MEO対策にGoogleマイビジネスの情報の更新は役立つか?

MEO対策

Googleマイビジネスへの最新情報の更新がMEO対策になる

今や新たな集客経路(しかも大きな)となりつつある、Googleマイビジネスの情報が表示されるローカル検索です。

そこでMEO対策を行いローカル結果の上位3つに入いることができれば、集客アップを約束されたようなものです。

そんなMEO対策で大事になるのが「情報の更新」です。

Googleの公式ヘルプでは、最新情報の更新が順位改善に役立つとハッキリ掲載されています。

それに加え、情報を更新して鮮度を保ったり、新たな情報を追加してお知らせすることは、ユーザーの購買意欲を刺激して販促に直結することになります。

何かというと上位表示させることがMEO対策となりがちですが、販促の一環としても「情報の更新」を意識しておくべきです。

 

Googleマイビジネスの情報の更新はMEO対策に有効

Googleマイビジネスのヘルプガイドでは

マイビジネスの管理画面に最新のビジネス情報を入力すると、ローカル検索結果の掲載順位が改善し、Google検索やGoogleマップで効果的にビジネスを宣伝できます。

と書いてあります。

つまり、マイビジネスの情報の更新は「MEO対策になる」ということです。

ただし、ランキングの公平性を保てなくなるとの理由から、アルゴリズムについての詳細は公開していません。

検索アルゴリズムの詳細は、すべてのユーザーにとって可能な限り公平なランキング システムを構築するために機密情報となっています。

引用元:Google のローカル検索結果の掲載順位を改善する

ですから、こういう情報の更新をしたら掲載順位が必ず上がるというわけでないことは付け加えておきます。

 

更新のないサイトVs更新のあるサイト

ここからはあくまで推測ですが、情報の更新について紹介する側の立場になって考えてみましょう。

何も更新しないサイトより定期的に更新するサイトの方が、ユーザーに役立つ情報が量も含めて「ある」と考え、評価を高くするのではないでしょうか?

Googleは良いサービスを紹介することで利用者を増やしたいと考えます。

下手なところが頻繁に紹介される検索サービスなら、Googleを利用する人は減ってしまいます。

その代表的なものが口コミです。

口コミも情報の更新の一種ですが、それがないよりもあった方が、検索ユーザーの役立つ情報となるため、上位表示の要因として加味されています。

口コミがランキングに影響することは、Googleマイビジネスのヘルプにもしっかり書かれています。

Google でのクチコミ数とスコアも、ローカル検索結果の掲載順位に影響します。クチコミ数が多く評価の高いビジネスは、掲載順位が高くなります。

上位表示を狙ったり、上位表示の順位をキープするには、やはり情報の更新は大切です。

 

Googleマイビジネスでできる情報の更新

次にGoogleマイビジネスに搭載されている機能で、情報を更新する方法を解説していきます。

その前に、ローカル検索の結果に店舗情報が表示されるには、Googleマイビジネスへの登録が必要です。

まだの方はGoogleマイビジネスへ登録しておきましょう。

Googleマイビジネス

店舗の情報

Googleマイビジネスのヘルプにも書いてありますが、次の情報はしっかり入力しておきましょう。

  • 情報の詳細を入力しておくこと
  • ビジネスオーナーの確認
  • 正確な営業時間の記入
情報の詳細を入力しておくこと

ローカル検索では、ユーザーの検索したキーワードと関連性が高いと認識されるほど、掲載順位が高くなります。

そのため、マイビジネスの情報を詳細に入力しておく必要があります。

入力する情報は、実際の住所、電話番号、カテゴリなどです。

まず、入力に漏れがないようにしておくことが第一です。

ビジネスオーナーの確認

マイビジネスに登録した情報がローカル検索で表示されるには、ビジネスオーナーの確認が必ず必要になります。

オーナー確認が行われるまでは、ローカル検索の結果に表示されないので注意してください。

正確な営業時間の記入

掲載順位の改善に役立つというより、ユーザーに正確な情報を知ってもらい安心して来店や申し込みができるために必要な情報です。

チラシなどの広告では、この手の情報を正確に記載しておくことは当たり前のことですが、営業時間や定休日が記載されていないと、「その日時にお店に行っても大丈夫か?」という不安につながります。

わざわざ行ったのにお店が閉まっていたらと考えると、良いお店と思っても行動はストップしてしまいます。

もちろん、営業時間の項目が空欄なら、「ユーザーに不利益」という理由で掲載順位が下がる可能性も考えられますので、しっかり入力しておきましょう。

写真の投稿

マイビジネスの機能にインサイトというアクセス解析があり、そこではマイビジネスに登録した写真の閲覧回数がカウントされています。

その一つの理由は、写真が買い物の購入動機として大事な指標になるとGoogleはみているからでしょう。

MEO対策の効果を測定。Googleマイビジネス「インサイト」機能を徹底活用

またマイビジネスのヘルプでも、掲載順位改善に役立つ施策として、写真の追加を挙げています。

それに何より、マイビジネスに表示されている写真は、ユーザーの注目の集まる箇所です。

情報の鮮度でいえば、写真は大事です。

新商品や新メニューなど、新たなものが加わったときは、マイビジネスの写真も一緒に更新しましょう。

それに、ビジュアルが購入動機につながるビジネスの場合(ファッション関係、飲食店など)、写真そのものが購入への訴求力を持つことになります。

その他の使い方でいえば、店長やスタッフなどの写真や店舗内の写真を公開することで、ユーザーの不安を解消することに役立ちます。

お店の人の顔が見えるということは安心につながります(もちろん笑顔の写真です)。

店舗の雰囲気がわかることは、「行ってみたいお店」と思わせたり、「自分に合いそうだ」といった情報を与えることができます。

このあたりはMEO対策と共に、販促・集客の施策として写真を活用していきたいところです。

投稿機能

マイビジネスには投稿機能も備わっています。

投稿機能を使って情報を更新することが掲載順位にどれほど影響するかはわかりません(マイビジネスのヘルプでも触れられてないため)。

ただ、MEO対策以外でも販促の一環として使うための機能が充実していますので、それらの機能を活かせば売上げアップに役立てられます。

投稿機能はブログやSNSと同じ感覚で使えます。

投稿には行いたい販促によって、次のボタン機能が備えられています。

詳細

記事の続きで、詳細な説明のあるページにリンクしたいときに使います。

予約

予約ページのリンクを張ることができます。予約管理できるページにリンクさせると、ユーザーの利便性がよくなります。

申し込み

申込ページにリンクさせます。イベントやセミナーなどのお申込みに使えます。

購入

商品の購入ページにリンクさせます。投稿機能で新商品の紹介をし、そのまま購入という流れでも使えます。

クーポンを入手

割引券や招待券の配布に使えます。

投稿機能に写真を掲載するこもできるので、手軽な販促として有効活用できまます。

たとえば飲食店なら「本日のおすすめ」や「新鮮食材の入荷」、「5時までの限定メニュー」といった販促を行うことができます。

ローカル検索の特徴は、「近く ランチ」のような、今すぐ客を集められることです。

そのような濃い見込み客に、写真を使った販促を行うことは、非常に強力な手段となります。

MEO対策として投稿がどれだけ影響するかははっきりわかりませんが、販促手段としても使えますので有効活用しましょう。

口コミ

口コミの投稿数や星での評価が掲載順位改善に影響力があるのはハッキリしています。

Google でのクチコミ数とスコアも、ローカル検索結果の掲載順位に影響します。クチコミ数が多く評価の高いビジネスは、掲載順位が高くなります。

そのため、マイビジネスへ口コミ投稿していただけるようお客様に積極的に働きかけることは、MEO対策として大事な施策になります。

ただし、Googleが認めているのは自然な口コミと評価です。

否定的な口コミの投稿を禁止したり、高評価だけの口コミを集めるやり方はガイドライン違反になる可能性がありますので気をつけましょう。

Googleマイビジネス、レビュー投稿ガイドラインを更新、レビューの選別や誘導を禁止

口コミには返信を

口コミへの返信についても、順位改善に役立つことがマイビジネスのヘルプに掲載されています。

マイビジネス以外でも、口コミの投稿がされても、スタッフから返信もなくそのまま、という状態を良く見かけます。

WEB上では、誰もが口コミを見ることができます。

そこで返信がない状態なら、冷たい印象のお店に感じてしまいます。

また、口コミ投稿した人も、お店からの返信があればうれしいものです(もちろん肯定的なメッセージである必要があります)。

それは、MEO対策を超えてリピートにも影響してくることです。

口コミへの投稿を促す施策と返信はしっかり行っていきましょう。

動画

マイビジネスでも、動画を投稿できるようになりました。

アップロード可能な動画の長さは30秒までですが、動画を有効活用すれば、これも販促手段として強力なツールになります。

動画とは別に、Googleストリートビューで店内を360度見渡せる機能もありますが、動画でも店内の雰囲気を感じていただくことができます。

飲食店では出来立ての料理を動画で見せれば、かなりの販促インパクトがあります。

お腹が減っている人にとっては、ビジュアルと音と動きで食欲を刺激するのは効果的です。

 

ユーザー視点を忘れない

MEO対策といえばGoogleの方だけを見てしまいがちですが、本当に見なければいけないのはユーザーの視点です。

せっかくローカル検索で上位表示されたとしても、マイビジネスの情報がショボければ、購買意欲につながりません。

WEB上は「比較」が簡単にされることを忘れてはいけません。

魅力のない情報だけなら、他のお店の情報を探しに行ってしまいます。

Googleマイビジネスに訪れたユーザーが、どうすれば来店や申し込みをしたくなるか?その視点で情報を充実させておくことが大切です。

もちろん、実際の商品・サービス、接客、雰囲気などが、ユーザーの期待を上回ることはもっと重要であることは付け加えておきます。

 

まとめ

Googleマイビジネスの情報を更新することがMEO対策としてどれくらい大切かについて解説してきました。

繰り返しますが、MEO対策を行ってローカル検索にヒットすることも大事です。

ただそれだけでは、肝心なユーザーの視点を忘れてしまいます。

ユーザーの視点を持ちつつMEO対策を行えば、それがもっとも効果を発揮する方法になります。

マイビジネスの情報の更新をして、MEO対策に役立てましょう。



Twitterも更新しております。フォローをよろしくお願いいたします↓


売れないお悩みを解決。超「売れる」ランディングページを徹底追及!

下記に一つでも思い当たるなら集客屋にお任せください。
・ランディングページのコンバージョン率が低い。
・オンラインで商品・サービスを販売したい。
・オンライン広告をはじめたい。
・販売不振を解消したい。
・オンラインで集客できる仕組みを作りたい。
高いパフォーマンスを発揮するランディングページを提供して、「売れない」悩みを解決いたします。

詳しくはこちらをクリック
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


関連記事一覧

フォローするとTwitterの更新情報が届きます。

カテゴリー

アーカイブ