新聞折込チラシ集客術。反響を取る3つの大事な考え方

チラシ集客

下がる購読率に対抗するための「勝てる」シナリオとは?

新聞折込チラシの購読率は年々落ちてきています。

だから「折込なんてもう終わった」と決め付けるのは早いです。

新聞折込で集客するメリットは、安い費用で広範囲に一気にお知らせできることです。

これはポスティングにはできないことです。

利用しないでいるには、あまりにも惜しい集客方法です。

そこで、新聞折込での勝率をとことん上げるために、取るべき方法を挙げてみました。

新聞折込で反響を出すためには、

第一に、新聞別の普及率を調べること

第二に、ターゲットが新聞を読んでいるか考える

第三に、目先の予算で考えないこと

が大事です。

要は、この3つを考えることで、ターゲットに新聞が届く率を極限まで高めようということです。

集客の基本は、いかに見込み客に広告を見てもらうかです。

それを、新聞折込にも当てはめて作戦を立てます。

第一の考察 新聞別の普及率を調べること

はじめに、何新聞にチラシを折り込むかを考えます。

もちろん第一候補は、その地域で一番読まれている新聞です。

全国紙でも、その地域で普及してなければ意味ないですからね。

たとえば、わたしの住む鳥取県では、日本海新聞という地元新聞が、シェア率68%を占めています。

それに対し、三大新聞の読売新聞は、10%程度しかありません。

58%も差があります。

どちらに折り込むべきか、一目瞭然です。

とくに、店舗の場合は、お店のご近所が反響を取りやすいエリアになります。

そうなると、シェア率が10%しかなければ、新聞が遠方に拡散していくことになり、ご近所での効果も薄まってしまいます。

ですので、その地域で一番シェア率の高い新聞に折り込みます。

地域の新聞別の普及率を調べるには、「新聞別 普及率」で検索してみてください。

第二の考察 ターゲットが新聞を読んでいるか考える

基本中の基本ですが、あなたがターゲットにしたい人が新聞を読んでいる層かをよく考えましょう。

一般的に、新聞を購読している層は年齢が高いです。

60代になると、57%の人が読んでいるというデータがあります。

ですので、購読率が下がってきているとはいえ、高齢層がターゲットなら、新聞折込でも十分勝負ができます。

これは整体院の例ですが、新聞折込にチラシを入れると、やはりといいますか、年齢が高い人(60歳以上が主)が反応してきます。

それに対し若い世代の新聞購読率は、20代で5.5%と圧倒的に低いので、端から勝負になりません。

稀有な失敗例ですと、主婦がターゲットなのに、日経新聞にチラシを折り込んだということがありました。

好んで日経新聞を読んでいる主婦の方は少数派だと思います。

結果は、反響0とのことでした。

新聞折込で集客するなら、「ターゲットが新聞を読んでいること」が絶対条件になります。

第三の考察 目先の予算で考えないこと

ある意味これが一番大事かもしれません。

目先の予算がオーバーするからという理由で、安易に値段だけで集客方法を決めてしまうと、逆効果になります。

それどころか、取れるものも取れないという結果になりかねません。

これまでにも、20代~30代の女性がターゲットなのに、「ポスティングは費用が高い(予算オーバー)」という理由で新聞折込を選ばれたケースがありました。

上記でも述べたように、若い層の購読率は極端に低いです。

よって、ターゲットに新聞が届かないので、反響もありませんでした。

これでは一体何がなにやら、安物買いの銭失いとは、正にこのことです。

目先の利益に目がくらむと、すべてを失うという好例です。

少々高くつくかもしれませんが、ターゲットに読まれるという第一条件をクリアするためには、予算オーバーしてでも、若い世代にも読まれるポスティングを選ぶべきだったのです。

それに、「新聞が読まれなくて反響が取れなかった」ということになれば、その商品のニーズが、その地域にあるかどうかすらさえわかりませんからね。

外すにしても、何も得るものがない最悪の結果といえます。

ターゲットの目に触れる集客方法であったなら、ニーズのあるなし、チラシの良し悪しを、最低でも計ることができます。

ですから、目先の利益で、集客方法を決めてしまうのは、返って不利益の方が大きくなります。

まとめ

集客方法はいろいろありますが、基本は、見込み客に広告を届けることです。

たくさん届ければ、その分、反響も比例して上がります。

要は、新聞折込も、その原理と同じです。

ただ、購読数が少なくなってきているので、昔のように、猫も杓子も新聞折込というわけにはいかなくなっただけです。

新聞折込はしっかりリサーチをして、反響の出る確率を、とことんまで高めましょう。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


関連記事一覧

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。