Photoshop Elements初心講座~自分で作るチラシ編~:ヘッダー部分を作る

Photoshop Elements講座

「雰囲気ある」チラシのヘッダー部分を作る方法

チラシのヘッダー部分を作っていきます。

チケットやメダルのように個別にパーツを作るのではなく、チラシの元ファイルで直接作業を進めます。

個別で作る方が作業がしやすいなら、パーツで作って後で元ファイルに貼り付けてください。

作業方法はお任せします。

まず、何屋かわかる写真を用意します。

今回は、フリーの素材サイトからダウンロードしてきた画像を使います。

「ファイル」→「開く」で画像を開いて、コピーして元ファイルに貼り付けます。

さらにその画像の使いたい部分を選択し、コピーして好みの位置に貼り付けます。

Photoshop Elements初心者講座:長方形選択ツール・楕円形選択ツール

ヘッダー部分を「イメージを良く魅せる」テクニック

ここからちょっとしてテクニックですが、グラデーションツールを使って下図のようにイメージが良くみえるようにしていきます。

適当に長方形選択ツールでグラデーションをかける範囲を決めます。

写真に直にグラデーションがからないように、「新規レイヤーの追加」をします。

グラデーションツールをクリックして、グラデーションの種類を「線型グラデーション」に設定します。

続いて、編集をクリックして、グラデーションエディタを開きます。

このとき注意してもらいたいのが、「描画色」です。

描画色に色が付いていると、その色がグラデーションに反映されてしまいます。

なので、「白」に設定しておいてください。

エディタを開いたら「プリセット」の中の「描画色から透明」にを選びます。

これで「白色」と「半透明」のグラデーションができます。

適当に右方向へドラッグします。

半透明のグラデーションがかかります。

写真と背景(白色)の境目が隠れるところまで、グラデーションのかかったレイヤーを移動すれば、ご覧のような雰囲気のあるヘッダー画像ができます。

このテクニックは、ホームページやブログのヘッダー画像でも使えるテクニックなのでマスターすると役立ちます。

Photoshop Elements初心者講座:グラデーションツールの使い方とオプションの設定方法

立体感のある文字の作り方

キャッチコピーの文字を立体感のある文字に仕上げます。

文字ツールで文字を入力します。

この入力したテキストレイヤーを2つ複製します。

Photoshop Elements初心者講座:文字ツールの使い方とオプション設定の仕方

その複製した2つのレイヤーを「レイヤーをラスタライズ」で、ラスタライズします。

このような白色の縁を作るため、真ん中のレイヤーに境界線を描きます。

「編集」→「選択範囲の境界線を描く」を選び、境界線の設定パレットを開きます。

幅を20px、色を白色に設定します。

次に一番下の3番目のレイヤーに「灰色」の縁を作ります。

三番目のレイヤーを選択して、「編集」→「選択範囲の境界線を描く」を選び、設定パレットから、幅を20px、色は灰色を選択します。

するとご覧のような状態になります。

薄っすらと灰色の境界線が付いていることがわかります。

そして、3番目のレイヤーを少し移動させます。

陰のある文字ができました。

最後に影をぼかします。

3番目のレイヤーを選択し、「フィルタ」→「ぼかし」→「ガウス(ぼかし)」を選んで、ぼかし(ガウス)の設定パレットを開きます。

「半径」にお好みの数値を入れます。

ぼかし具合はレビューで確認します。

今回の数値は「3.2pixel」です。

よければ「OK」ボタンをクリックします。

Photoshop Elements初心者講座:フィルタ効果

完成です。

今後の作業がしやすいようにするなら、3つのレイヤーを結合しておきます。

注意点ですが、文字のデザインにこだわりすぎないようにしましょう。

プロ級の腕でもない限り、文字を凝ったデザインにしたところで、ほぼチラシやホームページのレスポンスには影響してきません。

なので、サクッと作ってサクッと作業を進めることをおススメします。

縁取り文字を作る

関連として縁取り文字の作り方にも触れておきます。

基本は先ほどの立体文字のと同じです。

この電話番号ののように白文字を赤色で縁取った文字にしていきます。

文字ツールで電話番号を入力し、そのテキストレイヤーを「複製」して、コピーしたレイヤーを「ラスタライズ」します。

そのラスタライズした文字に境界線を描きます。

「編集」→「選択範囲に境界線を描く」を選んでパレットを開き、幅を18px、色に赤色を選んで「OK」ボタンを押します。※幅や色はお好みのものをお選び下さい。

完成です。

電話マークを作る

この電話マークを作ります。

シェイプツールから「楕円形ツール」を選び、シェイプの色を決めます。

「SHIFTキー」を押しながらドラッグすると真円を描くことができます。

Photoshop Elements初心者講座:シェイプツール

次に電話マークを挿入します。

シェイプツールから「カスタムシェイプツール」をクリックし、電話マークを選び、白色を選択します。

先ほど作った真円シェイプの上で、ドラッグして電話のシェイプを作ります。

最後に文字ツールで「TEL」と入れれば完成です。

ヘッダー部分に必要な情報や文章を入れていきます。

注意点としてご覧の画像のように、写真と文字が重なると文字が見にくくなってしまいます。

そこで先ほど解説した要領で、文字に白色の境界線を描きます。

すると、文字が読みやすくなります。

すべて入力してヘッダー部分が完成です。

Photoshop Elements初心者講座:基本画面とツールの機能解説&基本操作

チラシを自分で作るPhotoshop Elements初心者講座【まとめページ】

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


関連記事一覧

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。