五感と想像力をスパークさせるWebライティングのコツ

WEBライティング

擬音・擬態語に変換することで臨場感がビシビシ伝わるWebライティングのコツ

「スカッ」「ジュワッ」「とろとろ」などの、擬音・擬態語を入れることで、臨場感あるキャッチコピーや文章を作ることができます。

  • 冷えたビールをゴクゴク飲む、
  • シャキシャキのレタス
  • スイスイ進む自転車

など、擬音や擬態語があると、より五感や想像力を刺激されます。

擬音や擬態語の使い方は難易度が低く、Webライティングだけでなく、リアル販促のPOPにも簡単に利用できます。

ゴツゴツ堅い説明文がフワフワ柔らかく読みやすい文章へ

たとえば

「3時間以上かけて煮込んで、柔らかくなった牛タンの旨味が溶け込んだ牛タンシチュー」

では、ただの説明になっていて、一つもおいしそうに感じません。

こんな気の利かないPOPやメニューを見て、食欲がそそられるなどという奇特なお客様はいらっしゃらないでしょう。

そこで文章を柔らかくし、お客様が読みやすいように、擬音語を入れます。

コトコト、コトコト3時間以上かけて煮込んで、柔らかくなった牛タンの旨味がジュワーっと溶け込んだ牛タンシチュー

ならどうでしょう?

文章が読みやすくなった上、臨場感まで出てきます。

また、堅い説明より、おいしそうな雰囲気も伝わってきます。

それも、「コトコト」「ジュワーッ」という擬音語を入れただけです。

実際文章に、「その場の音を入れる」というのは一つのテクニックとしてあります。

情景を伝えるときに「音を入れる」のは欠かせない方法なのです。

擬音・擬態語のおさらい

擬音語

サクサク、グツグツ、ジュージューなど、物が発する音を文字化して描写した言葉です。

その場にいるような臨場感が擬音語で伝わり、読み手の五感を刺激して、イメージがより鮮明になる効果があります。

グルメ番組でよく見かけます。

それつまり、それだけおいしさが伝わりやすいということです。

擬態語

キラキラ、ふわふわ、クルクルなど、音にならない状態を描写するときに使う言葉です。

「彼の表情はいつになくギラギラしていた」など、感情や雰囲気、質感などのニュアンスを伝えたいとき使います。

おもしろい文章は独断と偏見の塊

説明に終始してしまう文章はつまらなく、書き手の独断と偏見で語られた文章こそおもしろいと、ジャーナリストの立花隆氏はコラムの中でおっしゃっていましたが、擬音や擬態語も、ある意味それは書き手の中で響く独特の音であって、そういう物の見方が、読み手の気持ちをぐっと引き寄せる味のある文章になるのかもしれません。

だから人の評価など気にせずに、自分の頭の中に響く音を、思い切って擬声語にしてみるが良いかと思います。

もともと正解なんてないのですから。

擬音・擬態語を入れたWebライティングの例

  • 温めてもおいしいハンバーグ×
  • 温めるだけで肉汁がジュワッと染み出るハンバーグ○

 

  • 10日で5kgダイエットできた方法×
  • 10日で5kgズバッとダイエットできた方法○

 

  • 乾いた肌を潤いある肌へ×
  • カサカサに乾いた肌をプルプルの潤いある肌へ○

五感と想像力を刺激する文章にする3ステップ

【STEP1】仮のタイトルをつける

仮でいいので、ひとまずタイトルを作ってみます

例1)煮込むほどウマいカレーうどん
例2)目利きの店主が選んだ絶品ホルモン

【STEP2】擬音・擬態語を入れてみる

擬音・擬声語が入れられないか考えてみます。

ポイントは、いかに五感を刺激する言葉にするかです。

食品なら、

  • 噛んだときの食感
  • 調理中の音
  • 素材自体の音
  • 食品や飲み物の温度
  • 食品の香り

などがあります。

【STP3】擬音・擬態語に変換してみる

実際に入れてみます。

例1)グツグツ煮込むほどウマいカレーうどん
例2)目利きの店主が選んだプルップルの絶品ホルモン

何もない例文よりおいしそうな雰囲気が伝わります。

まとめ

文章はちょっとした一手間で伝わり方が変わります。

擬音・擬態語はその最たるもので、一言あるだけで文章の印象がガラリと変わります。

お客様への伝わり方が変われば、購買意欲にも影響してきます。

たった一言あるだけで、売れるか売れないかが決まってくるのです。

これほど費用対効果の高い宣伝方法はないと思うのですが、さっそくでも実行すべきと思いませんか?

キャッチコピーやブログ記事だけでなく、POPやメニューブックにも活用してみてください。



Twitterも更新しております。フォローをよろしくお願いいたします↓


売れないお悩みを解決。超「売れる」ランディングページを徹底追及!

下記に一つでも思い当たるなら集客屋にお任せください。
・ランディングページのコンバージョン率が低い。
・オンラインで商品・サービスを販売したい。
・オンライン広告をはじめたい。
・販売不振を解消したい。
・オンラインで集客できる仕組みを作りたい。
高いパフォーマンスを発揮するランディングページを提供して、「売れない」悩みを解決いたします。

詳しくはこちらをクリック
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


関連記事一覧

フォローするとTwitterの更新情報が届きます。

カテゴリー

アーカイブ