーやタイトルに意外性や驚きがあると、ついその先が知りたくなるのが人情です。

そしてそれを感情に乗せて上手く演出できるのが、感嘆語です。

また「!」「?」が入るだけで、文章にインパクトが出ます。

感嘆語を入れて、あなたの感情をWebライティングで上手に表現してみてください。

相手に伝わるWebライティングのコツです。



Twitterも更新しております。フォローをよろしくお願いいたします↓


売れないお悩みを解決。超「売れる」ランディングページを徹底追及!

下記に一つでも思い当たるなら集客屋にお任せください。
・ランディングページのコンバージョン率が低い。
・オンラインで商品・サービスを販売したい。
・オンライン広告をはじめたい。
・販売不振を解消したい。
・オンラインで集客できる仕組みを作りたい。
高いパフォーマンスを発揮するランディングページを提供して、「売れない」悩みを解決いたします。

詳しくはこちらをクリック
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


関連記事一覧

フォローするとTwitterの更新情報が届きます。

カテゴリー

アーカイブ