Photoshop Elements初心講座~自分で作るチラシ編~:印刷用ファイルの作り方

Photoshop Elements講座

印刷入稿用のデータの作り方を解説

チラシのデザインが完成したら、これを印刷業者さんに入稿するためのファイルにします。

印刷業者さんに入稿するには、印刷用に「トンボ」といわれる余白を作らなくてはいけません。

トンボが何なのかは置いといて、要するに上下左右に3mmの余白を作らないといけないわけですが、これが面倒くさいという方のために、トンボつきのテンプレートファイルを配布している業者さんがあります。

それがプリントパックです。

テンプレートですので、トンボの細かい設定は不要で、画像をコピペしてテンプレートに貼り付けるだけです。
まずこちらからダウンロードページにアクセスして下さい。

アクセスしたらPhotoshop用テンプレートをクリックしてください。

必要事項を入力していけばPhotoshop用テンプレートが作成されます。

あっという間にダウンロード(圧縮ファイル)できます。

ダウンロードしたファイルを開くと、ご覧のようなテンプレートが展開されます。

このファイルにチラシの画像を貼り付けます。

チラシのファイルを開いて、レイヤーをすべて結合します。

※印刷業者さんにデータを入稿するときは、すべてのレイヤーを一つに統合した状態で提出します。

コピーしたものをテンプレートファイルに貼り付けます。

貼り付けたら、水色の内側の線に画像を縮小して四隅に合わせます。

四隅を合わせた状態です。

四隅を内側の線に合わせたら、忘れずにレイヤーを結合します。

レイヤーを結合したら完成です。

これで印刷業者さんに入稿できるファイルになりました。

Photoshop Elements初心者講座:基本画面とツールの機能解説&基本操作

チラシを自分で作るPhotoshop Elements初心者講座【まとめページ】

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


関連記事一覧

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。