割引チラシ集客法。割引で失敗したくない人だけお読み下さい

チラシ集客

【悲報】割引なし集客の末路

度の過ぎた割引は良くないですが、やはり新規だとある程度の割引は必要です。

とくにチラシの場合は、条件を重視する傾向が強いです。

チラシをめくっている人は、お得商品を探している人が多数なのです。

コピーライティングを過信するのは禁物です(ライティングはライティングで大事ですが)。

文章表現で価値基準をひっくり返すことは、ほぼほぼできないと心得てください。

名言は本質を突いていた

オファーの重要性を謳った名言に、「コピーではオファーの弱さを補えないが、オファーではコピーの弱さを補える」というものがありますが、客層や利益さえ問わなければ、ある意味割引で集客はできてしまうわけで、下手なコピーよりも吸引力があります。

高単価で販売できればいいのですが、チラシのデザインで「高級そう」に魅せても、それつまり支払ってもいい価格とイコールにはならないです。

高いもんは高い。周辺相場の価格と比較され、高ければ問合せされません。

良いものが高いのは当たり前ですが、だからといって新規のお客様にその価格が受け入れられるかといえば別の話です。

とりわけ一般的な商品(いわゆるコモディティ化した商品)は、値段をシビアに見られます。

かといって特別な商品(認知されてないような商品)だと、チラシでは反響が取りにくくなります。

このあたりがジレンマです。

割引しても「本気のお客様」を集客する方法

とはいえ、です。

割引集客には弊害があり、やはり一定数は冷やかし客が混ざってしまいます。

とくに割引価格が大きいとこの傾向が顕著で、無料ともなると半数以上がただのクレクレ客だったということがあります。

これではいったい何がなにやら。

集客したいのは山々ですが、資源も労力も限られている中では「冷やかしのお客様は極力ご遠慮願いたい」、これがあなたの本音ではないでしょうか?

実はある一言加えることで、冷やかし客を排除し本気のお客様を集めることができます。

それがそのものズバリ、「本気の人だけお電話下さい」です。

「本気で美肌になりたい人だけお申込み下さい」
「本気で腰痛を改善したい人だけお電話下さい」

とパターンはいくらでもありますが、「本気の人だけ」と制限をつけることで真剣な人だけ申し込んできます。

人間は、言葉によってすべて判断します。

ですから、本気の一言があるとやる気のない人は「自分のことではない」と認識するのです。

載せる場所は電話番号の上が好ましいです。

電話をしようと思ってもこの一言が目に入れば、冷やかし客はそこで行動がストップします(完全には排除できません)。

クレクレ君を一切相手にしたくないなら

ちなみにですが、本気の人を選別する方法に「あえて申込みのハードルを高くする」というものもあります。

たとえば無料レポートは、一般的に「入力項目を少なくするのがベター」だといわれています。

わたしもうそうしていますが。

しかしあえて入力項目を多くすることで、本気度合いを確かめることができます。

本気で悩みを何とかしたいと思っているなら、入力項目が多くてもいとわないからです。

その反対に入力項目が少なければ、とりあえず知りたいという人も登録してきます。

これは入口で振るい落とすのか、それとも入ってから振るい落とすのかの違いですが、見込み客の本気度を選別する一つの方法です。

「クレクレは一切相手をしたくねえ」という強気な場合は、有効な方法でしょう。

とにもかくにも本気のお客様を集めたいなら、電話番号の上にでも「本気の人だけお申込み下さい」と載せるのが効果的です。

少しでも高単価で販売したいならブログかホームぺージは持ちましょう

価格などの条件以外で選ばれるためには、ホームページやブログを持っておくことは大切です。

自分の価値観や考え方、商品・サービスの品質の高さ、お客様のビフォーアフタなど、伝えられることがたくさんあり、その部分に反応するお客様は、価値に選択基準が移っていますから、少々値段が高くても妨げにはなりません。

現にホームページやブログ経由のお客様は、商圏外の遠方からでもお越しになられます。

それつまり、条件以外の部分に何事か感じたからでしょう。

だからホームページやブログを持っておくことは重要で、ある意味それが顧客選別装置の役割を果たしています。

チラシでの興味付けに成功しないとアクセスされません

ただしチラシからホームページを探すのは「チラシで興味付けに成功しているとき」に限られます。

チラシで「ない」と思われたら、わざわざ時間を使ってホームページなんて検索してくれません。

暇じゃないんですから。

値引きしたくないという気持ちもわかりますが、チラシの集客価格が高いとそれがネックになるのはお忘れなく。

まとめ

ノウハウを妄信していると何でもノウハウが解決してくれると勘違いをしてしまいますが、市場の原理原則に逆らうことはできません。

その原則の一つが新規のお客様の割引オファーです。

下手に割引すると客層が悪くなるだけですが、せめて周辺価格と比べてみてください。

飛びぬけて高いと新規の集客は厳しくなります。

少しでも高単価で販売したいなら、ホームページかブログは必須です。



Twitterも更新しております。フォローをよろしくお願いいたします↓


売れないお悩みを解決。超「売れる」ランディングページを徹底追及!

下記に一つでも思い当たるなら集客屋にお任せください。
・ランディングページのコンバージョン率が低い。
・オンラインで商品・サービスを販売したい。
・オンライン広告をはじめたい。
・販売不振を解消したい。
・オンラインで集客できる仕組みを作りたい。
高いパフォーマンスを発揮するランディングページを提供して、「売れない」悩みを解決いたします。

詳しくはこちらをクリック
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


関連記事一覧

フォローするとTwitterの更新情報が届きます。

カテゴリー

アーカイブ