緊急性の高いターゲットに呼びかける書き出しのWebライティング

WEBライティング

緊急性の高いターゲットに呼びかける

緊急の課題、これこそが広告でも一番人が動いてくれる項目です。

この問題を解決しないとヤバい、いわゆるケツに火の点いた状態だから、行動を移す動機として十分な理由になるわけです。

これが、1年先や2年先の問題なら、ほとんどの人は「まだまだ時間がある」と行動を先送りしてしまいます(それだけに、その時点で問題を問題として認識して、行動に移せる人を先見の明があるといいます)。

そこで、この書き出しのWebライティングでは、目に見える緊急性の高い問題を持ち出して、

「○○したいあなた」
「○○で悩んでいるあなた」

と呼びかけて、行動喚起を行います。

緊急性の高いターゲットに呼びかける書き出しのWebライティング

【例】

今月も資金繰りに悩んでいる社長!

実は銀行が「喜んで」融資してくれる方法があるのですが・・・ご興味ありませんか?

99.3%の中小企業は銀行融資を受けているとわれています。

しかし、銀行融資で満足な取引が出来ている会社は19%しかありません。

銀行は、融資の80%を決算書で判断しておりますが、実は融資を受ける際に経営者がストーリーを持って銀行員に話をするかが大事なポイントになるのです。

そう、そのストーリをどう話すかによって、銀行が「喜んで」融資してくれるかどうか決まります。

銀行からよりスムーズな資金調達を受けるストーリの組み立て方を、お教えいたします。

この書き出しのWebライティングで読み手に反応してもらうポイントは、「誰にも」ではなく、「あなた」と限定して訴えることです。

上記の例なら、心当たりのある社長は、ドキッとするほど引き付けられるでしょう。

広告の反応を決める4つのタイミング

ちなみにですが、緊急性の高い問題だからといって、いつでも反応が良い広告ができるかどうかは別問題です。

広告の反応は、驚くほど「タイミング」に左右されます。

そういうのが顕著なのが閑散期で、通常閑散期は広告を打っても反応が悪いです。

それをコピーライティングやマーケティングノウハウで何とかしようとがんばるわけですが、ほとんどのケースで何ともなりません。

ではタイミングによる広告の反応の変動にはどのようなものがあるでしょう?

それは大きくいって4つあります。

その1・季節変動

季節による変動です。

代表的なものでいえば1月、2月の閑散期。

3月、4月の入学・入社シーズンのように、季節によってニーズが変動する場合です。

1年を通して季節変動があることを把握しておかないと、広告の反応が落ちただけで慌てることになります。

これまでにも、1月はまったく反応なかったチラシでも、4月に再配布したら反応が通常のチラシより良かったケースもあります。

一番ダメなパターンは、反応がないか、反応が落ちて、この広告はダメとやめてしまうケースです。

ただ単に季節変動で反応が悪いだけなのに、それを知らないでやめてしまうわけですから、大きな機会損失を起こすことになります。

それとか反応の悪い時期に一生懸命広告を打つとか。

こういうパターンは、お金をドブに捨てるだけです。

そうならないためには、毎年データを採って販促カレンダーを作り、季節変動の目星をつけておくことをおススメします。

その2・イベント

クリスマスやバレンタインなど、大きなイベントがあれば、ニーズが発生します。

最近ではハロウィンも加わりました。

このイベントに乗じてセールスを行います。

個人では、結婚記念日、誕生日、入学式、卒業式など、イベントがあります。

こういった個人データを採っておけば、効果的なダイレクトメールを送ることができます。

その3・突発ニーズ

突発的に起こるニーズです。

わかりやすいところでいえば、地震に代表される自然災害による突発的ニーズです。

こんなことをいえば怒られますが、建設業や建築業は災害が起こると、密かに喜んでいるのではないかと思います。

道路の損壊やがけ崩れの被害が出れば、それだけ公共工事の発注が出ますし、地震で家が壊れれば修繕の依頼が増えます。

地震が起これば墓もめちゃくちゃになりますからね。

墓なんて普段はニーズがそれほどありませんが、墓石や燈篭が壊れたら直さないわけにはいきませんから、墓石業者は忙しくて笑いが止まらないのではないでしょうか。

その4・強制ニーズ

強制ニーズとは、政府の政策や法律の変更などで強制的に発生するニーズです。

有名どころでいえば、消費税増税があります。

4月から消費税が上がりますとなれば、駆け込み需要が発生します。

このように、ニーズや反応はタイミングによって左右されています。

コピーライティングやマーケティングノウハウも大事ですが、まずタイミングによって広告の反応が変動することを知っておきましょう。

その方が費用対効果の高い広告になります。

まとめ

広告で反応を得るためには、緊急性の高い人をターゲットにするのが常道です。

コピーライティングで見せ方を変えたり、問題意識を煽っても、緊急性のないもので反応を取るのは難しいです。

緊急性の高い人をターゲットにして、書き出しのWebライティングで呼びかけてください。

きっと高確率で読み進めてしまいます。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


関連記事一覧

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。