Photoshop Elements初心者講座:長方形選択ツール・楕円形選択ツール

Photoshop Elements講座

長方形選択ツール・楕円形選択ツール

この選択ツールには、長方形と楕円形の2種類の形があります。

必要な方を選んでください。

では、まず長方形選択ツールで画像を切り抜く方法を解説します。

長方形選択ツール

1・切り抜きたい箇所をドラッグして決めます。

このとき、「SHIFTキー」を押しながらドラッグすると正方形になります。

2・選択部分の画像を切り抜きます。

「編集」→「カット」でよいですし、ショートカットキーの「CTRLキー」+「Xキー」でも行えます。

3・画像を貼り付け

貼り付けたい箇所に、「編集」→「貼り付け」か、ショートカットキーの「CTRLキー」+「Vキー」で貼り付けます。

切り抜いた箇所だけ必要な場合は、「ファイル」→「新規」→「クリップボードからの画像」をクリックして別ファイルに貼り付けます。

4・選択範囲のを逆にする

逆に周りの景色を切り取りたいときは、「選択範囲」→「選択範囲を逆転」をクリックします。

すると、選択範囲が反転します。

ピンクの部分が選択された状態になります。

5・切取り

周りの風景を切り取ります。

完成

楕円形選択ツール

1・切り抜きたい箇所をドラッグして決めます。

このとき、「SHIFTキー」を押しながらドラッグすると真円になります。

2・選択部分の画像を切り抜きます。

「編集」→「カット」でよいですし、ショートカットキーの「CTRLキー」+「Xキー」でも行えます。

3・画像を貼り付け

貼り付けたい箇所に、「編集」→「貼り付け」か、ショートカットキーの「CTRLキー」+「Vキー」で貼り付けます。

切り抜いた箇所だけ必要な場合は、「ファイル」→「新規」→「クリップボードからの画像」をクリックして別ファイルに貼り付けます。

クリックすると、丸型に切り抜いた画像のファイルが生成されます。

4・選択範囲のを逆にする

逆に周りの景色を切り取りたいときは、「選択範囲」→「選択範囲を逆転」をクリックします。

すると、選択範囲が反転します。

ピンクの部分が選択された状態になります。

5・切取り

周りの風景を切り取ります。

完成

Photoshop Elements初心者講座:自動選択ツール

楕円選択ツールとグラデーションツールでボタンを作る

楕円選択ツールとグラデーションツールを使えば、立体感のあるボタンを作れます。

1・楕円選択ツールで円の選択範囲を決めます。

2・グラデーションツールを起動して、好きな方向にマウスをドラッグします。

3・ボタンに見えるように「縁取り」をします。「編集」→「選択範囲の境界線を描く」を開きます。

4・「選択範囲の境界線を描く」のメニューパレットを開いて設定していきます。幅は縁の幅でカラーは好きな色を選べます。決まったら「OK」ボタンをクリックします。

5・ボタンの完成です。

Photoshop Elements初心者講座:グラデーションツールの使い方とオプションの設定方法

Photoshop Elements初心者講座:基本画面とツールの機能解説&基本操作

チラシを自分で作るPhotoshop Elements初心者講座【まとめページ】

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


関連記事一覧

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。