理想的な自分になれると思わせるWebライティングのコツ

WEBライティング

簡単に手に入ります

人に行動を起こしてもらうには、「簡単」と捉えてもらわなくてはいけません。

「むずかしい」と思ってしまうと、とたんに行動が止まります。

それは、どんなに自分がほしいと思ったものでもです。

仮に、ノルマを達成したい営業マンに売れるセールストークがあるからと、正直に1日100件以上訪問してそれを実行せよ、などとしたり顔でいわれても、気持ちが萎えてしまうものです。

それができるなら、誰も苦労しなと端から話を突っぱねられます。

誰もが折れない強い意志があるなら、ダイエットも失敗などしたりしないでしょうし。

だから少なくとも入口は、「簡単に達成できる」と思っていただかないといけないのです。

それが、「理想的な自分になれる」と思わせるWebライティングのコツです。

簡単に理想の自分になれると思わせるWebライティング

  • アンチエイジングフェイシャルクリーム×
  • 塗るだけのクリームで3ヵ月後にはマイナス5歳肌○

 

  • 誰でもトップセールスになれる営業法×
  • 新卒レベルでもトップセールスになれる営業法○

 

  • 1000万貯める人の習慣×
  • 年収200万でも1000万める裏技○

このWebライティングのコツのポイントは、簡単な方法(労力)でも望むもの(理想)が手に入ると思わせることです。

ただし、「1日30分10日で1億稼ぐ方法」のように、労力の割りに得られる結果が極端だと、ただの与太話か釣りと思われてしまいます。

やり過ぎは禁物です。

お申込みフォームも簡単に

難しいと思われると行動が止まるのは、何もWebライティングだけではありません。

申込みの入力フォーム一つとっても、名前からはじまって、住所、職業、役職、年齢と、こと細かく入力しなくてはいけない項目が増えていくと、「面倒くさい」と思われ行動が止まります。

逆にいえば、細かい情報まで入れてくれる人は、それだけ本気だということでもあるわけですが。

しかし、です。

最近ではスマホでアクセスしてくる人が増えています。

スマホは、パソコンとは違い、画面は小さいですし、入力もタップで操作性も悪いです。

そんな悪条件が重なる中、入力作業をたくさん強いるのは、自滅行為だと思いませんか?

スマホが端末の主流となる今、申込みフォームも「難しい」「面倒臭い」と思われるとマイナス効果になります。

考えることさえも嫌い

通常人は、考えることさえ嫌います。

あなたのように考えることが常識な人には信じられないかもしれませんが、一般的な人は考えるだけでも面倒くせえと思うのです。

周りにいる人に、100文字以内の本の感想文でも自己紹介文でも書いてみてとお願いしてみてください。

とたんに、面倒くせえだ、時間がないだ、はずかしいだと、言い訳をはじめて書くことを嫌がります。

人は、とにかく頭を使わない、とにかく面倒のない、とにかく手間のかからない、こんなことが大好物なのです。

ですから、頭を使う、面倒、むずかしい、手間が掛かるを、成果を出したないらWebライティングでは、微塵も感じさせてはいけないのです。

まとめ

行動を起こしてもらおうと思うなら、「むずかしい」と感じさせていけません。

それはまさに、心理の壁となります。

広告の三原則には

お客様はあなたの広告を、読まない、信じない、行動しない

とありますが、「むずかしい」という心理の壁は、読まないという最初の段階で、読み手を広告から遠ざけてしまいます。

Webライティングで読み手の気持ちを動かすには、「簡単」に「理想を手に入れられる」を伝えることがコツです。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


関連記事一覧

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。