検索エンジンの仕組み。SEO対策はこの3分野から

SEO対策

検索エンジンの仕組みを知ることが上位表示には早道

あなたは検索エンジンの仕組みをご存知でしょうか?

​実は検索エンジンの仕組みを知ることは、SEO対策を行う上で非常に大事です。

わたし自身も経験がありますが、検索エンジンの仕組みを知らないと、良かれと思ってやっていたことが(ブログを毎日更新するなど)、ほとんど効果のない取組みだったりします。

このような無駄足を踏まないためにも、まず検索エンジンの仕組みを知り、効率的に作業を進めるようにしましょう。

※検索エンジンはたくさんありますが、日本での90%はGoogleの検索エンジンが占めています。ですから、ここでお話するのは、Googleの検索エンジンとお考えください。とはいえ、そのほかの検索エンジン対策を考えなくてもいいということではありません。

​Googleから評価されるコンテンツとは?

本当に効果的なSEOとは何かを知るためには、検索エンジンの仕組みを理解する前に、まず、Googleの理念を理解しておきましょう。

なぜならそれを知ることによって、Googleがどのようなサイトが検索上位に表示されるべきと考えているのかわかるからです。

​Googleは検索エンジンユーザーを最も大切にしている

​結論から言うと、 Google で上位表示させるには、ユーザーにとって有益なコンテンツを作る、これに尽きます。

そうGoogleは、検索ユーザーの役に立つ「完璧な検索エンジン」の実現を追い求めているからです。

​Googleがユーザーのためにしていること

良く考えてみればわかるのですが、Google で何か知りたいことを検索した時に、全く何の役にも立たないサイトばかりが表示されていたら、誰も Google を利用しなくなってしまいます。

その結果、広告収入は激減します。

逆に検索したときに、知りたかった情報やノウハウが完璧に分かるサイトばかりが表示されていたら、ユーザーは新規・リピートを含め、さらに Google を利用するようになるでしょう。

そうすれば、それに比例して広告収入も増えます。

何のことはない、Googleも一般企業も考え方は同じなのです。

「ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる」、Google が掲げる信条の一つです。

だからこそGoogleは、常に「ユーザーの意図を正確に把握し、ユーザーのニーズにぴったり一致するものを返すエンジン(Googleの理念)」を追求しているのです。

​Googleは良質なコンテンツを評価する

2000年代前半の検索エンジンは、詐欺のような広告や、全く何の役にも立たないアフィリエイトサイト、自社商品を売り込むことだけを考えているサイトなど、ユーザーにとって何の価値もないサイトが、テクニカルな技を使えば(主に外部リンク)表示されていました。

​しかし、2011年の終わり頃から、ユーザーに対して全く価値を与えないサイトは、一気に検索圏外に飛ばされるようになりました。

それに代わり、検索ユーザーが求める情報やノウハウを、丁寧に分かりやすく解説しているサイトが上位表示されるようになってきました。

​検索エンジンはアルゴリズムに変更を加えて、「ユーザーのニーズにぴったり一致するものを表示する」ように、どんどん進化しているのです。

もう小手先や騙しのテクニックで上位表示されることは難しくなってきていますし、仮に成功できてもその効果は限定的で短期間で終わります。

上位表示させたいなら、必ず「ユーザーの役に立つコンテンツ」を作るようにしてください。

現に2018年現在のSEO対策は、コンテンツがメインになっています。

外部リンクがSEO対策上重要であることは現在でも同じですが、コンテンツの質が低いページだと、外部リンクを送っても上位表示されなくなってきているのです。

外部リンクが効果を発揮するのは、「コンテンツの質が一定レベルを超えていること」が最低限の条件なのです。

​検索エンジンの仕組み

​サイトを作ってから、Googleの検索エンジンが検索順位を決めるまでには3つのステップがあります。

  1. クローリング:Googleがあなたのサイトを発見する。
  2. インデックス:Googleがあなたのサイトをデータベースに登録する。
  3. ランキング:Googleがあなたのサイトの検索順位を決める。

このステップを経て、はじめて上位表示されます。

​​ステップ1:クローリング

​Web上には、クローラーと呼ばれる検索エンジンのロボットが巡回しています。クローラーは世界中の全てのページの情報を集めて、日々Web上を動き回っています。

このクローラーがあなたのサイトに回ってきたときに、はじめて検索エンジンは、あなたのサイトを認識します。

​つまり、サイトやページを作ったら、まずクローラーに見つけてもらうことが、SEO対策の第一歩なのです。

具体的に行うのは

  • 良質なSEOコンテンツの作成
  • XMLサイトマップの送信
  • Fetch as Googleでインデックス登録のリクエスト​

です。

​ここでも品質の高いコンテンツを作ることが重要になってきます。

品質の高いページを作ることで、「このサイトは価値ある情報がある」と認識し、クロ―ラーが何度も巡回してくるようになるからです。

そうすると、ページ内容が正確に評価されたり、そのほかのサイト内のコンテンツもくまなく持って帰ってくれるようになります。

サイトの構造は3層までにする

​それともう一つ、サイトの内部構造の最適化も大事な施策になります。

いわゆる、内部SEO対策です。

クローラーがサイト内を巡回するときは、一つ一つのページに貼られている内部リンクをたどって移動します。

ですから、サイト内部の構成を、クローラーが巡回しやすいようしておかなくてはいけないのです。

すると、サイトの隅々まで認知してもらえるようになります。

リンクの貼ってないページがあったり、構造が複雑過ぎたりすると(階層が深い)、せっかく来たクローラが途中で情報収集を止めて帰ってしまいます。

​サイトの構造の最適化の一つには、「サイトの構造をシンプルにすること」が挙げられます。

具体的には、サイトを3層までにすることです。

それ以上、サイトの階層を深くしてしまうと、クローラーが細部のページまでリンクをたどってきてくれない可能性が高くなります。

クローラーに情報を持って帰ってもらわないと、データベースにインデックスされないので、これではSEO対策になりません。

サイトの構造はわかりやすくを心掛けましょう。

【重要】
ナチュラルなリンクが自然と増えるような良質なコンテンツを作ると、クローラーの巡回経路(外部からの被リンク)が増えるため巡回が増えます。

さらに、サイトの内部構造を整理することでクローラーの巡回効率も良くなり、スムーズに各ページを確認してもらえるようになります。

リンクは、SEOのランキングの評価基準と共に、クローラー対策としても重要なのです(結果的にSEO対策になります)。

ステップ2:インデックス

​クローラーが集めてきたページの情報は、全てGoogleのデータベースに登録されます。

このデータベースへの登録のことをインデックスといいます。

図書館を思い出してください。

図書館は、どこに何の本があるか後で見てもわかるように、本棚にきちんと整理して保管されています。それと同じ原理です。

この際に重要なのは、ページ自体を検索エンジンからみて読みやすいように整えておくことです。

なぜなら検索エンジンは、インデックスされた情報をもとに、検索順位を決めるランキングを行うからです。

せっかく素晴らしい内容が書いてあっても、それが検索エンジンにとって読みにくく書かれていると、その内容を適切に評価してくれないのです。

つまり、本来あるべき順位よりも下に評価されてしまう可能性があるのです。

人でもそうですが、内容は良くても読みにくく理解しづらい本は、途中で読むの止めてしまいます。

それは検索エンジンも同じなのです。

ですから検索エンジンに適切に評価してもらうよう、わかりやすい記述の仕方やWebライティングも重要になってきます。(これを突き詰めていくと、検索ユーザーにとってわかりやすく読みやすいコンテンツの構成の仕方になります)

インデックの基準は厳しくなっている

ただし現在のインデックスの基準は、以前より厳しくなっています。

品質の低いコンテンツは、そもそも登録すらされません。

また、過去にインデックスされたページでも、現在の基準を満たしてないものは、登録を削除されてしまいます。

ですから、コンテンツの質を一定レベル以上保つこととは、SEO対策の絶対条件です。

【重要】
文章が読みやすく書かれている本の方が、内容を理解しやすいのと同じで、読みやすく適切に構成されているページの方がSEO的に正当に評価されやすくなります。そのための施策を、インデックス最適化といいます。

​​ステップ3:ランキング

​Googleのランキングロボットは、インデックスされた全てのWebページを見て、様々な要素を総合的に分析して、それぞれのページの検索順位を決めます。

これをランキングといいます。

検索順位は、キーワードとコンテンツの関連性や、外部リンクの数など200項目以上の要素から総合的に決定されます。

​その検索順位決定要素のことをアルゴリズムといいます。

Googleはアルゴリズムを、今も頻繁に変更し改善を行っています。

その評価基準が何が知ろうとしても、あまり意味はありません。

日々進化する高度な技術を、素人が追ったところで追いつきませんし、エリート集団がチームを組んで改善に取組んでいるのです。

一中小企業がアルゴリズムの解明なんてできるわけがないでしょう(現時点のものを改善しても、そのときは遙か先にいっている可能性もありますし)。

それよりも、Googleが望んでいる情報、つまりは検索ユーザーにとって最も役立つコンテンツを作る方が大切です。

結果的にそれが上位に表示されるようになるのですから。

【重要】
良質なコンテンツを作り、クローリングとインデックスの最適化を行うことが最も確実なSEO対策になります。

​SEO対策にはこの3つ

​以上のように検索エンジンの仕組みを理解すると、何をやればサイト全体のSEO効果を上げることができるのかわかります。

具体的には、

1.クロール最適化

クロールの頻度を上げることによりサイト内の各ページの情報を正確に読み取ってもらいます。

クロール頻度を上げるためには、外部サイトから自発的なナチュラルリンクを貼られるぐらいに良質なコンテンツを作ることを目指しましょう。

そして、上位表示させたいページに優先的にクローラーが回るように、内部SEOを施すこともクロール最適化になります。

2.インデックス最適化

Googleの検索エンジンがページの内容を正確に理解するように、ページのHTML構造を最適化します。

あるいは、検索結果に載らなくても良いページは、インデックスされないようにすることも大事です(品質の低いページがあると、サイト全体の評価が落ちることがあるため)。

そのためには、Webライティングの基本を抑えて、検索エンジンから見て読みやすいページを作ることです(もっといえば、ユーザーが読みやすい記事を作ることです)。

3.コンテンツ最適化(最重要)

何よりもここが肝心ですが、Googleからも検索ユーザーからも求められる有益なページを作りましょう。

そもそも、良質なコンテンツがなければ、どれだけクロールやインデックスの最適化しても意味はありません。

なぜなら、クロール最適化とインデックス最適化は、ページを実力より上に表示させることではなく、そのコンテンツの価値を適切に評価してもらうためのものだからだです。

SEOに裏技的なものはないのです。

この3つをしっかりと頭に入れて、今あなたが行っている施策は、この中のどれに当てはまるかが判断できるようにしておきましょう。

​例えば、被リンク(外部からのリンク)の獲得は、クロール最適化の一つです。

意識すべきは「ナチュラルリンクを増やし、クローラーの巡回頻度を上げて、ページの隅々までが正確にインデックスされるようすること」を目的として行います。

上位表示させたいからが目的になると、間違った施策を行ってしまいます。

SEOは相対的に決まるものなので、コンテンツの内容が同等と判断されれば、被リンクの数が多い方が価値あるサイトと判断されます。

だから多くの人は、被リンクが多いほど検索順位が高まると思い、グレーやブラックのリンク対策を行います。

しかし、不正に入手したリンクはペナルティの対象となりますし、検索エンジンも日々進化していますので、不自然なリンクは評価の対象外となってしまいます。

Googleの検索エンジンは常に改良され、本当にユーザーの役に立つコンテンツのみを上位表示するようになってきています。

Googleの不備を突くような無駄なことにとらわれないで、真のSEOを目指しましょう。

繰り返しになりますが、SEO対策で主におくことは、

  1. あるキーワードで検索上位に表示されるべきコンテンツ( 最も良質なコンテンツ)を作ること
  2. そのコンテンツが適正に評価されるように、クロール最適化とインデックス最適化を行うこと

この2つに集約されます。

この作業を積み重ねることで、Googleからもユーザーからも喜ばれるようになります(なぜなら、検索エンジンにとっても、利用者にとっても利便性の向上に貢献できるから)。

これが、最短で上位表示を達成するSEOの方法です。

まとめ

SEO対策は、主に

  1. クローラー最適化
  2. インデックス最適化
  3. コンテンツ最適化

の3分野に分かれます。

そしてここからが重要ですが、裏技はない、ということを強く意識してください。

もちろん、ブラックハットSEOのような不正な方法も存在しますが、その効果は短期的で、どんどん通用しなくなってきています。

ブラックハットで利益を得るためには、焼き畑農業的発想が必要で(短期で儲けてGoogleからペナルティを受ければ新しいサイトを作るを繰り返す)、信頼が何より大切な企業が行うべき施策ではありません。

​SEO対策は、効果が出るまでに長い時間のかかる施策で、途中で裏技があればと思うことも正直あります。

しかしそのような方法は採るべきではないのです。

​SEO対策の3つの分野を意識して、検索からアクセスを集められるサイトを作りましょう。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


関連記事一覧

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。