サイト初期に行うSEO対策はクローラ対策。忘れてたでは済まされない

SEO対策

サイト初期のSEO対策

お店がSEO対策を行う上で、最初にしておかなくてはいけないことがあります。

それが「クローラ対策」です。

横文字が出てきて「何じゃそら?」と感じるかもしれませんが、むずかしく考える必要はありません。

クローラとは、グーグルなどの検索エンジンロボットのことで、Web上のファイル(文章、画像、PDFなど)を収集して回るプログラムです。

集めたファイルを検索エンジンのデータベースに登録(インデックス)し、そこからコンテンツがランキング化され、はじめて検索結果に反映されます。

つまり、クローラがあなたのサイトに来てくれないと、いつまで経ってもあなたのサイトが検索結果に表示されないのです。

サイトを運営してある程度の期間が経てば見つけてもらえるようですが、サイト立上げ時はクローラに発見してもらわないとアクセスも集まりません。

だから「クローラ対策」しておくことが大事なのです。

 

検索エンジンの仕組み

クローラの重要性を知るには、検索エンジンの仕組みを理解しておく必要があります。

サイトを立ち上げ、公開した情報が検索結果に反映されるまでには、次の3つのステップがあります。

  1. クローリング:クローラがあなたのサイトを見つけ、そこから情報を収集します。
  2. インデックス:クローラがあなたのサイトから収集した情報をデータベースに登録します。
  3. ランキング:登録したデータを分析して検索順位が決められます。

この過程を経てはじめて検索結果に表示されるのです。

クローリング

クローラの役目はWeb上のデータ(HTML文章、PDF、画像など)を収集して回ることです。

クローラがWebサイト内の情報を収集する作業を「クローリング」と呼びます。

クローラはWeb上に張り巡らされたリンクを辿って巡回しています。

サイト立上げ時はどこからもリンクされてない状態なので、まさにネットの孤島、クローラも見つけることができないのです。

クローリングされてない情報は、検索結果に表示されません。

ですから、SEO対策の第一歩はクローラに来てもらうことになります。

クローラに来てもらうには

  • あなたから教える
  • 外部リンクを辿って来てもらう

の2種類しかありません。

あなたから教える方法には、後述する5つの方法があります。

とくにサイト運営の初期には、必ず行うようにしましょう。

外部リンクについては、たくさん被リンクしてもらわなくても、今はコンテンツの中身次第で上位表示されるので、それほど意識しなくて大丈夫です。

むしろ、早く上位表示されたいからと、不正なリンクをすることは絶対にやらないでください。

百害あって一利もない行為です。

外部リンクは、あくまで自然に付けられるリンクが好ましいです。

ただし、外部リンクがあるということは、その数だけクローラが辿ってくる道が増えることなので、リンクがあるに越したことはないです。

ですので、自分のサイト、それも関連性のあるサイトがあるならリンクしておきましょう。

インデックス

クローラが収集した情報は、検索エンジンの持つデータベースに登録されます。

インデックスで大事なことは、あなたが公開したWebコンテンツを「正しく認識」させることです。

正しく認識させるとは、グーグルの検索エンジンにWebコンテンツを

  • 情報の価値を誤らないように認識させる
  • 情報をきちんと登録してもらう

ことです。

コンテンツが正しく認識されなければ、

  • コンテンツ本来の価値が伝わらず検索順位が上がらない
  • 公開したWebページが登録されない

ということが起きてしまいます。

これではいったい何が何やら、わたしも経験ありますが、この施策を知らなかっただけで、半年間、アクセスの集まらないブログを更新し続ける羽目になりました。

半年間もよくもまあ続けたものだと思いますが、あなたが同じ轍を踏まないためにも、クローラにしっかりインデックスしてもらいましょう。

ランキング

最後にインデックス化された情報を、グーグルのルールに則ってランキングします。

このランキング方法をアルゴリズム呼びます。

このアルゴリズムは、完全にグーグル内部のことで、我々外部の人間の手に届くことではありませんし、アルゴリズムを攻略しようとすることは無意味です。

アルゴリズムは常に改善(アップデート)され、その内容はトップシークレットです。

ランキングが決められる段階は、一企業やどこぞのSEO業者の力が及ぶ範疇にはないのです。

そんな無益なことを考えるより、ユーザーの役に立つコンテンツを作ることだけに専念してください。

その方がランキングに、よっぽど好影響をもたらします。

 

グーグルに知らせる方法

グーグルに知らせる方法は5つあります。

サイト初期はリンク数やコンテンツも少なく、アクセスが集まりにくい状況です。

そこからアクセスを集めるには、これからご紹介するツールを使って、いち早くグーグルに見つけてもらうことが大事です。

コンテンツの質が高ければ、上位表示されるのも速いです。

どんな高品質なコンテンツも、見つけてもらわなければ無価値です。

忘れずに行いましょう。

1・グーグルにXMLサイトマップを送る

サイトマップとは、Webサイト内のページリンクをまとめた案内ページのことで、要はサイト内の案内板です。

サイトマップには2つの役目があり、一つは訪問したユーザーがサイト内で迷うことを防いだり、目的の情報にすぐにたどり着けるようにすることです。

もう一つは検索エンジンです。

案内図となる情報を整理したサイトマップがあると、検索エンジンに対し、サイト内の構造を正しく知らせることができます。

その結果、新しく更新したページ、情報を追加したページ、階層が深いページ(構造が複雑で通常ではたどり着けない)などを、すくに見つけて登録してくれるというわけです。

だから更新の度に、XMLサイトマップをグーグルに通知することが大事になります。

WordPressだと、専門知識がなくとも「Google XML Sitemap」というプラグインを使えば、記事の更新の度に自動でXMLサイトマップをグーグルに送信してくれます。

こういう便利なプラグイン機能があるのも、Wordpressでサイトを構築するメリットです。

2・サーチコンソールの「Fetch as Google」で登録のリクエストをする

グーグルの「Search Console(サーチコンソール)」というツールを使えば、「このページを登録(インデックス)してください」と、グーグルに対して要望することができます。

Search Consoleは、Webサイトを運営する人には必須のツールなので、必ず登録しておいてください。

インデックスのリクエストの方法は簡単です。

登録しておいたサイトのURLをクリックします。

メニューの「クロール」をクリックし、「Fetch as Google」を選びます。

すると、次のような画面になるので、登録してもらいたいページのリンクを入れます。

このときの注意点ですが、希望のページのURLを正しく入力するようにしてください。

正しく入力されないと「リダイレクトされました」というメッセージが表示されリクエストを受付けてくれません。

URLを入力したら「取得」ボタンをクリックします。

デスクトップのWebサイトならPCのままでOKです。
すると、「インデックス登録をリクエストする」ボタンを出てくるので、ボタンをクリックします。

私はロボットでないことを証明し、送信方法を決めます。

「このURLのみクロール」なら月500回までお願いでき、「このURLと直接リンククロール」が月に10回まで可能です。

チェックして送信します。

これで登録のリクエストは終わです。

なお、インデックスをリクエストしたからといって、必ずしも登録されるわけではないことは覚えておきましょう。

3・RSSフィードを利用する

RSSとは、Webサイトやブログの更新情報を配信するフィードで、要するに「今情報を更新しました」と教える仕組みです。

で、このRSSフィードを配信することで、検索順位を上げることはできませんが、クローラとインデックスの手助けになるといわれています。

グーグルのウェブマスター公式ブログでも 「RSS/Atomフィード」を登録することをおススメしています。

この登録をすることで、クローラがサイト内の情報を収集しやすくなり、インデックスもされやすくなるということです。

検索エンジンが巡回しやすい環境を整えておくことは、結果的にSEOにも効果があることなので、やれることはやっておきましょう(グーグル自身がおススメしてますし)。
登録方法は簡単で、ここでも「Search Console(サーチコンソール)」が必要です。

Search Console画面から、「クロール」→「サイトマップ」画面に移動します。

「サイトマップの追加/テスト」をクリックし、

 

URLを入れる窓に「RSS」か「feed」を入力して登録完了です。

ちなみに「RSS/Atom フィード」登録ですが、XML(サイトマップ)と同時にサーチコンソールに登録しておくことをグーグルもおススメしておりますので、「RSS/Atomフィード」だけでなくサイトマップも登録しておきましょう。

4・PubSubHubbubを利用する

「ハブサブハバブ」と呼ばれるサービスです。

簡単にいいますと、更新した情報をリアルタイム(数分以内)でグーグルに通知する仕組みです。

WordPressなら「PubSubHubbub」というプラグインを使えば簡単に装備できます。

なぜこの仕組みが大事なのか?

実はパクリサイトへの対策として重要なのです。

たとえばあなたが書いたオリジナル記事を、意図的にコピーしてブログで公開した人物がいたとします。

仮にそのとき、グーグルに早くインデックスされたのがコピーした人物の記事だった場合、オリジナルであるあなたの記事が「パクリ記事扱い」となってしまう可能性が高いのです。

いわれなき罪を被る方からしてみれば、おいおい、ふざけんじゃねえぞという話ですが、冤罪を防ぐためにもPubSubHubbubを利用することをおススメします。

またグーグルも、PubSubHubbubを推奨しています。

グーグルから無用にスパマー扱いされないためにも、装備しておきましょう。

5・PING送信を利用する

PING送信とは、サイトやブログの更新された記事を情報を、更新をまとめているPINGサーバーに通知してくれる機能のことです。

要するに、世界各地に散らばっているサーバーにあなたのサイトが情報を更新したことをお知らせしてくれるのです。

その更新した情報を見た人が、興味があればあなたのサイトにアクセスしてくれるというわけです。

このPING送信をするSEOでのメリットですが、「Google、Yahooにインデックスされるスピードの向上」が挙げられます。

GoogleやYahooといった検索エンジンも、PINGサーバーを用意しています。

このPINGサーバーを利用すれば、あなたのサイトの更新情報も検索エンジンに通知されるというわけです。

WordPressやアメブロといった無料ブログには、PING送信先を選べる設定があるのでしておきましょう。

PINGは検索エンジンの進化により、それほどSEO効果は期待できないようです。

 

まとめ

サイト立ち上げ時に行うクローラ対策は

1・Googleのクローラにより的確なクロールを行わせるため

検索結果にサイトのページやコンテンツが出ることは、Googleのクローラが巡回をして認識している証左です。

その認識を的確に行わせる効果があります。

2・孤立化したページに来てもらうため

サイトマップを送信することで、サイト内をくまなく巡回してくれます。

クローラはページ内のリンクによって巡回していますが、リンクが外れている、どこからもリンクがついていないページでも、サイトマップを送信することで認識されるようになります。

3・孤立化しているサイトをクロールさせるため

Googleのクローラは、リンクをたどってあなたのページをやって来ます。

新しいサイトを立ち上げたときは外部リンクは期待できません。

しかし、ここまで解説した5つの方法を行えば、外部リンクに頼ることなく、クローラが来てコンテンツを収集することが可能になります。

4・ページのサイズが大きい時にクロールさせるため

ページサイズが大きいサイトだと、通常のクローラでは認識できないケースがあります。

しかし、サイトマップを送信することで的確に認識してもらうことができます。

以上の4つの効果が期待できます。

グーグルは、HTMLやCSSの知識がない人が作ったサイトでも、正しく評価されることを目指していますので、いずれこのような方法も必要なくなるのかもしれません。

しかし、現状はまだ必要なので、しっかりクローラ対策をしておきましょう。

ただし、質の高いコンテンツを提供することこそが大事であり、それがなければ5つの方法を行っても無意味です。

質の低いコンテンツではグーグルは評価しないので、そのことだけはお忘れなく。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


関連記事一覧

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。