Googleアナリティクスで暴く集客コンサルタントのウソ

アクセス解析

アクセス解析してますか?

アクセス解析はあなたに大事な情報を教えてくれます。

今更ながら、アクセス解析を設置してない人はいないと思いますが、設置していてもアクセス数を見るだけでは宝の持ち腐れです。

サイト内のユーザーの動向を見て、何が集客に寄与しているか分析しましょう。

下手な情報に踊らされないで済みます。

マーケティングで存在感を増すGoogleアナリティクス

まず、アクセス解析の種類ですが、おススメは、やはり「Googleアナリティクス」です。

一般的なサイト管理者が使うには、十分過ぎるくらいの機能が付いている高機能アクセス解析なのはもちろんなのですが、もっと重要なことがあります。

実は、マーケティングの面において、Googleアナリティクスは外せない存在になってきているのです。

それは同じGoogleが提供する「アドワーズ広告」との連携です。

端的にいいますと、アドワーズ広告の「リマーケティング」という機能を使って、サイトに訪れたユーザーを、追尾広告で取り囲んでいくことができます。

そのとき必要なのが、Googleアナリティクスの「ユーザーリスト」という機能です。

「ユーザーリスト」の名の通り、サイトに訪れた人のリストをアナリティクスで集めていき、そのリスト目がけてリマーケティング広告を行うという手法です。

この「ユーザーリスト」は細かく設定でき、たとえば「お申込みフォームまで行ったが、途中で離脱してしまった人」というリストを作ることができます。

このような人たちは、非常に「見込み度が濃い」と推測できますので、再度広告で追尾することで、もらさず成約へと導くことができるというわけです。

Googleアナリティクスを使えば、アドワーズ広告と複合させた高度で費用対効果の高いマーケティングを行うことができます。

インターネットマーケティングで、アナリティクスの存在感は増しています。

FC2の無料アクセス解析みたいなのを使っている場合じゃないのですよ。

アナリティクスのリマーケティング ユーザーリストについて

マーケティングの「お客様の声」はもう古い?

話を戻しますが、Googleアナリティクスを設置しておくと、サイト内でユーザーの行動がわかります。

  • どのページから自然検索でアクセスしてきたか?
  • その後、どのページを見たか?
  • 申し込みフォームの前に何のページを見たか?
  • お申込みフォーム離脱後にどのページを見たか?

こういったことがわかります。

で、「申し込みフォームの前に何のページを見たか?」「お申込みフォーム離脱後にどのページを見たか?」を見ると、やはり「お客様の声」は一番読まれています。

購入を検討している人にとって、お客様の声は昔から変わらず影響力のあるページなのです。

集客コンサルタントによっては、「お客様の声を広告で使うことが一般化して、すでに食傷気味でその効果はなくなってきている」などと平気でいう人もいます。

しかし実際のデータが示すことは、その真逆です。

お客様の声は、しっかり見られていて、申込の判断材料になっているのです。

もちろん、お客様の声が散々マーケティング使われ、それにあきあきしてきているのも事実でしょう。

しかしです。

そもそも、お客様の声を重要視するのは、どんなお客様なのかを考えるべきです。

それは、かなり購入意欲の高い人たちです。

買おうかどうか迷っているとき、あなたは体験者の声を熱心に見ませんか?

そしてお客様の声をやらせなどといぶかしむ人は、どちらかといえば購入意欲の低い人です。

そのような、見込み度の低い人の意見だけに耳を傾けてもしょうがないでしょって話ですけどね。

データというのはある意味怖ろしいもので、「だろう」という思い込みや、コンサルタントの持論への誘導ありきの出鱈目を、簡単にめくってくれます。

アクセス別コンバージョン率

そしてもう一つ、Googleアナリティスクでは、アクセスの流入経路も判別するこができます。

「google/organic」は、Googleの自然検索、「yahoo/organic」はヤフーの自然検索で、「direct」というのは、お気に入りなどから直接サイトに訪れた人です。

その中には、「facebook」とあるように、フェイスブックからの流入ということも判別できます(mとあるのは、モバイル端末からのアクセスという意味です)。

そして、そこで見なくてはいけないのは、コンバージョン率です。

上記の画像の通り、フェイスブック経由のアクセスではコンバージョンが発生してないことがわかります(途切れていますが、赤枠がコンバージョン発生率です)。

それに比べ、自然検索からとダイレクトのアクセスは、コンバージョンが発生していることがわかります。

もちろん、わたしの場合、フェイスブックはブログの更新情報しか更新してないので、そこだけ切取って「フェイスブックは役に立たない」という気は毛頭ございませんが、少なくとも、「今何に力を入れるべきか?」、あるいは、「対集客用の施策がきちんと効果を発揮しているか?」の指標にはなるでしょう。

こういうデータを採ってないと、冷静に分析できません。

※誤解ないようにいっておきますが、フェイスブックでは集客できないということではないです。

どの経路のアクセスのコンバージョン率が高くなるかは、人よって(力を入れているメディアによって)それぞれです。

SNS集客コンサルタントのウソはアクセス解析で簡単にめくれます

最近では、「SNSを使って検索している人が増えているから、SEO対策よりSNSをがんばりましょう」みたいな、SNS集客を煽るコンサルタントもいます。

そもそも、SNSと検索エンジンの検索では、ユーザーの使い方が違うだろうという話で、そこから認識がズレているのですが、しかし、本当に見なきゃいけないのは、SNS経由のアクセスでコンバージョンが発生するかです。

コンバージョンが発生しないのに、毎日毎日、記事の投稿、いいねやコメント回りをしても意味ないでしょう。

その成果を見るためにはアクセス解析は必須で、その施策が本当に集客に役立っているかが目に見えてわかります。

冷静にデータを見てみれば、SNS集客コンサルタントが自分のコンサルメニューを売りたいために結論ありきで誘導していただけだった、ということもあるのです。

誰しも自分の立場で、自分の意見が正しい主張をするわけで、それはそれで当たり前のことですが、理論の飛躍や根拠のない思い込みだけで、論理(セールス)を構築してはダメでしょう。

それは人を間違った方向に導くだけです。

そういうウソや出鱈目に騙されないためには、データという数字が役立ちます。

なんちゃら集客法に右往左往しないためにも、アクセス解析を設置してしっかりデータを分析する必要があります。

まとめ

インターネットマーケティングの良い点は、データが簡単に採れることです。

サイト訪問者が、どんなキーワードでアクセスしてきて、何のページに興味があって、どうコンバージョンに至ったか、を数字やグラフで把握することができます。

こういうのはリアルの販促ではなかなか採れないデータです。

Googleアナリティクスを設置して、集客の施策が、しっかり成果に反映しているかを分析しましょう。

なんちゃらコンサルタントの、セールスありきの出鱈目も簡単にめくれます。



Twitterも更新しております。フォローをよろしくお願いいたします↓


売れないお悩みを解決。超「売れる」ランディングページを徹底追及!

下記に一つでも思い当たるなら集客屋にお任せください。
・ランディングページのコンバージョン率が低い。
・オンラインで商品・サービスを販売したい。
・オンライン広告をはじめたい。
・販売不振を解消したい。
・オンラインで集客できる仕組みを作りたい。
高いパフォーマンスを発揮するランディングページを提供して、「売れない」悩みを解決いたします。

詳しくはこちらをクリック
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


関連記事一覧

フォローするとTwitterの更新情報が届きます。

カテゴリー

アーカイブ