ワードプレスの表示速度を高速化させる方法~おススメプラグイン3選~

アクセスアップ対策

ワードプレスの表示即を高速化

サイトの表示速度を速める施策は、大事な意味を持っています。

それはSEO上もですが、ユーザーにとって大きな影響を及ぼします。

そう、表示速度が遅いと、ユーザーの離脱率が高くなり、収益を生まないサイトになってしまうのです。

このページでは

  • 表示に時間が掛かっているページの改善点の見つけ方
  • サイトを高速化させるおススメプラグイン3選

をご紹介します。

サイトの表示速度が売上に影響する

サイトの表示速度と売上は相関関係があります。

あのAmazonのテストデータによりますと、「0.1秒の遅れで1%の売上が減少する」といわれています。

表示速度が遅いと、そのままページから離脱してしまうユーザーが多く、その結果売上が下がるという見事な因果関係です。

そして、表示速度と離脱率の関係はスマホユーザーでより顕著で、「スマホの表示スピードに5秒以上かかるとユーザーの74%は離脱してしまう」という調査結果があります。

逆にいえば、表示速度が速くなれば、たったそれだけで売上アップが可能になります。

現に、「ページの読み込みを7秒から2秒に短縮した結果、売り上げが7~12%増加する(米Shopzilla)」という結果があります。

それだけサイトの表示速度と売上は、密接な関係にあるのです。

スマホユーザーが大半を占めるようになった今、なおさら考えなくてはいけない課題です。

サイトの表示速度が速いとSEO上有利になるか?

まず、サイトの表示速度とSEOの関係についてです。

サイトの表示速度がページのランキングを決める要素になっていることをGoogleは公表しています。

ただし、それが大きな影響を及ぼしているかといわれればそうでもなく、あくまでランキングを決める一要素でしかないのです。

Googleの担当者の話をまとめると

  • 条件の同じサイトがあって、一方のサイト表示速度が遅いならランキングが低くなることがる。
  • 異常なくらい表示速度が遅いサイトなら、それが理由でランキングが下がることはある。

というようなことになっています。

あまりにも表示速度が遅ければ要改善ですが、それほどデリケートに考えることではないということです。

ですが、サイトを巡回してくるクローラには意味があるようです。

WordPress高速化|1秒前半で表示する誰でもできる簡単な方法

上の記事によれば、表示速度の速いサイトはクローラが効率的に巡回しやすく、その反対に表示速度の遅いサイトは、通常よりデータ容量が多く消費されてしまい、クローラに敬遠されてしまうというのです。

Googleに、あなたのサイト内の情報を正しく認識してもらうことは(これを内部SEOといいます)、やはりSEO上大事になので、表示速度を速くすることも結果大事な施策になります。

表示速度のロスは売上のロス

それよりも、です。

繰り返しになりますが、もっと大事なのは、サイトの表示速度と売上が密接に関係していることです。

「サイトの遅延は売上ロス」

このことの方があなたにとっては重要でしょう。

ですから、サイトの表示速度を上げることは、SEOに関係なく取組んでおかなくてはいけません。

Googleアナリティクスで速度の改善を提案してもらう

でははじめに、表示の遅いページの見分け方をお伝えします。

使うのは、Googleアナリティクスです。

左のメニューから

行動>サイトの速度>速度の提案

をクリックしていきます。

すると次のような画面が出ます。

ページの順番は、ページビュー数が多いものが上位に表示されます。

ページビュー数の多いものから改善していけば、全体の改善効果も大きくなります。

ちなみに「/」はトップページのことです。

ページの何を改善すべきかを見るには、「PageSpeedの提案」の値をクリックします。

すると、Googleの「PageSpeed Insights」でページの分析をはじめてくれます。

分析の結果、

パソコンでは76点

モバイルでは

57点の結果になりました。

さらに、具体的な修正すべき箇所まで指摘してくれます。

指摘された内容は

  1. 画像を最適化する
  2. プラウザのキャッシュを活用する
  3. CSSを縮小する
  4. JavaScriptを縮小する
  5. HTMLを縮小する
  6. 圧縮を有効にする

です。

とはいえ、これらを修正するには専門知識が必要で、素人のわたしには何のこっちゃわからずお手上げです。

そこで使いたいのが、サイト高速化を手軽に実現できる「プラグイン」です。

専門知識は不要なので、初心者におススメです。

今回ご紹介するのは、代表的なプラグイン3つです。

高速化プラグイン3選

高速化プラグインその1:EWWW Image Optimizer

このプラグインを使うと画像を軽量化してくれます。

SEO上画像を意図的に使うことは、一つの戦略を担っていますので、画像を使わざるを得ないのですが、その反面、画像が重いと表示の邪魔をして遅くなります。

そこでEWWW Image Optimizerを使います。

このプラグインを使うと

  • これからアップする画像は自動で圧縮してくれる。
  • 過去にアップロードした画像を一括圧縮(軽量化)してくれる。
  • 軽量化による画像の劣化を防ぐ設定ができる。

などの機能があります。

高速化プラグインその2:BJ Lazy Load

このプラグインは、画面のスクロールに合わせて画像を表示してくれます。

スクロールしていくと、画像が徐々に見えてくるサイトがありますよね?

あれです。

ユーザーに見える部分以外の画像の読み込みを遅らせることで、画像の表示速度をあげる仕組みなのです。

画像はどうしても容量を食うので、画像を処理できるプラグインが高速化に役立ちます。

高速化プラグインその3:WP Fastest Cache

これは「キャッシュインプラグ」といいまして、サイト表示をものすごく速くするためのもので、WP Fastest Cacheは、そのプラグインの中の一つです。

キャッシュインとは何かというと、詳しい内容は下記記事を読んでいただきたいのですが、

WordPress高速化|1秒前半で表示する誰でもできる簡単な方法

ワードプレスは通常のHTMLサイト(静的ページ)とは違い、動的ページといって、ユーザーから表示の要求があった場合、一回一回データベースまでデータを取りにいって、非常に時間がかかる、その工程を省くのがキャッシュという仕組みなのです。

この仕組みを発動するのに、これまでは高度な専門知識が必要だったのですが、プラグインを使えば簡単に設定できるというわけです。

で、WP Fastest Cacheだと、プラグインの設定自体も簡単で楽に設置できます。

同じキャッシュプラグインには、「WP Super Cache」や「W3 Total Cache」といった有名なものもありますが、導入したら画面が真っ白になったなどトラブルがあり、プラグインといえどもおいそれと手を出せない現実がありました。

その点「WP Fastest Cache」は、今のところエラーはあまり聞かれてないようです。

ただし、どんな場合もで絶対はありません。念のためバックアップは取っておきましょう。

そして、導入は自己責任でお願いします。

※キャッシュ系のプラグインは月10万PV以上からで十分という方もいらっしゃるので、アクセスが少ないなら、リスクを犯してまで導入する必要はないかもしれません。知り合いに詳しい人がいたら、その辺りのことを聞いてみてください。

まとめ

GoogleはAMPを推奨しているように、サイトの高速化は今後も求められる課題です。

インターネットの世界では、遅いより速いが求められます。

それは何も検索エンジンだけのことではなく、ユーザー自体が求めていることです。

最初にも話たように、サイトの表示速度が0.1秒遅れただけで売上が1%減少し、スマホユーザーなら表示に5秒以上かかれば、74%はサイトから離脱していくのです。

SEOとか関係なく取組まなければいけない課題です。

アナリティクスでサイトの問題点を調べ、プラグインで改善してみてください。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


関連記事一覧

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。