Photoshop Elements初心講座~自分で作るチラシ編~:検索窓の作り方

Photoshop Elements講座

ホームページに誘導する検索窓の作り方

検索窓を作ります。

ホームページへ誘導することは、販促や集客において非常に重要なパーツとなっておりますので、作り方をマスターしておいてください。

「ファイル」→「新規」で、検索窓の大きさを設定します。

チラシ用なので、サイズの単位を「mm」に指定し、幅70mm、高さ10mm、画像解像度を350pixelに設定します。

Photoshop Elements初心講座~自分で作るチラシ編~:チラシのサイズ設定方法

下図のようなファイルが開かれます。

塗りつぶしツールを選択し、描画色を指定、レイヤーを塗りつぶします。

その上に長方形の窓を作ります。「シェイプツール」から「長方形シェイプツール」を選択し、色を「白色」にします。

適当な大きさの長方形をドラッグして作ります。

Photoshop Elements初心者講座:塗りつぶしツール

虫眼鏡の作り方

次に虫眼鏡を作ります。

楕円形シェイプツールを選択し、適当な大きさの真円を作ります。

Photoshop Elements初心者講座:長方形選択ツール・楕円形選択ツール

真円は「SHIFTキー」を押しながらドラッグするとできます。

円の色は何色でもかまいません(作業しやすいように背景色以外)。

この円に境界線を描きます。真円を「レイヤーをラスタライズ」でラスタライズした後、「編集」→「選択範囲に境界線を描く」を選び、境界線パレットを開きます。

幅を5px、色を「白色」に設定し、「OK」ボタンをクリックします。

すると、ご覧のような白縁の円ができます。その円の中を切り抜きます。

選択したら、「編集」→「カット」か、「CTRLキー」+「X」で選択部分をカットします。

次に虫眼鏡の柄の部分を作ります。長方形シェイプツールを選択し、色を白色にし、適当な大きさの長方形をドラッグして作ります。

虫眼鏡ができました。

円と長方形のレイヤーを結合して一つの画像にし、虫眼鏡を回転させます。

レイヤーの結合は「CTRLキー」+「C」のショートカットキーでもできます。

最後に検索キーワードを入力します。文字ツールを選択し、色や書体を設定して入力します。

すべてのレイヤーを結合して、チラシの元ファイルに貼り付けて完成です。

Photoshop Elements初心者講座:基本画面とツールの機能解説&基本操作

チラシを自分で作るPhotoshop Elements初心者講座【まとめページ】

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


関連記事一覧

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。