【リスティング広告】リード獲得のコンバージョン率0.9%を2.2%まで改善した3つの方法

リスティング広告集客

コンバージョン率0.9%→2.2%に改善

リスティング広告のリード獲得広告で、0.9%のコンバージョン率を2.2%まで引き上げることができました。

獲得単価も5000円台から3000円台まで下げることができました。

そのコンバージョン改善策は主に3つです。

ランディングページのコンバージョン率改善で決まって出てくる定番の、キャッチコピーやヘッダー画像がなんちゃらという施策ではありません。

行ったのは

  1. ランディングページのSSL化
  2. コンバージョンタグの設置
  3. 動画の設置

の3つです。

 

リード獲得広告の注意点

まずリード獲得広告がわからない人のために、リード広告とは見込み客を集める広告のことです。

「Lead」は「見込み客」という意味を表します。

要するに見込み客のメールアドレスを集める広告です。

良くあるパターンとして、無料レポートをプレゼントするかわりに、見込み客のメールアドレスを登録してもらう手法があります。

ここで一つ注意点があります。

無料だからといって何でもいいといきません。

無料でも「反応のよいもの」と「反応の悪いもの」の2つにわかれます。

反応の悪いものは、たとえ無料でも反応がとりにくいです。

その原因の一つとして「無料だから」という考えがあります。

無料で反応が取れるのは、「それが無料!」というギャップです。

通常は3万円するものが無料、あるいは「レポートの中身がどうしても知りたくなるもの」、このどちらかを満たすことで無料レポートで反応を取ることができます。

ただ単に「無料だから反応が取れる」という認識は間違いです。

 

リード獲得広告のコンバージョンを改善した3つの方法

前置きが長くなりましたが、それではコンバージョン率を改善した3つの施策について解説してきます。

1・ランディングページのSSL化

SSL化とは、インターネット上でのデータの通信を暗号化し、盗聴や改ざんを防ぐ仕組み(プロトコル)のことです。

要するにWebサイトの安全性のことです。

WebサイトのSSL化を行うには、「http」を「https」に移行しなくてはいけません。

これが広告のコンバージョン率と何の関係があるのかといいますと、現在GoogleのプラウザChrome(クローム)は、「https」に移行してないWebサイトに「保護されてない通信」という警告文がアドレスバーに出るようになっています。

この警告文がユーザーの行動をストップさせてしまう原因になります。

気にならない人は気にならいでしょうが、仮にも個人情報のメールアドレスを登録しようというときに、「保護されてない通信」と出れば、いったいどんな気持ちになるでしょう。

第三者に情報が盗まれるのではないかと、気持ち悪くて躊躇してしまいます。

ある意味企業の信頼性にも関わる問題です。

ちなみに、Chromeの日本国内でのシェア率は約43%でダントツです。

その中で警告文が表示される意味は大きいです。

また広告の反応を上げるには、当たる要素を探すより、外れる要素を潰した方が確実に数字は上がります。

SSL化による安全性はまさにそれです。

こういったセキュリティに関することは、絶対押さえておかなければいけないポイントです。

2・コンバージョンタグの設置

リスティング広告でコンバージョン率を上げるには、コンバージョンタグの設置は必須です。

コンバージョンタグは広告の成果を確認するための設定で、リード広告でメルアドの登録が発生するとコンバージョンがカウントされます。

このコンバージョンタグを設置することで、AIがどういった傾向を持つユーザーがコンバージョンになるかを学習してくれます。

傾向とは

  • どのような検索キーワードを入力した人がコンバージョンになるか
  • どの曜日・時間帯がコンバージョンにつながりやすいか
  • どの広告文を表示したユーザーにコンバージョンが発生したか

といったことです。

これをAIが学習し、似たような傾向のユーザーに重点的に広告を表示するようになります。

その結果獲得単価は下がり、コンバージョン率は上がる効率的な広告運用ができるというわけです。

リスティング広告は競合の参入で競争が激しくなってきています。

その中で成果を出すには、このような基本を抑えて運用をしなくては、思うような結果は出ないでしょう。

タグを設置してユーザーの傾向を把握し、そこでコンバージョンを得られるということは、いわば川上で顧客を掬い上げられているようなものです。

そのような状態で川下で起きるのは、残り少ない顧客の争奪戦です。

必然的に獲得単価は上がり、コンバージョン率も下がります。

リスティング広告は、もう勘で勝負する時代ではないのです。

3・動画の設置

動画をトップ画像の代わりに設置しました。

動画といっても凝ったものではなく、セリフを話して(しかも棒読み)、画像をスライドさせるだけの簡単なものです。

ダイレクト出版でおなじみの、いわゆる動画セールスレター形式の動画です。

それでもコンバージョンに好影響をもたらしました。

動画を視聴する人は、それなりに関心度が高いので、そのユーザーに動画で何らかのメッセージで訴えかければ、登録を促す効果があります。

これは以前にも教材を販売したときに動画セールスレターで実証済みで、動画の視聴回数は少ないながらも16%のコンバージョン率が出ました。

動画を視聴する人はそれだけ濃い見込み客ということです。

ちなみに成果が出るか出ないかわからない段階で、凝った動画を作ろうとするのは危険です。

たとえ凝った動画を作っても、それでどれだけコンバージョン率が改善するかは未知数です。

そんなことにお金も労力もかけるなんてナンセンスです。

お金や労力をかけるのは、反応が取れることがわかってからです。

まずはコストをかけずにテストしてみるのをお勧めします。

 

まとめ

リード獲得広告で、コンバージョン率を0.9%から2.2%に改善できた手法を解説してきました。

正直いって、3つ同時に変更したので、どれがどの程度効いたのかはわかりません。

とくに動画の導入は少し微妙です。

しかしながら、ランディングページのSSL化とコンバージョンタグの設置の影響は大きいです。

よくいわれる、キャッチコピーがなんちゃらとか、トップ画像がどうたらよりも、コンバージョンに影響すると断言できます。

キャッチコピーやトップ画像は、基本の基本を抑えてから行うべき施策です。

順番は間違えないようにしましょう。

リスティング広告のコンバージョンが上がらないときは、

  1. ランディングページのSSL化
  2. コンバージョンタグの設置
  3. 動画の設置

を取入れてみてください。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


関連記事一覧

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。