心を動かすWEBライティングの教科書

WEBライティングまとめ

心を動かすWEBライティングの書き方

人の心を動かすWEBライティングが書けるようになれば、自力の「集客力」を手に入れたも同然です。

現代は検索でもSNSでも、情報を探している人であふれています。

その環境で、自らのメディアも持って情報発信することは、お客様から選らばれるための最低条件です。

中でも検索で上位表示させて集める「SEO集客」は強力です。

安定したアクセスがもたらされ、かつ、キーワードによっては濃い見込み客があなたのサイトに訪れます。

想像してみてください。

あなたは記事を投稿するだけで、「○○についてお聞きしたいのですが」とお客様の方から問合せをしていただけるのです。ストレス0の最強集客法です。

ただし、SEO対策を意識しただけの「ただWEBライティング」では人の気持ちは動きません。

やはりそこには、人の気持ちを揺さぶったり、人の目をクギ付けにしたり、説得力を倍増させたりするする書き方が必要です。

このページでは、わたしが実践している「心を動かすWEBライティングの書き方」の全手法をまとめました。

SEOと融合させることで、あなたの集客力を2倍にも3倍にも引上げます。

心を動かすWEBライティング。基本編

WEBライティングの基本です。

  1. 間違いだらけのWebライティング
  2. これだけは知っておきたい購入心理10パターン

心を動かすWEBライティング。タイトル・見出し・キャッチコピーでクギ付けにする

タイトル・見出し・キャッチコピーは、文章の「顔」です。人は見た目が9割ではございませんが、WEBライティングはこの「顔」の部分で読まれるか読まれないかが決まります。

中身がいくら良くても、「顔」で「ないわ」と判断されたら、その先はないのです。よって、SEO対策のキーワードを入れるだけではダメなのです。

SEOを意識しつつ、読み手の心をクギ付けにする、タイトル・見出し・キャッチコピーのWebライティングの書き方をまとめました。

  1. 伝わるWebライティングのコツ。文章に数字を入れる
  2. タイトルで読み手を振り向かせるWebライティングのコツ
  3. 五感と想像力をスパークさせるWebライティングのコツ
  4. 一言で感情を揺さぶるエモーショナルWebライティングのコツ
  5. 不安と恐怖で人をコントロールするWebライティングのコツ
  6. 張り詰めた緊迫感を出すWebライティングのコツ
  7. Webライティングで安心感を与えるコツ
  8. 「安さ」で集客するWebライティングのコツ
  9. セット販売するためのWebライティングのコツ
  10. ハイクオリティを感じさせるWebライティングのコツ
  11. 「新しさ」で心をワクワクさせるWebライティングのコツ
  12. 時短・便利で誘惑するWebライティングのコツ
  13. 「専門」で本気度の高い人を動かすWebライティングのテクニック
  14. 限定・希少性でその気にさせるWebライティングのテクニック
  15. 心地よさで誘惑するWebライティングのテクニック
  16. 明と暗を対比させるWebライティングのテクニック
  17. 恐怖で動かすWebライティングのコツ
  18. 理論的に説き伏せるWebライティング術
  19. 非常識なWebライティング
  20. 好奇心をくすぐるWebライティングのコツ
  21. 理想的な自分になれると思わせるWebライティングのコツ
  22. ランキングで釘付けにするWebライティング
  23. 弱みを強みに変えるWebライティング
  24. 読み手を否定するWebライティング
  25. 絶望を希望に変えるWebライティング
  26. 読み手を呼び止めるWebライティング
  27. 強力な連帯感を生むWebライティング
  28. 3つ巴で攻めるWebライティング

心を動かすWEBライティング。リード・書き出しで読み手の心をがっちり掴む

タイトル・見出し・キャッチコピーで読み手の興味を引きつけたら、今度は、リード・書き出しでさらなる興味喚起を行わないといけません。

ここで興味付けに成功すれば、本文へと進んでくれます。

ある編集者は「読み手に文章を読ませるには書き出しこそすべて」といったそうですが、まさにそうで、リード・書き出しで興味喚起に失敗すれば、そこから読み進めてくれることはないのです。

それほど重要な仕事がリード・書き出しにはあります。

  1. 書き出しのWebライティング。悪魔の囁きでグラつかせる方法
  2. 心の声を告白して同調させてしまうWebライティング
  3. 書き出しのWebライティング。魅力的な提案で引きつける
  4. 書き出しのWebライティング。自尊心を満たし思い通りする方法
  5. 閲覧禁止の書き出しのWebライティング
  6. ギャップを見せる書き出しのWebライティング
  7. 一言で読み手を黙らせる書き出しのWebライティング
  8. 読み出したら止まらない書き出しのWebライティング
  9. 具体的にイメージさせる書き出しのWebライティング
  10. 緊急性の高いターゲットに呼びかける書き出しのWebライティング
  11. 予告で動かす書き出しのWebライティング
  12. ドラマのような書き出しのWebライティング
  13. 文章に「臨場感」が出るWebライティングの書き方

心を動かすWEBライティング。魅せるテクニック

WEBライティングをより輝かせる「魅せるテクニック」をご紹介します。

文章は見た目がすべてで、読み手はそこに書いてある文章で、書き手の人格を判断します。

文章が知的なら知的な人物に、文章が稚拙なら幼稚な人間に思われます。

WEBライティングは少々背伸びして、自分をより良く魅せなくてはいけないのです。

あなたの価値を高めるWEBライティングの魅せるテクニックをご紹介します。

  1. 知的に魅せるWebライティングの書き方
  2. Webライティング。影響力を与える言葉の使い方
  3. 読み手を納得させるWebライティングの書き方

まとめ

スマホの普及で検索する人が爆発的に増えてます。その検索する人に見つけてもらうためには、自分で情報発信することは必須です。

逆にいえば、情報発信しなければ誰も見向きもしてくれず、それゆえ集客といえば、超肉弾戦の飛込み訪問でお願いする営業活動するしかなくなります。

ストレスでキリキリ舞いになりたい人はいいのですが、お客様から見つけてもらい、「お願いされる」スタイルにしたいのであれば、WEBライティングのスキルを身につけておかなくてはいけません。

そのためには、SEO対策を行うのはもちろんのこと、それとあわせて読み手の心を動かせるライティング技術も必要です。

心を動かすWEBライティングを身につけて、お願いされる集客スタイルを目指しましょう。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


関連記事一覧

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。