Photoshop Elements初心講座~自分で作るチラシ編~:簡易地図の作り方

Photoshop Elements講座

簡単に簡易地図を作る方法

簡易地図を作ります。

完成形はこれです。

チラシスペースに最適な大きさの地図の作り方

作業用のファイルを作ります。

「ファイル」→「新規」で数値を入力してもいいのですが、簡単に地図のサイズの合ったファイルの大きさにする方法で作ります。

チラシの元ファイルを開き、「背景」のレイヤーを選択し、長方形選択ツールで地図を入れたいスペースを選択して、その部分をコピーします。

コピーは「CTRLキー」+「C」のショートカットキーを使うと便利です。

次に「ファイル」→「新規」→「クリップボードからの画像」をクリックします。

すると先ほど選択したスペースのと同じ大きさのレイヤーが作られます。

これを作業用のファイルにします。

地図を用意する

それでは、地図を作っていきます。

グーグルマップで作りたい地図の住所を入力し、周辺地図を出します。

その画面のスクリーンショットを「CTRLキー」+「PRTSCSYARQキー」で取ります。

それを「ウィンドウズ」の「アクセサリ」の中にある「ペイント」というソフトを起動して貼り付けます。

次に、地図にしたい箇所を選択してコピーします。

そのままPhotoshop Elementsで、「ファイル」→「新規」→「クリップボードからの画像」をクリックします。

すると、「ペイント」でコピーした地図部分が、Photoshop Elements上でも開かれます。

さらにその地図をコピーして、作業用ファイルに貼り付けます。

13

この地図の上をブラシツールでなぞりながら簡易地図を作っていきます。

道路・川を描く

ブラシの設定をします。

ブラシの形は「基本ブラシ」、道路幅に合わせるため、道路によって変更します。

地図に直接描かないよう、忘れずに「新規レイヤーを追加」します。

道路、川を描くときの注意点

地図を描くときは順番に注意してください。

描き終えてからレイヤーの順番を変えることはできますが、基本は「地図上の位置の低いもの」の下になる順番に描いていきます。

この地図でいえば、線路より道路の方が低く、道路より低いのは川になります。

つまり、最初に「川」を描いて、次に「道路」、最後に「線路」となります。

川が道路の上に描かれている地図はおかしいでいですよね。

Photoshop Elementa初心者講座:レイヤーの使い方

道路・川を描くときのポイント

今回の地図は川の部分は小さいので道路で描き方を解説します。

道路を描くポイントは「直線を連続してつなげて描く」です。

精密に道路を再現しようとすると、地図を描くことがむずかしくなります。

ざっくり単純な道路でも、要点さえ抑えればわかりやすい道路地図はできます。

これは川も同じです。

では道路を描いていきます。

ブラシツールを選んで道路の色を選択し、サイズを道路の幅に合わせます(今回は12px)。

道路の端でクリックしたら「SHIFTキー」を押しながらカーソルを移動して道路の方向が変わる部分でクリックします。

すると直線が引けます。

さらに「SHIFTキー」を押しながらカーソルを移動してクリックし、直線をつなげていき道路を描きます。

川も同じ要領です。

道路と川は描き込み完了です。

Photoshop Elements初心者講座:ブラシツール

線路を描く

次は線路を描きます。

「新規レイヤーを追加」をして線路用のレイヤーを用意します。

ブラシツールの「四角ブラシ」を選びます。

サイズは11px、色は黒色にします。

さらに「ブラシ機能の拡張オプション」を開き、間隔を250%、真円率を50%に設定し、右上のレビューにあるような点線にします。

解説上わかりやすいようにピンクの下地にします。

「SHIFTキー」を押しながらドラッグして真っ直ぐな点線を描きます。

次にその点線の下に点線サイズに合わせた長方形のシェイプを作ります。

長方形ツールを選んで、カラーを白にして、シェイプを作ります。

ご覧のような形になりますので、点線レイヤーと白のシェイプのレイヤーを結合します。

結合したレイヤーに境界線を描きます。

「編集」→「選択範囲に境界線を描く」を選んで、境界線の設定パレットを開き、幅1px、カラーを黒色に設定して「OK」ボタンを押します。

線路ができました。

できた線路を回転させ地図に合わせます。

シェイプで駅を作り、駅名を文字ツールで入力したら線路と駅が完成です。

Photoshop Elements初心者講座:シェイプツール

目印になる建物を入れる

目的地となるお店までの目印となる建物を入れていきます。

建物はシェイプ、文字は文字入力ツールで行います。

地図上の目印となる建物のところにシェイプで四角や丸型を作ります。

このとき気をつけたいのが文字と地図の被りです。

文字と地図が被るとご覧のように文字が読みづらくなります。

ですので、文字の下にコピーした白縁文字を入れて読みやすいようにしておきます。

白縁文字の作り方は、白縁用文字のレイヤーをクリックし、「編集」→「選択範囲の境界線を描く」から境界線設定パレットを開いて、数値を入力していきます。

Photoshop Elements初心者講座:文字ツールの使い方とオプション設定の仕方

信号機は、シャエイプツールの角丸長方形ツールと楕円形ツールを重ね合わせて作ります。

各建物と名称を入れて地図が完成です。

完成した画像をチラシの元ファイルに貼り付ける

完成した地図をコピーして、チラシの元ファイルの地図スペースに貼り付けます。

細かい大きさはカットなどして調整してください。

完成です。

チラシを自分で作るPhotoshop Elements初心者講座【まとめページ】

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


関連記事一覧

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。