書き出しのWebライティング。魅力的な提案で引きつける

WEBライティング

最初に提案を書けば読んでもらえる

忙しい人に文章を読んでももらいたければ、「はじめに結論を書く」が基本です。

起承転結などと悠長にやっていても読まれません。

最初に結論を見せて、魅力的な話と感じれば、そのまま読んでいただけます。

SEOで好まれる文章構成と同じです。

それを応用したのが、魅力的な提案で引きつける書き出しのWebライティングです。

はじめに最終的に見せたい提案を書いて、読み手に続きを読むメリットを感じさせます。

書き出しのWebライティング。魅力的な提案で引きつける

【例】

結論からいいます。手元資金10万円を1年後に1000万円にすることは可能です。

その理由は、日経225オプション取引を利用するからです。

日経225オプション取引には

・少ない資金で大きな利益が狙える。

・損失は限定的。その上で利益を追求できる。

・株価の変動が少なく、横ばいの状態でも利益を狙える。

という、「損失を最小限にして、利益を最大限にできるメリット」があるのです。

一攫千金を狙ったり、いきなり月に数百万円稼ぐことはできませんが、稼いだお金で元金を増やしていけば、1年後には1000万の貯金も夢ではありません。

この書き出しのWebライティングは、最初に結論をいって読み手の興味を引きつける以外にも、「ゴールを明確にイメージさせる」という効用もあります。

ここでいうゴールとは、「この提案を実行すれば、あなたにこんな良い未来が待ってます」という、具体的な目標や目的、目印です。

ゴールが明確になればこそ、読み手の行動を喚起できます。

何が手に入るのかわからなければ、行動なんて起こさないでしょって話です。

男女脳によるゴールに対する違い

提示したゴールについて、男性脳の持ち主と女性脳の持ち主では、捉え方が違うようです。

端的にいいますと、男性脳の持ち主は、そのゴールを達成する「根拠」を重視します。

根拠のないゴールは、ただのでっち上げ、そんなのは与太話というわけです。

根拠の積み重ねがあって結果。

実に左脳の働きが強い人特有の考え方ではございませんか。

それに対し女性脳の持ち主は、根拠ではなく結果が出ているとう「現実」を重要だと考えるのだそう。

ごちゃごちゃした論理よりも、結果という現実の方がわかりやすいというわけです。

感性やイメージ、感情の働きが強い右脳系の人の考え方ともいえます。

右脳と左脳の働きの違いによって、重視する部分もかわるわけですから、何を強調すべきかも書き分けるべきでしょう。

読み手の意識を意図的にコントロールする方法

余談ですが、例文のように「前置き」することで、読み手の注意を意図的に操ることができます。

たとえば、ここだけは理解してもらいたいというポイントがあります。

そこで「ここからが大事なのですが」と前置きすること、読み手は「ここを知ってほしいのだな」と集中力を高めてくれます。

学校の先生が教科書のある箇所を指して、「ここはテストに出ます」と事前に通告するのと同じです。

ウトウトしていた生徒も、とたんに目を覚ましてノートを取り始めます。

カッコつけた言い回しなどしなくとも、「前置き」するだけで読み手の意識をコントロールすることができます。

まとめ

基本的に、あなたのことを何も知らない人は、最後まで話しに付き合ってくれたりしません。

つまらなそうな話なら、すぐにページを閉じてしまいます。

とくに検索ユーザーならなおさらです。

検索ユーザーが知りたいのは、自分の悩みや疑問に対する答えであって、起承転結のような話の展開ではないのです(そいうのは、コアなファン向けです)。

だからこそ、答えや提案を最初に書いて興味付けを行う必要があるのです。

答えや魅力的な提案があるから、続きを詳しくしりたくなるのですから。

読み手の喰いつき力を高めるには、魅力的な提案書き出しで読み手を引きつけるWebライティングが効果的です。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


関連記事一覧

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。