SEO対策攻略のレベルが上がった3つの理由

SEO対策

SEO対策の攻略難易度は上がっている

SEO対策のレベルは着実に上がっています。

何の考えもなく記事を書いて上位表示されるほど甘くはない環境になっています。

もちろん検索順位は相対的に決まるものなので、ライバルが弱いキーワードなら簡単に上位表示もされますが、コンスタントに狙うなら適当に投稿しても順位は上がりません。

 

現在のSEO対策は「コンテンツ」「キーワード」「被リンク」がメイン

最初にお伝えしておきますが、現在のSEO対策に専門的でむずかしい知識は必要ありません。

SEOに関する専門的な知識がなくとも、検索エンジンの方で我われの知識不足をカバーしてくれるくらい、現在の検索エンジンは進化しています。

では現在のSEO対策で何が大事かというと、

  1. コンテンツ
  2. キーワード
  3. 被リンク

の3つです。

この3つで検索順位の大方は決まってしまいます。

検索はキーワードによって決まりますので、ニーズのある検索キーワード選びが大切になります。

【SEO対策】最短で上位表示を目指すキーワード完全攻略法

そして次にコンテンツです。

コンテンツはオリジナル性があって、検索ユーザーに役に立つ情報であると検索順は上がりやすくなります。

さらにそのページ(コンテンツ)に外部からリンクが付く(これを被リンクといいます)と、より検索順位が上がり、その上順位も安定しやすくなります。

今の検索は、キーワード、コンテンツ、被リンクの3つでほぼ順位が決まると覚えておきましょう。

地域SEO対策で「地域名+業種」キーワードを攻略する方法

 

SEO対策のレベルが上がっている3つの理由

SEO対策で重点的に攻める要因はつかめましたが、年々SEO対策で上位表示を狙う難易度は上がっています。

その理由として考えられるものに次のものがあります。

理由1・他サイトのコンテンツの高品質化

他サイトのコンテンツも高品質化していますので、それだけで順位の優劣がつきにくくなっています。

先ほど挙げたSEO対策の重要性の中で、もっともウエイトを占めるのがコンテンツの質です。

たとえニーズのあるキーワードを選んでも、コンテンツの質がしょぼければ検索順位は上にきませんし、被リンクが付いていても同様です。

ユーザーにとって有益な記事、もっといえば検索ユーザーの「検索意図」を満たした記事でなければ、まず検索順位は上がりません。

SEO対策は王道で。上位表示されるコンテンツ作りに忘れてはならないもの

上位表示を狙う上で絶対に欠かせないものが、「コンテンツの高品質化」なのです。

そのことに他サイトの運営者も気づいていますので、当然ながらランキングの上を狙うために高品質のコンテンツをぶつけてきます。

そうすると高品質のコンテンツが多くなり、コンテンツの中身で差をつけることがむずかしくなってきているのです。

理由2・コンテンツがインデックスされない

インデックスとは、Googleのデータベースにそのページが登録されることです。

登録されなければ検索順位も付きませんので、SEO対策にとってインデックスが何より大切なことはご理解いただけると思います。

検索エンジンの仕組み。SEO対策はこの3分野から

このインデックスの基準が以前より上がってきているのです。

具体的には1000文字程度の文字量がないと、Googleからインデックスされません。

そうなると、日記に毛の生えた程度の記事やお知らせ記事、ちょっとしたノウハウ記事を一生懸命投稿したところで、SEO対策として何の効果もないことになります。

コンテンツにSEO対策の効果を持たせるには、最低でも1000文字くらいの文字数で記事を作成しなくてはいけません。

ちなみにGoogleの検索エンジンは、低品質記事を低評価するという仕組みがあります。

そうなると、質の高い記事がいくつかあったとしても、低品質記事にまみれて、全体的な評価を落とすことになります。

とにかく更新しなければと文字数の少ない低品質記事を量産することは、SEO対策としてマイナス効果しかありません。

理由3・定期更新が必要

検索順位を保つには、ページやサイトの「定期更新」が必要です。

検索1位を取れたからと、何もしないで放置していると、徐々に順位が落ちてきます。

被リンクを獲得してないコンテンツのみのページだと、なおさらこの傾向が顕著になります。

定期更新は検索ユーザー目線で考えても大事な項目です。

仮に3年前の情報に触れたときユーザーが考えるのは、大半は「古い情報だが、この情報を信んじても大丈夫か?」です。

しかし最終更新日が最近の日付なら、信頼性は上がります。

Googleの検索エンジンがユーザー目線であることを考えるなら、「更新」を評価ポイントにしていてもおかしくはないでしょう。

もちろん、すべてに新しいことが評価されるわけではなく、検索クリエによって情報の鮮度の重要性はわかれますが。

そしてアップしたコンテンツを放置している場合何が起こるかというと、理由1で挙げた他サイトとの競合です。

複数の他サイトが同じような質のコンテンツをアップしてきます。

ずっと更新されてないページと、更新の日付が新しいページ群に次々に出てくると、その中にだんだんと埋もれていってしまいます。

ユーザーにとって好ましい検索環境

ここまで挙げてきたSEO対策のレベルが上がってきている理由は、Googleにとっては好都合なことかもしれません。

常に情報が新陳代謝を繰り返してアップグレードして出てくるのです。

これほどユーザーにとって好ましい検索環境はないでしょう。

 

サテライトサイトのリンク効果を保つには手抜き厳禁

そしてこれはインターネット上のすべてのサイトに当てはまる基準になります。

したがって、あなたがサテライトサイトを作ってリンクを送る場合にも適用されます。

サテライトサイトからのリンク効果を保つためには、

  1. ある程度の品質を持つコンテンツ
  2. インデックス基準を満たすコンテンツ
  3. 定期更新のあるコンテンツ

という3つの基準をクリアしないといけないのです。

もし

  1. 自動作成ツールで作った記事
  2. サテライトサイトだからと手を抜いた記事
  3. サテライトサイトを作りっぱなし

のようなことをしていると、いくらサイトを作ってリンクを送っても、SEOの効果はなくなってしまうのです。

こういった従来からあるSEO対策についても、難易度が上ってきています。

 

まとめ

現在のSEO対策はあれこれむずかしいことを考える必要はなく、「コンテンツ」「キーワード」「被リンク」という3つのことに集中すればよい環境になりました。

しかし、Googleが求める

  1. 高品質のコンテンツを提供すること
  2. インデックス基準を満たすコンテンツを作ること
  3. 定期更新をすること

を満たさないと、検索順位が上がらなかったり、上位表示されたとしても順位が落ちてしまうということになってしまいます。

SEO対策のレベルは確実に上がってきています。

SEO対策をむずかしく考える必要はありませんが、簡単ではありません。

根気とマメさを持ってSEO対策に取組みましょう。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


関連記事一覧

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。