心地よさで誘惑するWebライティングのテクニック

WEBライティング

現代人は癒されたい欲求がある

「癒し」「リラックス」こんなフレーズが目に飛び込んでくれば、あなたはどんなことをイメージされるでしょうか?

現代はストレス社会です。

一歩外に出ると、モンスターペアレント、モンスター老人、モンスターペイシェントと、ありとあらゆるクレーマーが暴れまわっております。

少し贅沢してでも、ストレスにさらされた心と身体を、どっぷり癒され、疲れをスッキリさせたいと思うのは自然な感情というものでしょう。

心地よさを感じさせるWebライティングのテクニックは、疲れた人の心にオアシスを想像させりことができます。

心地よさを感じさせるWebライティング

オノマトペで心地よさを伝えるパターン

  • 感触が違う安眠枕×
  • ふかふかぐっすり眠れる安眠枕○

オノマトペとは、擬音・擬態・擬声のことで、「とろとろ」や「ピカピカ」などがあります。

心地よさを伝えるオノマトペには以下のものがあります。

例)ふわふわ、ぷよぷよ、ぷにぷに、ウトウト

余談ですが、カタカナで表現するかひらがなで表現するかで、柔らかさの感じが違ってきます。

「フワフワ」と「ふわふわ」では、ひらがなの方が柔らかい感じが伝わります。

表現によってカタカナひらがなを使い分けましょう。

雰囲気で心地よさを伝えるパターン

  • ワンランク上のリラクゼーションマッサージ×
  • ゆったりとした時間の中でやすらげる贅沢なリラクゼーションマッサージ○

「ゆったり」「やすらげる」「極上」といった雰囲気の出る言葉で、心地よさを伝えるWebライティングのテクニックです。

その他にも、

例)まったり、ゆったり、くつろぎの、まどろむ、ほっとする、至福、贅沢、リラックス、のんびり

などの言葉があります。

五感で心地よさを伝えるパターン

  • くつろげる癒しの空間×
  • 森の中にいるようなさわやかな癒しの空間○

五感に訴えかけるWebライティングのテクニックです。

五感に訴えるだけに、心地よさをイメージしてもらいやすくなります。

「赤ちゃん肌のようにもっちりとした」など、五感に響く表現を探してみましょう。

心地よさを入れる3ステップ

【STEP1】癒しポイントを考える

どんな癒しポイントがあるか考えます。

たとえばリラクゼーションサロンなら、施術方法、マッサージ室内の雰囲気、アロマの香りなど、ポイントがあります。

【STEP2】癒しを表現する

癒しポイントが施術にあるなら、手技の方法、ハーブ、香油など施術の特徴を挙げていきます。

例)プロの手の温もり包まれながら、全身をすみずみまでマッサージ

【STEP3】癒し感を演出する

上記の例に「贅沢」「至高」「じわっ」など、もっと癒しを感じられるワードを入れていきます。

例)プロの手の温もり包まれながら、全身をゆっくりとすみずみまで至福のマッサージ

まとめ

基本的に人は気持ちいいものが好きなので、癒しのWebライティングは響きます。

ただそれを、のんべんだらりん、何のおうとつもない表現で伝えるのか、癒され感たっぷりで伝えるのかで、読み手の受け取り方は変わります。

それはほんのちょっとした表現方法の違いです。

それだけで、適正価格で販売できるのか、それとも安売りしないと売れないのかが決まるのですから、けっしてバカにはできません。

お客様が気持ちよさにつられてしまう癒し感たっぷりのWebライティングの表現を考えてみてください。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


関連記事一覧

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。