CV率3.4%の小顔矯正のランディングページができた3つの理由

リスティング広告集客

CV率3.4%の小顔矯正のランディングページの秘密

小顔矯正のランディングページですが、1ヶ月のリスティング広告の運用で

  • コンバージョン率3.4%  4.5%
  • 広告費15000円 18500円
  • 145アクセスで集客数5人(内4人リピート) 175アクセスで8人集客
  • 獲得単価3000円 2312円

という結果が出ました。

このまずまずの数字が出た3つの要因を、このページで解説していきます。

 

濃いアクセスを流す

リスティング広告の良いところは、見込み客の濃度を選べるところです。

そう、「今すぐ客」か「そのうち客」か、打ち込むキーワードによって、ある程度選別できるのです。

で、高いコンバージョン率を出したいなら、狙うのは「今すぐ客」が打ち込むキーワードです。

「今すぐほしい人に広告を見せる」、これが集客の王道勝ちパターンです。

何を売るかは別にして、リスティング広告の勝負の半分は、ここで決着がつくのではないかと思います。

いわば集客は、上流からどんな水を流すかで、ほぼ「できる」「できない」が決まります。

小顔矯正のランディングページも、今すぐ客が入力しそうなキーワードで設定しています。

もちろん、「今すぐ客」が入力するキーワードは、皆が狙うキーワードなので入札単価も高くなります。

だからといって、入札単価の低い見込みの薄いキーワードで、いくらアクセスを集めても、やはり成約率は上がらないのです。

ケチッてたら、結局全部を失います。

リスティング広告の費用対効果を高める方法

ちなみに、リスティング広告の費用対効果を高める方法に、「除外キーワード」があります。

入札に指定したキーワードは、部分一致やフレーズ一致の設定によっては、関連したキーワードでも表示されてしまうことがあります。

たとえば、「横浜市 小顔矯正」で表示されるように設定していても、下記のように「津田沼 小顔矯正」で入力した人にも広告が表示されてしまうことがあるのです。

千葉県の人が、わざわざ横浜市まで小顔矯正に来ることは、ほぼ考えられないので、このキーワードでクリックされると、とんでもなく無駄なクリック費用となるわけです。

「amazon 小顔ローラー」なんて、絶対小顔矯正に来るわけないだろうという話です。

こういった無駄なクリックを発生させないために、除外キーワードを設定します。

そうすると、「amazon 小顔ローラー」と入れた人には、広告が表示されなくなるのです。

無駄打ちになるキーワードを探すのは、極めて地味な作業ですが、この積重ねが費用対効果を高める大事な施策になります。

 

スマートフォンに対応する

やはり、スマートフォンへの対応は必須です。

小顔矯正のランディングページにアクセスしてきた88%は、スマートフォンからのものでした。

Googleアナリティクスで調べてみます。

ユーザー>モバイル>概要 でみるとデバイスごとのアクセスがわかります。

 

ご覧のように「mobile」が多いことがわかります。

いわずもがなのことですが、サイトがスマホに対応してないと、それだけで機会損失を起こすことになります。スマホヘの対応は絶対必要です。

ちなみに来店された5人のお客様のうち4人はメール(お申込みフォーム)から、1人はお電話とのことでした。

スマホは電話であることを忘れてはいけません。

ですから、スマホ向けに、「タップ」してすぐに電話が掛けられるようにしておく、これもコンバージョンを上げる施策になります。

  • 電話受付時間を表記する
  • 「タップすると電話がかかります」と表記する
  • 「お気軽にお電話を下さい」と表記する

も申し込みをしやすくするポイントです。忘れないようにしてください。

 

新聞型の配置にする

新聞型の配置とは、お客様にとって重要な項目(知りたい項目)を上に配置することです。

新聞を読む人は忙しい人が多い、だから大事なこと(伝えたいこと)を冒頭に書くわけですが、この考え方をランディングページに応用しました。

お客様にとって重要な項目(知りたい項目)とは

  • オファー(割引やプレゼント)
  • 実績
  • ビフォーアフター

です。

この項目を最初に見せることで、喰い付き率が上がります。

これはチラシにも共通する方法なのですが、オファーを一番目に付く位置に配置することで、「これはあなたにとってメリットのある提案です」ということをすぐに理解していただけます。

そして次に実績で信頼感を作り、ビフォーアフターで視覚的に証拠を提示すれば、「読むべき価値のあるページ」と判断していただけます。

小顔矯正でいえば、

1・割引価格がある

2・【顧客心理】わたしにとってメリットがある

3・豊富な実績がある

4・【顧客心理】この整体院なら小顔にしてくれるかも

5・ビフォーアフターの写真がある

6・【顧客心理】ここは間違いなさそうだ

という流れを作ることができるのです。

インターネットで検索している人も忙しいのです。

「自分にとって何のメリットがあり、どのような結果を得られるのか?」

これが瞬時にわからないと、あっという間にページを去っていってしまいます。

 

女性脳向けデザイン

蛇足ですが、デザイン的なものでいえば、女性向けの場合(女性脳)、イメージが大事になります。

機能の説明より、視覚的なビフォーアフターや見栄え良く見えるデザインの方に重きをおくべきです。

説明しなくてもよいという意味ではなく、直感的に良さが伝わるようにするといいましょうか、感情にダイレクトに響くデザインにするといいますか。

ともかく、脳にも女性脳と男性脳があるわけですから、やはり女性がターゲットなら、女性脳が好むようにつくらないとダメでしょうという話です。

 

まとめ

チラシでは小顔矯正は反応が悪いので、インターネットで獲得単価3000円で集客できるのは、正直意外でした。

ここが、見込み客の濃度を見極められるリスティング広告の利点です。

このページを参考に、ぜひコンバージョン率の高いランディングページを目指してください。



Twitterも更新しております。フォローをよろしくお願いいたします↓


売れないお悩みを解決。超「売れる」ランディングページを徹底追及!

下記に一つでも思い当たるなら集客屋にお任せください。
・ランディングページのコンバージョン率が低い。
・オンラインで商品・サービスを販売したい。
・オンライン広告をはじめたい。
・販売不振を解消したい。
・オンラインで集客できる仕組みを作りたい。
高いパフォーマンスを発揮するランディングページを提供して、「売れない」悩みを解決いたします。

詳しくはこちらをクリック
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


関連記事一覧

フォローするとTwitterの更新情報が届きます。

カテゴリー

アーカイブ