SEO対策の要は「title」タグ。アクセスアップはタイトルタグで決まる

SEO対策

検索エンジンが最も注目する箇所が「<title>」タグ

​<title>タイトルタグとは、Webサイトのページのタイトルを記述するHTMLのタグのです。

検索結果に大きく表示され、検索ユーザーに何のサイトかを伝えられます。

魅力的なタイトルだと、クリック率が大きく上昇します。

タイトルは、そのサイトの属性を表すものであるため、検索エンジンも重要視しています。

​ユーザーもそうですが、検索エンジンもタイトルに含まれるキーワードにより、どのようなサイトかを認識するのです。

したがって、各コンテンツの記事タイトル(<h1>タグで囲んだタイトル)と、コンテンツ内容にも影響していきます。

すなわち、サイトタイトル→コンテンツの記事タイトル→コンテンツ内容という3つの属性が合っているページほど、上位表示に強くなります。

現在のSEO対策は「コンテンツの品質が高いこと(内容が充実していること)」が最低条件で、ここをクリアしないと上位表示はむずかしくなります。

しかし、コンテンツの内容が充実していても、サイトタイトルと、記事タイトル、コンテンツ内容がズレていると、中々順位は上に来ません。

上にきても、20位~30位くらいをうろうろします。

それくらい、サイトタイトルと各コンテンツの属性が合っていることが、検索順位を上に上げるうえでは大切なのです。

タイトルタグは、HTMLソールの <head>~ </head>タグ内に下記のように記述します。

​<title>表示したいタイトル内容 </title>

タイトルタグで指定した内容が、Googleなどの検索結果ページに表示されます。

 

SEO対策を効果的にする基本的なタイトルタグの考え方

タイトルタグは、上記のように検索結果に表示されるものです。

SEOと同時に、「クリックする前にユーザーが見るもの」として考えなければいけません。

​本のタイトルと同じで、興味を喚起できないタイトルはクリックされないのです。

​また、ユーザーがタイトルを見てそのページに何が書かれているかを想像するのと同じに、検索エンジンもタイトルに記載されている内容をそのページの主だったテーマと判断します。

どちらか一方が抜けても効果を発揮しにくいのが、タイトルの特性なのです。

​ただし、あまり難しく考えると進まないので、※後で修正も効きますから、まずはスタートしてください。

​※サイトが大きく育ってからの修正は、アクセス減のリスクがあります。その場合の修正は、アクセス解析やサーチコンソールでG検索エンジンからどのように認識されているかをしっかり調べてから行いましょう。

​ポイント1・対策したいキーワードを必ず含める

​検索エンジンは、タイトルに記載されているキーワードを、そのページのメインテーマである可能性が高いと判断します。

検索ユーザーにとっても、タイトルは読むかどうかの判断基準になります。

仮に自分が検索したキーワード表示されなかったら、クリックしても自分が知りたい情報が無いのではと思ってしまいます。

これは機会損失です。

ですから、よほどの意図が限り狙ったキーワードは必ず含めましょう。

​ポイント2・ページの内容がわかるものにする

先ほどの例を見てみてください。

​一目で何のサイトかわかります。

ちなみにこれは「温泉旅館 ランキング」で検索したときに表示される検索結果です。

そのものズバリのタイトルですが、検索ユーザーの意図を考えています。

これならクリックせずにはいられないでしょう。

​​もしこれが「楽天トラベル」しか表示されなかったら、このサイトの中に何が書いてあるのかさっぱり分りません。

むしろ旅行会社の情報しか載ってないだろうと思い、クリックされないでしょう。

検索ユーザーの意図とタイトルのキーワードを合致させるとクリックされやすいタイトルになります。

​ポイント3・表示される文字数で記載する

​タイトルタグの場合全角で30文字前後が検索結果に表示され、それを大きく超過する場合には「…」で途切れてしまいます。

​30文字といってもあくまで目安で、検索時の状況によって多少前後します。

30文字以内にこだわる必要はありませんが、少なくとも「伝わってほしいことが途切れてしまう」ということがない方が何かとメリットがあります。

そういう意味では、検索キーワードを前に持ってきておくべきです。

途切れてしまっていては、検索ユーザーの目に入らないので、クリック率を下げる要因になります。​

また、あまり多くのキーワードを詰め込もうとすると、検索エンジンから見ると「何がメインテーマかわからない」となります。

実際Googleのヘルプでも、下記の事柄に注意してタイトルを付けることを推奨しています。

ページのタイトルと説明(スニペット)は、ページのコンテンツとウェブ上の参照元ページの両方を踏まえて、自動的に作成されます。スニペットとタイトルは、各検索結果を最大限にわかりやすく伝え、ユーザーが入力したクエリとの関連性を説明することを目標としています。

Google で表示される個々のサイトのタイトルやスニペットを手動で変更することはできませんが、できるだけ関連性の高いものとなるよう常に努めています。ページについて表示されるタイトルやスニペットの品質向上に役立つ一般的なガイドラインは次のとおりです。

ウェブページには質の高いタイトルを付けることが重要です。

  • サイトのそれぞれのページに <title> タグでタイトルを付ける。
  • 具体的でわかりやすいページタイトルを付ける。
  • キーワードを詰め込んだようなタイトルは避ける。
  • 同じタイトルや定型文を使用したタイトルは避ける。
  • タイトルを目立たせる。ただし、簡潔になるように気を付けます。
  • ページに対する検索エンジンのクロールの無効化に注意する。

※引用元:検索結果に効果的なタイトルとスニペットを作成する

そして肝心なユーザーにも、同じく伝わりにくいタイトルになってしまいます。

とくにSEOを意識しすぎて、キーワードの羅列になっていたら注意が必要です。

​※タイトルは短い方が実はSEOで有利に働くという専門家のレポートもあります。ここでいうタイトルとは、「サイト」のタイトルであって、個別「記事」のタイトルではないことに注意してください。

​ポイント4・クリックしたくなるタイトルにする

タイトルタグはクリック率に大きく影響します。

検索ユーザーは、自分の探しているものがありそうか、あるいは他のサイトよりも良い情報(商品)がありそうか、でクリックするどうかを判断します。

​まずはユーザーにそのページの内容を適切に伝えることとを考えましょう。

その上で数字や特徴などの他サイトとの違いを打ち出し、競合サイトよりもクリックさせる工夫が必要です。

​【例】

  • モデルも通う東京のおススメサロン紹介サイト
  • 年間100棟の実績!○○で新築住宅は○○工務店

​ポイント5・ニッチジャンルの場合、専門性のあるタイトルの方が強い

ニッチジャンルにテーマを絞った場合、タイトルに専門性を持たせると、その分野では「総合」サイトより上位表示されやすくなります。

​やはり、インターネットの特性といいますか、専門的なキーワードには専門サイトを表示させる傾向があります。

専門分野では上位表示されやすい、これが専門サイトの強みです。※総合サイトがダメという意味ではありません。専門を選ぶか総合を選ぶかは、運営者のビジネスモデルによります。

​ニッチジャンルを選んだ場合は、タイトルに専門性のあるキーワードを入れましょう。

​【例】

  • チラシのデザインサイト×
  • 手書きチラシ専門デザインサイト〇
  • 漫画チラシ専門デザインサイト〇
  • 美容院専門チラシデザインサイト〇

​ユーザー側からも専門というアイコンがあるとわかりやすくなります。

同じことを語るにしても、専門家という肩書がある方が、そのジャンルに関しては説得力が高まります。

​また、インターネットでは、ニッチなキーワードでそのものズバリを調べる人は多いです。

そのような見込み度の高いユーザーが集まるのも、専門サイトの強みです。

 

タイトル修正の注意点

​サイトが大きく育ってからの、サイトタイトルの修正はアクセス減のリスクが伴います。

良好な結果が出ているときのタイトルの修正は、慎重に行いましょう。

とくに、Googleが認識していると思われるサイトの属性から外れる場合は、アクセス減になる可能性があります。

大事なのは、検索キーワード(検索クエリ)とサイトの属性が一致しているか?です。

検索クエリと外れるサイトタイトルの修正は、アクセスを減らすリスクがあります。

​​修正して伸びる場合と下がる場合があることを、忘れないでください。

titleタグは、Googleが検索クエリとページの関連性を判断する重要なシグナルになります。俗な言い方をすれば、評価の高い・低いに関わってきます。

引用元:Search Console ヘルプ titleタグ・h1タグの重複について

 

まとめ

サイトタイトルは、SEO対策の要の部分になります。

それだけに、SEO効果の出やすい部分でもあります。

タイトルだけでアクセスアップできるわけではありませんが、その他のコンテンツに影響してくる部分が大きく、サイトのタイトルと、コンテンツのタイトル・内容の関連性で、検索順位が上にきやすくなります。

最初から正解を出すことはむずかしいですが、運営しながらアクセス解析やサーチコンソールで

  1. どんな検索クエリで調べられているか?
  2. そのときどのページが上位表示されているか?

を見ていくと、ここで述べている意味が良くわかるようになります。

研究とはどんなときも大切ですね。

しかっかりサイトタイトルを考えて、上位表示されるサイトを作りましょう。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


関連記事一覧

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。