チラシを自分で作るPhotoshop Elements初心者講座【まとめページ】

Photoshop Elementsまとめ

チラシを自分で作れるようになることを目指すページです

Photoshop Elements(バージョンは7)を使って、自分でチラシを作って印刷用データにするまでの過程をまとめたページです。

チラシの完成形はこちらです。

チラシのクオリティはけっして高くはありませんが、これぐらいのレベルのもので十分チラシの反響は取れます。

もちろん、それ以下のレベルでも取れますし、デザインのクオリティが高いからといって反響が取れるわけではありませんので、使い方に慣れるまではクオリティにそれほどこだわる必要はないでしょう。

ここではチラシの作成を謳っていますが、このサイトで公開している必要最小限のPhotoshop Elments使い方をマスターすれば、ホームページやブログのヘッダー画像、バナー広告、さらにオフラインのDMやパンフレットなども自力で作ることができます。

ブログを更新する際も、画像加工のスキルがあれば何かと便利なので、Photoshop Elmentsの知識があれば役立ちます。

※このチラシのデザインはあくまで練習用のものです。基本的な作業を覚えることを重視していますので、反響を取ることはそれほど意識はしていません。ですので、この通りに作ったからといって反響が取れるものではありませんので、あらかじめご了承下さい。

【実証済み】集客できるチラシの作り方全手法を公開

初めての方でもわかるPhotoshop Elements講座

まずはじめに初心者向けに、Photoshop Elementsの基本操作を解説します。

各ページを見れば、Photoshop Elementsの基本的な使い方や各ツールの利用方法などを図解付きでわかりやすく解説しておりますので、初心者の方でも理解が進むようにしています。

しかも、チラシ作りやヘッダー画像やバナー作りに、必要最低限な知識しか載せてませんので、それらを理解すればすぐに実践で役立てます。

ぜひ参考にしてみてください。

1・基本画面とツールの機能解説&基本操作

Photoshop Elementsの機能と基本操作の解説です。Photoshop Elementsのバージョンは7です。作業に慣れてしまえば直感で動かすことができますが、各機能と基本操作については覚えておいてください。

Photoshop Elements初心者講座:基本画面とツールの機能解説&基本操作

2・レイヤーの使い方

Photoshopの理解を難しくしているのがレイヤーです。レイヤーの概念や使い方がよくわからなくてつまづいてしまう・・・。でも実は、レイヤーは概念さえ理解できればそれほどむずかしいものではありません。要するに「デジタルの貼り絵」です。むずかしいという先入観がむずかしくしてしまう原因でもあるので、簡単に取組めるものという考えで進めてください。実際簡単なものですから。

Photoshop Elementa初心者講座:レイヤーの使い方

3・画質の調整

画質の調整の仕方です。自動で設定する方法と、手動で設定する方法を解説していきます。この操作を覚えれば、好印象な顔写真やプロフィール写真に加工することもできます。公開することが当たり前になった、顔写真やプロフィール写真は、集客に影響してくるので、好印象に魅せる画像の調整の仕方は必須です(ただし盛り過ぎ禁止)。

Photoshop Elements初心者講座:画質の調整

4・移動ツール

移動ツールの使い方です。レイヤーの場所を移動するときに使用します。

Photoshop Elements初心者講座:移動ツール

5・ズームツール

ツールバーの虫眼鏡マークのズームツールの使い方です。画像を拡大したり縮小表示することができます。

Photoshop Elements初心者講座:ズーム

6・自動選択ツール

自動選択ツールの使い方です。このツールは切り抜きや塗りつぶしに使うツールです。人物、花、建物などを写真から切り抜きたいとき、このツールを使います。合成写真を作りたいときに覚えておきたいツールです。

Photoshop Elements初心者講座:自動選択ツール

7・長方形選択ツール・楕円形選択ツール

長方形選択ツール・楕円形選択ツールです。自動選択ツールと同じく選択範囲を決めて、画像を切り抜いたり、色を塗りつぶしたり、グラデーションにしたりするときに使います。使い方を覚えると、グラデーションのかかった立体感あるキレイなボタンも作ることができます。

Photoshop Elements初心者講座:長方形選択ツール・楕円形選択ツール

8・消しゴムツール

消しゴムツールの使い方です。「消しゴムツール」は、画像の不要な部分を削除したりするときに使用するツールです。

Photoshop Elements初心者講座:消しゴムツール

9・文字ツールの使い方とオプション設定の仕方

文字ツールの使い方とオプションの設定の仕方について解説していきます。普通に入力する方法、写真から文字を切り抜く方法、グラデーション文字の作り方など解説しています。その他にも文字を変形させる設定方法もありますので、知っておくとかなり使えます。

Photoshop Elements初心者講座:文字ツールの使い方とオプション設定の仕方

10・ブラシツール

ブラシツールは線を描くためのツールです。基本は「基本ブラシ」と「四角ブラシ」で十分ですが、その他にもブラシの種類があります。設定方法によっては点線も書けるので、これは覚えておいてください。

Photoshop Elements初心者講座:ブラシツール

11・塗りつぶしツール

指定の範囲やレイヤーを塗りつぶすツールです。写真から人物像や花柄を選択して塗りつぶすことで、シルエットなどを簡単に作ることができます。

Photoshop Elements初心者講座:塗りつぶしツール

12・グラデーションツールの使い方とオプションの設定方法

「グラデーションツール」は、レイヤー全体や選択範囲内をグラデーションで塗りつぶす場合に使用します。一口にグラデーションといっても設定によって5種類ありますし、色の配色でオリジナルのグラデーションを作ることができます。グラデーションツールは覚えておくと便利なので、ここは忘れずインプットしておいてください。

Photoshop Elements初心者講座:グラデーションツールの使い方とオプションの設定方法

13・シェイプツール

シェイプツールを使用すると、ボタンやナビゲーションバーなど、Web ページで使用するアイテムを簡単に作成できます。

Photoshop Elements初心者講座:シェイプツール

14・描画色、背景色の設定方法

描画色、背景色は、ペイント、塗りつぶしおよび選択範囲の境界線の色を決めるツールです。

Photoshop Elements初心者講座:描画色、背景色の設定方法

15・変形の使い方

Photoshop Elementsの機能の中でも良く使うのが「変形」です。忘れずマスターしておいてください。といってもむずかしくはないので安心してください。

Photoshop Elements初心者講座:変形

16・フィルタ効果

フィルタを使うことでいろいろな効果を得ることができます。この項では、チラシ作りや画像加工に最低限必要なフィルタ効果の使い方を解説していきます。解説するのは、モザイク・ぼかし・逆光・波型の使い方です。フィルタ効果もたくさんありますが、全部覚える必要はないです。

Photoshop Elements初心者講座:フィルタ効果

Photoshop Elements初心講座~自分で作るチラシ編

ここからは、Photoshop Elementsを使ってチラシを作る方法を解説していきます。

1・Photoshop Elements初心講座~自分で作るチラシ編~:チラシのサイズ設定方法

画像サイズの設定方法の仕方です。チラシ以外にもWeb上のデータの場合の設定方法も解説しています。

Photoshop Elements初心講座~自分で作るチラシ編~:チラシのサイズ設定方法

2・Photoshop Elements初心講座~自分で作るチラシ編~:背景の曲線シェイプを作る

波型の曲線シェイプを作る方法です。こういう曲線が入ることでデザインに柔らかさが出てきます。女性向けの商品・サービスの場合は、こういうテクニックを覚えておくと好まれやすいデザインを作れます。

Photoshop Elements初心講座~自分で作るチラシ編~:背景の曲線シェイプを作る

3・Photoshop Elements初心講座~自分で作るチラシ編~:実績を強くアピールするメダルを作る

実績、口コミランキング、リピ率など、実績をアピールするときに使うメダルの作り方を解説していきます。文字だけで実績をアピールするより、メダルのような権威性があるもので訴求する方が、人の気持ちに訴えかけるパワーは強いです。人は見た目の印象に左右される生き物です。こういうテクニックを使えれば、効果的にアピールできるデザインをいつでも作ることができます。

Photoshop Elements初心講座~自分で作るチラシ編~:実績を強くアピールするメダルを作る

4・Photoshop Elements初心講座~自分で作るチラシ編~:「割引チケット」と「切り取り線」を作る

「割引チケット」と「切り取り線」を作る方法を解説します。割引チケットの作り方を覚えれば、名刺、紹介カード、ポイントカードまで応用して作ることができます。自分でキレイに作ることができるようになれば、デザイン代を節約できます。ぜひ覚えてください。

Photoshop Elements初心講座~自分で作るチラシ編~:「割引チケット」と「切り取り線」を作る

5・Photoshop Elements初心講座~自分で作るチラシ編~:ヘッダー部分を作る

チラシのメインポイントとなるヘッダー部分です。ここでの作り方を応用すれば、ホームページのヘッダー画像、ブログのヘッダー画像なども作ることができるようになります。ここで紹介しているちょっとしたテクニックを使えば、雰囲気あるヘッダーにすることもできます。身につけるとめっちゃ役立ちます。

Photoshop Elements初心講座~自分で作るチラシ編~:ヘッダー部分を作る

6・Photoshop Elements初心講座~自分で作るチラシ編~:検索窓の作り方

ホームページに誘導する検索窓の作り方です。検索窓はちょっとしたパーツですが、このパーツが果たす役割は年々増してきています。今やチラシのみで購入を決める人は少なく、チラシからホームページを検索することが常態化してきています。だからこそ、検索窓の作り方は意外に重要なのです。チラシだけでなく、名刺、パンフ、リーフレットなど、紙の販促物には欠かせないパーツです。忘れず作るようにしておきましょう。

Photoshop Elements初心講座~自分で作るチラシ編~:検索窓の作り方

7・Photoshop Elements初心講座~自分で作るチラシ編~:画像を写真のように見せるテクニック

画像を写真のように見せるテクニックです。お客様とのツーショット画像を写真のように見せることができます。チラシやヘッダー画像にあると何かと良い雰囲気が出ます。身につけておきたいテクニックです。

Photoshop Elements初心講座~自分で作るチラシ編~:画像を写真のように見せるテクニック

8・Photoshop Elements初心講座~自分で作るチラシ編~:お客様の声とコルクボードの作り方

お客様の声とそれを貼り付けるコルクボードの作り方です。ただお客様の声を紹介するだけでは素っ気なさ過ぎです。やはり、伝え方も一工夫すると読み手の捉え方も変わります。まさにそれがデザインの力なわけですが、こういうテクニックを使うと雰囲気の良いデザインになります。ワンランク上のデザインにしたいなら、覚えて活用してください。

Photoshop Elements初心講座~自分で作るチラシ編~:お客様の声とコルクボードの作り方

9・Photoshop Elements初心講座~自分で作るチラシ編~:文字の装飾とワンポイント見出しの作り方

文字入力、文字装飾、ワンポイントの見出しの作り方を解説していきます。文字装飾や、ワンポイント見出しは、チラシにアクセントを出すためには必須です。こういった起伏がないと、回覧板で回ってくる「ただのお知らせ」になってしまい、お客様の読みたい気持ちを引き出すことができません。簡単なテクニックですが、チラシでは必須のテクニックです。

Photoshop Elements初心講座~自分で作るチラシ編~:文字の装飾とワンポイント見出しの作り方

10・Photoshop Elements初心講座~自分で作るチラシ編~:簡易地図の作り方

簡易地図の作り方を解説していきます。慣れるまでは大変かもですが、作業に慣れてしまうと簡単に地図を作ることができます。チラシで地図は重要なパーツなので、簡単にお店にたどり着ける地図を作れるスキルは必須です。さらに、クオリティもそれなりとなれば、もっといいですよね。ぜひ覚えてください。

Photoshop Elements初心講座~自分で作るチラシ編~:簡易地図の作り方

11・Photoshop Elements初心講座~自分で作るチラシ編~:印刷用ファイルの作り方

印刷業者さんに入稿するための印刷用データの作り方です。印刷用のファイルは、本来「トンボ」という印刷物特有の設定を行わなければいけないのですが、聞きなれない人にとっては何のこっちゃわからない設定で戸惑ってしまいます。でもご安心下さい。小難しい設定を覚えなくても、ここで紹介するテンプレートを使えば、ほぼコピペだけの作業で入稿データを作ることができます。これで入稿に戸惑うこともありません。ぜひ活用してください。

Photoshop Elements初心講座~自分で作るチラシ編~:印刷用ファイルの作り方

まとめ

Photoshop Elmentsは、最初むずかしく感じると思いますが、慣れてしまえば簡単です。

解説で使用しているPhotoshop Elmentsのバージョンは7と古いですが、基本的な使い方は変わらないので安心して下さい。

Photoshop Elmentsは、マスターさえしてしまえば、チラシのみならず、Web上の画像からオフラインの販促物まで作れるようになります。

とくにブログ集客を行いたい方には、画像加工のスキルは必須になりつつあるので、マスターしておきたいスキルの一つです。

ぜひこのページを活用してください。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


関連記事一覧

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。