Photoshop Elements初心講座~自分で作るチラシ編~:画像を写真のように見せるテクニック

Photoshop Elements講座

画像を写真のように見せるテクニック

写真用のファイルを作ります。

サイズはチラシ用のため、サイズの単位を「mm」に設定します。

作業用のファイルなので、幅と高さの設定は厳密にしなくてもいいのですが、画像解像度だけは「350pixel」以上に設定します。

Photoshop Elements初心講座~自分で作るチラシ編~:チラシのサイズ設定方法

「ファイル」→「開く」で画像を開いて、先ほど作った作業用ファイルにコピーして貼り付けます。画像は適当な大きさに調整します。

解説上下地が白だとわかりづらいので、「灰色」にしておきます。

シェイプツールの「長方形ツール」を選択し、色を「白色」に設定して、画像の下に長方形を作ります。

さらにその長方形シェイプのコピーを作ります。

続いて真ん中の長方形に境界線を描きます。

「編集」→「選択範囲に境界線を描く」を選んで、境界線の設定を行います。幅は3px、色は灰色を選び、「OK」ボタンを押します。

Photoshop Elements初心者講座:シェイプツール

このような灰色の境界線が引かれます。

次に影を作るため、一番下のレイヤーに、同じように境界線を描きます。

「編集」→「選択範囲に境界線を描く」を選んで、境界線の設定を行います。幅は3px、色は灰色(少し薄め)を選び、「OK」ボタンを押します。

その一番下のレイヤーにぼかしを入れます。

「フィルタ」→「ぼかし」→「ぼかし(ガウス)」で、「ぼかし(ガウス)」の設定パレットを開き、半径を3.0pixelに設定します。

ぼかし具合をレビュー画面で確認し、よければ「OK」ボタンをクリックします。

Photoshop Elements初心者講座:フィルタ効果

最後に、ぼかしを入れた一番下のレイヤーを右と下に少し移動させるとご覧のような立体感ある写真ができます。※背景はわかりやすいように灰色から白に変更しました。

3枚のレイヤーを結合して、チラシの元ファイルにコピペで貼り付けます。

画像を斜めにするとリアルっぽい雰囲気がでます。

完成です。

Photoshop Elements初心者講座:基本画面とツールの機能解説&基本操作

チラシを自分で作るPhotoshop Elements初心者講座【まとめページ】

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


関連記事一覧

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。