Photoshop Elementa初心者講座:レイヤーの使い方

Photoshop Elements講座

レイヤーをマスターする

Photoshop Elementsを使う上で最初に躓くのがレイヤーです。

レイヤーの概念や使い方がわからなくて、作業がいきなり進まなくなり、そのまま挫けて終了となってしまいます。

こう聞くと「何だかむずかしそうだな」と思われるかもしれませんが、ご安心ください。

レイヤーは概念さえわかってしまえば、Photoshopは「貼り絵」のようなものと理解でき、簡単に作業を進めることができます。

この項では、初心者の方でもわかるように

  • レイヤーとは何か
  • レイヤーの使い方

を解説していきます。

レイヤーがわかれば、Photshopは半分は理解できたようなものなので、がんばっていきましょう。

Photoshop Elements初心者講座:基本画面とツールの機能解説&基本操作

レイヤーとは何か?

「レイヤー!?」 という方に画像の見ながら解説していきます。

最初から「むずかしいもの」と意識してしまうと本当にむずかしく思えてくるので、肩肘張らずに「簡単なもの」とリラックスして取組んでください。

本当に簡単なものなので。

まずレイヤーとは、デジタル画像の「貼り絵」のようなものとお考え下さい。

Photoshopu Elementsでは、画像の層を重ね合わせて1枚の画像を表現します。

実際の画像の例で見た方が理解が早まります。

この画像は1枚の画像です。

しかし実際には下図のように画像ごとにレイヤーを分けて複数のレイヤーで構成されています。

グレーのチェック柄は透明を意味します。

このように1つの画像をレイヤーに分けて構成することで、ある部分のレイヤーを編集したいときには、その編集したいレイヤーだけ修正することができます。

【例】人の写真を吹き出しの前にしたい場合。

「人物のレイヤー」を「吹き出しのレイヤー」 の上に移動し、下図のようにレイヤーの順番を変えます。

人物を1段上にし、吹き出しをその下に移動します。

すると人物が吹き出しの前に表示されるようになります。

いかがでしょう?

アニメーションの構成や貼り絵の考え方と同じだと思えませんか?

そう考えれば、それほどむずかしいものだとは思えないでしょう。

このようにレイヤー構造にすることで、各レイヤーに対して個別に移動やその他の加工、変形、フィルター処理などの加工ができ、作業がしやすくなるのです。

作業に慣れるまでは上手くできないと思いますが、慣れてくるとスムーズに進みますので、まずは作業回数をこなしてください。

レイヤーの使い方

「レイヤー」の編集加工は、左側にある「パレット」部分で行います。

⑤の部分です。

新規レイヤーの追加

1・レイヤーパレットの 「新規レイヤー」のアイコンをクリックします。

新規レイヤーが追加されました。

画像に新たなパーツを追加したいときは、レイヤーを新規追加していきます。

レイヤー名の変更

作成したレイヤーの名前はいつでも変更できます。

とくに変更しなくても作業に支障はありませんが、よりわかりやすくするためには、名前の変更をした方がいいです。

1・変更したいレイヤーのレイヤー名にカーソルを合わせて右クリックすると、メニューが出てきます。

「レイヤー名の変更」をクリックすると、ダイアログボックス出てくるので、そこに名前を入力します。

名前が変更されています。

レイヤーの削除

人の画像を削除します。

1・削除したいレイヤーを選択し、ゴミ箱マークにドラッグします。

2・するとレイヤーは削除され、レイヤーパレットに削除したレイヤーが表示されなくなりました。

画像上でも人は表示されていません。

レイヤーの表示・非表示

レイヤーパレットで各レイヤーの 「目のアイコン」をクリックすると「表示」と「非表示」を切り替えできます。

不要なレイヤーを非表示にして編集しやすくしたり、イラストの一部を変更するのに便利です。

1・この画像の吹き出しの中の文字を非表示にします。

2・非表示にするレイヤーの 「目のアイコン」をクリックします。

3・すると「目のアイコン」が消え、選択したレイヤーが非表示になります。

画像の文字も消えています。

レイヤーの並べ替え

レイヤーの重なる順番を入れ替えできます。

1・この画像の人を吹き出しの前面に移動してみます。

まず、並べ替えしたいレイヤーを、レイヤーを並べ替える先までドラッグし、マウスを離します。

2・ドラッグした場所にレイヤーが並べ替えられました。

画像でも、人が吹き出しの前面に移動して、吹き出しが人の後ろにきていることがわかります。

レイヤーの複製

画像のパーツを使い回したい時には、レイヤーの複製でパーツをコピーできます。

1・この画像の人を複製してみます。

複製したいレイヤーにカーソルを合わせて右クリックしてメニューをだします。

そこでダイアグロボックスの「OK」をクリックします。

2・指定したレイヤーが複製できました。

レイヤーを複製すると、「(複製元のレイヤー名) コピー」 という名前のレイヤーが追加されます。

同じ位置に同じ内容で複製されるので、「複製元のレイヤー」 と 「複製したレイヤー」 が重なり、画像上では複製されたことが確認できません。

「移動ツール」で移動してみると、複製されたことが分かります。

レイヤーの不透明度

レイヤーごとに 「不透明度」 を編集できます。

不透明度を下げると半透明になり、下のレイヤーが透けて見えます。

不透明度0%では完全な透明になります。

1・不透明度100%のときは透けて見えません。

この画像の人の不透明度を調整していきます。

まず、不透明度を調整したいレイヤーをクリックし、不透明度のスライダーの右にある 「▼ボタン」 をクリックしていきます。

数値が下がるほど透明になっていきます。

「50%」に設定してみます。

不透明度「50%」だと下図のようになります。

レイヤーをラスタライズする

レイヤーをラスタライズします。

レイヤーがラスタライズされてないと、画像の変形などができないので、文字などのテキストデータを加工したいときに「レイヤーをラスタライズする」を使います。

1・テキストデータをラスタライズします。

カーソルをラスタライズしたいレイヤーに合わせ、右クリックしてメニューを表示。「レイヤーをラスタライズ」をクリックします。

テキストデータがラスタライズされました(「T」で表示されてない)。

テキストデータではなくなったので、画像として自由に変形などの画像加工ができます。

下のレイヤーと結合する

複数のレイヤーを結合して、1枚の画像に編集します。

簡単な画像ならいいのですが、何枚もレイヤーを重ねる場合だとゴチャゴチャしてわかりづらくなるので、ある程度の枚数(レイヤー)を結合してわかりやくしておきます。

この画像を一つに結合します。

元の状態は4つのレイヤーで構成されています。

1・テキストやシェイプなどあれば、「レイヤーをラスタライズ」しておきます。

ラスタライズしないと下のレイヤーと結合できません。

ラスタライズしたいレイヤーにカーソルを合わせ右クリックしてメニューを表示。

「レイヤーをラスタライズ」をクリックします。

2・下のレイヤーと結合していきます。

結合したいレイヤーにカーソルを合わせ右クリックしてメニューを表示。

「下のレイヤーと結合」をクリックすれば結合されます。

または、「CTRLボタン」+「Eボタン」のショートカットキーでも下のレイヤーと結合できます。

4つのレイヤーが1つに結合されました。

その他のパーツ

そのほかにもボタンや機能はあります。

しかし、わたしの場合はまったくといっていいほど使いません。

使わなくても、普通にチラシや画像加工はできますので、あえて覚える必要はないかと思います。

作業に慣れてきて、もっといろいろ画像を加工してみたいときには他レンジしてみてもよいかもしれません。

チラシを自分で作るPhotoshop Elements初心者講座【まとめページ】

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


関連記事一覧

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。