SEO対策に外部リンクが大事な理由

SEO対策

外部リンクは今でもランキングの重要な評価基準

SEO対策で大変重要なのが外部からのリンク(被リンク)です。

Googleが正式に評価の要素として認めています。

つまり、質の良い外部リンクを多く集めているページは、検索ランキングで上位に選ばれやすくなります。

​外部リンクとは、「他のサイトからのリンク」ことです。

なぜ他のサイトからリンクをもらうと順位が上昇するのかというと、答えはとても簡単です。

それは検索エンジンが「リンクをたくさん獲得しているサイトは良いサイトである」という評価基準を持っているためです。

​たとえば、あなたが何かの悩みを解決したくて、あるWebサイトに訪れたと仮定してください。

そこで、あなたの悩みを解決してくれるページに出会えば、「このページを同じ悩みを持つ人に紹介したい!」と自分のブログやサイトで、リンクを張って紹介したくなるのではないでしょうか?

​あるいは、何かを解説するとき、とても良くできた解説ページがあれば、そこにリンクを張って「詳しくはこちらのページをお読みください」と紹介したりもします。

​また、非常におもしろいサイト(笑えた、珍しい、怖い、きれい、感動したなど)があれば、誰かに紹介したくなりますよね。

​そのようなリンクが積み重なることで、Googleは「このサイトは評価されている」と判断するのです。

​「リンクというのはインターネット上での人気投票のようなもの」、そういわれる由縁がここにあります。

​公平な評価という点では、自然なリンクこそが指標になります。

我々サイト管理者もGoogleに望むのは公平性で、検索エンジンに、ある種好みの偏りがあっては困るわけです。

そこで、人気投票という公平な基準が必要になってくるのです。

​だからGoogleは、外部リンクの多いページがランキングの上位に来るような仕組みを作っています。

 

​​どんな外部リンクでも良いわけではない

ただし、リンクを集めればページの評価が上がるというわけではありません。

どんなリンクでも良いという訳ではなく、効果があるのは、属性の合った、一定以上評価のあるサイトからリンクです。

これは検索エンジンの歴史でもありますが、2000年初期の検索エンジンは今と違い、外部リンクさえあれば上位表示されることができました。

たとえば、Webサイトはツールを使えば自動で簡単にいくつも生成できます。

その生成したサイトに、外部リンクを自作自演で無数に増やすこともできます。

​しかし、そのようなある種の意図が含まれた検索結果は、必ずしもユーザーの求めている情報とは一致しません。

アフィリエイトだらけ、宣伝だらけのページが上にきてしまえば、ユーザーの利便性を損ないます。

その結果、検索エンジンを利用する人は少なくなってしまいます。

そこで検索エンジンは改良に改良を重ね、不正なリンクがたくさんあっても評価されないシステムになりました。

​Googleは、被リンク元のサイトのコンテンツにも価値があるかどうか見るようになりました。

さらに2018年に入ると、価値のないコンテンツは、インデックスすらされなくなりました。

その基準は、文字数と発リンクの数といわれています。

文字数が少ないのに、その割に発リンクの数が多い。

要するに、あからさまな自作自演のサテライトサイトを狙い撃ちした、アルゴリズムのアップデートともいえます。

検索エンジンにインデックスされないということは、ページが存在しないと同じなので、そこからいくらリンクを送ろうとも、リンクをカウントしてもらえないことになります。

つまり、自作自演の被リンク用サイトも、一定のコンテンツ内容がなければ、何ら機能しなくなってしまったのです。

自作自演がすべて悪いとはいえませんが、自演リンクを送る場合でも、サイトの中身が重要で、より自然なリンクに見えないといけないということです。

SEO効果が見込めるサテライトサイトとは、クオリティが高く、単独でもユーザーにとって有意義な情報を提供できるサイトを意味します。

Googleが評価するリンク元

  • 属性の合うサイト
  • 被リンクのあるサイト
  • 独自のコンテンツがあるサイト
  • 更新のあるサイト
  • 発リンクが過剰でないサイト

​低品質で内容の薄いサイトを判定するGoogleの技術はかなり進んでいるので、仮に誤魔化せたとしても、その効果は一時的です。

そしてその一時的な期間も、どんどん短くなっています。

​詰まるところ、あなたのサイトの評価を上げるリンクは、どこかの誰かが自分の手で作り、日々更新しているサイトのリンクしかありません。

​それつまり、本来の人気投票の意味を持つ、「自然なリンク」なのです。

​新しいドメインはGoogleから評価されない

サテライトサイトの効果を早く発揮するためには、中古ドメインの購入が必要になってきます。

なぜなら、まっさらの新しいドメインで立ち上げたサイトは、Googleからの評価が著しく低いからです。

Googleからの評価が上がって来るのは、立ち上げから6カ月くらいといわれています。

そうなると、です。

被リンク用のサテライトサイトを立ち上げる場合、新しいドメインのサイトだと、検索エンジンから評価されないので、リンク効果が出なくなります。

そこで利用するのが、中古ドメインです。

中古ドメインは、前のサイトの運用歴を引き継ぐので、サテライトサイト立上げ当初からリンク効果を出せるのです。

ただし、前のサイトの運用歴を引き継ぐということは、ペナルティも引き継ぐということなので、そのようなリスクを避けるためには、ある程度お金を出して、品質の伴ったドメインを購入しないといけなくなります(過去にGoogleからペナルティを受けたドメインは、運用歴が長くても評価は上がりません)。

その結果、サテライトサイトの設置費用が上がり、一つのサイトで3万円~5万円必要になってきます。

Googleのアルゴリズムの変更で、品質の悪いサテライトサイトを多数持つより、少なくても質の高いサテライトサイトを持つ方が効果的といわれていますが、効果を出すために、サテライトサイトをいくつ持たなくてはいけないのでしょう?

サテライトサイトが効果を出すには、「自然」なリンクである必要があります。

IPの分散はもちろん、ワードプレスだけからのリンクも不自然で、さまざまな形態のサイトからのリンクが必要ですし、そもそもリンクが1サイトだけでは効果は薄いでしょう。

いずれにしても、被リンク用のサテライトサイトは、費用対効果は悪化してきています。

サテライトサイトからリンクを送ることが、本当に効果に見合ったものか見極めが必要です。

 

もう一つ大事な役目があります

​外部リンクには、もう一つ大事な働きがあります。

それがクローラー対策です。

​外部からリンクが貼られることで、クローラーと呼ばれる情報収集ロボットがサイトに訪れる入口が増えることになります。

​クローラーの入り口が増えれば、訪れる回数も増え、情報を漏れなく持ち帰ってくれます。

検索で上位表示されるためには、Gooleのデータベースにインデックスされなくてはいけません。

そのインデックスされるためには、Gooleボットというクローラーにサイトに来てもらい、情報を持って帰ってもらわなくてはいけないのです。

SEO対策とは、まずクローラー対策がはじめなのです。

リンクが多く張られているということは、クローラーがそれだけ訪れやすくなるということです。

これは、SEO対策上大きなメリットです。

外部からのリンクは、クローラー対策にも有効なのを忘れないでおきましょう。

 

真の外部リンク対策はコンテンツの質を高めること

​外部リンクについては、「自然なリンク」をもらえるようにコンテンツの質を高めることが基本の王道戦略になります。

​あなたが売ることだけが目的のアフィリエイターなら、ブラックぎりぎりの手段で「ペナルティを受けるまで」と割り切ってやるのもいいでしょう。

すぐに効果も出るかもしれません。

サイトを作るのもツールでしょうから、面倒もなく、バレては作りバレては作りの焼き畑農業を繰り返せばいいだけです。

個人を出して売るわけでもないでしょうから、信用をなくすとか関係ありません。

​しかし、企業なら別です。

ペナルティの対象となるたびにサイトを変えていたら、信用を失います。

それにいつペナルティになるかとヒヤヒヤしながらサイトの運営を行うのも、精神衛生上よくありません。

​​ですから、基本はリンクして紹介したくなる、

  • 悩みを解決するコンテンツ
  • ユニークなコンテンツ
  • ​ニュース性のあるコンテンツ
  • オリジナル性のあるコンテンツ

などを作ることを心がけましょう。

​現在の検索エンジンは、コンテンツを重視しているので、必ずしも外部リンクがなくても上位表示はされます。

コンテンツの質を高める、これが王道の外部リンク対策です。

 

ネガティブSEOの外部リンク

外部リンクの中には「ネガティブSEO」と呼ばれるものがあります。

これは価値のないリンクをライバルサイトにたくさんつけて、Googleの検索エンジンから「不正なリンクで順位を上げているサイト」と認識させ、検索ランキングの順位を落とすという手法です。

ライバルサイトへの姑息な手段です。

正当にサイトを運営しているのに、このような悪質な手段によって順位を落とされたのではたまりません。

しかし現在の検索エンジン、いわゆるペンギン4.0では、不正なリンクが張られているサイトの評価を下げるのではなく、評価を無効化するように設計されました。

これまでの検索エンジンでは、不正なリンクが張られていると、検索順位を大きく下げられていました。

ですがペンギン4.0では、不正なリンクに対しては、プラスもマイナス評価もしせず、単純に無視する設計となったのです。

リンクの価値として0ということです。

これにより、意図的に張られたスパムリンク、ネガティブSEOの効果も無効化されるというわけです。

ただし、絶対に無視できるかといえばそんなことはありませんので、もし不正なリンクが大量に張られていたら、サーチコンソールを使って、リンクの否認をしておきましょう。

念には念を入れてです。

参考記事:ペンギン4.0の更新から1週間たって判明したこと――ペナルティではなく無効化、ネガティブSEOを防げるか?、ペンギン3.0からのリカバリなど

 

まとめ

外部リンクはSEO対策で重要な施策です。

被リンクがあることで、検索順位は上にきて、上位表示も安定します(コンテンツの質が高いことが条件)。

しかしそれはあくまで自然なリンク(ナチュラルリンク)を獲得できた場合です。

自作自演のサテライトサイトからのリンクも有効ですが、検索エンジンのアップデートにより、そのリンクは、自然でないと効果を発揮しにくくなってきています。

サテライトサイトからリンクを送るときは、

文字数が多く、コンテンツの質が高いこと

発リンク数が多くないこと

定期的に更新されていること

といった「自然な形」であることを意識しなくてはいけないのです。

もうSEO対策に、リンクを張るだけの楽して得られる効果はありません。

サテライトサイトといえど、コンテンツと向きあい、価値ある情報をユーザーに提供しなくてはいけないのです。

そういう意味では、外部リンクも王道のSEOに原点回帰しています。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


関連記事一覧

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。