「地名+外壁塗装」でガンガンヒットする外壁塗装会社のSEO対策

SEO対策

「外壁塗装」で上位表示

リフォーム依頼の顧客獲得手段に、今やWeb集客は欠かせないものになりました。

そこで各社力を入れているのが、検索でアクセスを集めるSEO対策です。

SEO対策を行い検索順位を上げることができれば、無料で安定的にアクセスを集められ、さらにキーワードによっては濃い見込み客を獲得できます。

とくに「外壁塗装」のようなキーワードで検索1位を取ることができれば、大きな売上を期待できます。

Web集客に取組む外壁塗装会社なら、ぜひチャレンジしておきたいところです。

この記事では「外壁塗装」のキーワードで検索順位を上げるSEO対策について解説します。

地名SEO対策「地域名+業種」キーワードで検索順位を攻略する方法

Web集客にSEO対策が必要な理由

インターネット集客では、検索経由のアクセスが主軸となります。

その割合は8割以上です。

したがって広告以外は、検索経由を無視してWeb集客を行うことはできないのが現実です。

そのためSEO対策をWebサイトに施すことは必須の施策といえます。

ただしSEO対策は「間違った方法」で行っても効果はありません。

「正しい方法」でSEO対策を行うことで、「外壁塗装」で検索順位を上げることができます。

ローカル検索の登場でチャンスができた

そしてもう一つ重要なのがローカル検索です。

ローカル検索とは、検索ユーザーの位置によって検索結果が変わるシステムのことです。

ローカル検索はスマホ普及と関係していて、移動しながら検索するスマホユーザーに最適な情報を届けるためのものです。

たとえば大阪府堺市で「外壁塗装業者」を探している人に、鹿児島県鹿児島市の外壁塗装業者の情報を表示しても意味がなく、その地域に合った情報を返すことが求めらます。

そんなスマホユーザーのニーズに合わせて登場したのがローカル検索です。

このローカル検索システムの導入により、外壁塗装会社が位置するエリア内で「外壁塗装」で検索された場合、検索にヒットしやすい状況が生まれました。

要は会社の存在するエリア内では、地域の外壁塗装会社が上位表示されやすくなったのです。

仮に「鳥取市 外壁塗装」と検索した場合、Googleマップと一緒に外壁塗装に関連した会社が表示されます。

これつまり、ローカル検索の登場により、地域型の会社にとって集客のしやすい環境ができたということです。

ですから、外壁塗装で売上を上げたい会社は、なおさらSEO対策に取組んでおくべきです。

今すぐできるMEO対策!ローカル検索で集客効果を3倍にする方法

ローカル検索で狙うキーワード

上記での述べたように地域密着型の外壁塗装会社が行うべきSEO対策は、地域に限定されたものです。

したがって外壁塗装会社が狙うキーワードは、地域名を含んだものになります。

  • 地域名+外壁塗装
  • 地域名+外壁+リフォーム
  • 地域名+外壁+塗り替え
  • 地域名+外壁+サイティング
  • 地域名+外壁+張替え

このように「地域名+外壁」を中心に据えたキーワードで検索上位表示を目指します。

外壁塗装会社のSEO対策

SEO対策は次の3つがメインになります。

  1. キーワード
  2. コンテンツ
  3. リンク

この3つで検索順位の8割は決まるといっても過言ではありません。

あとの細かいSEO対策もありますが、その影響は上記3つに比べて小さいです。

ではそれぞれの対策について解説していきます。

Googleが検索順位を上げる6つの要因

1・外壁塗装のSEO対策【キーワード】

外壁塗装会社が狙うキーワードは主に「地域名+外壁塗装」をメインにしたものです。

しかしこのような集客につながるキーワードは、他の外壁塗装会社も同じように狙っています。

そのため競合が多く、SEO対策もしっかり準備してきているため、検索順位を上げることがむずかしくなってきます。

そこで最初は難易度の高い「地名+外壁塗装」は避け、「ロングテールキーワード」を攻略します。

ロングテールキーワード

ロングテールキーワードとは、「地名+外壁塗装」にさらにキーワードを組み合わせたものです。

  • 地名+外壁塗装+相場+50坪
  • 地名+外壁塗装+モルタル壁
  • 地名+外壁塗装+評判
  • 地名+外壁塗装+耐用年数

ロングテールキーワードの特徴は、アクセス数は少ないですが、競合が少なく比較的簡単に上位表示されやすいことです。

しかもキーワードを組み合わせたロングテールキーワードの方が、意外に申込につながりやすいというメリットもあります。

キーワードの設定の仕方
トップページ:タイトルタグ<title>

トップページには

  • 地域名+外壁塗装
  • 地域名+外壁リフォーム

などの一番狙いたいキーワードを持ってきます。

キーワードは<title></title>(タイトルタグ)の間に入れます。

タイトルタグに入れるキーワードによって、検索エンジンが何を取り扱うWebサイトかを認識します。

このとき会社名もタイトルに入れるようにしましょう。

会社名で検索してくる人は、かなり興味のある人と推測できますので、そのような方を逃さないためにタイトルに入れておきます。

SEO対策の要は「title」タグ。アクセスアップはタイトルタグで決まる

2層目:h1タグ

次に2層目のキーワードの振分けを行います。

2層名は「地域名+外壁塗装」以外の関連キーワードやロングテールキーワードでページを横展開していきます。

キーワードは<h1></h1>(h1タグ)内に入れていきます。

各ページにも地名を入れます。

それ以外にも下記のページを作ります。

  • 事例紹介(ビフォーアフター)
  • 施工の流れ
  • お客様の声
  • スタッフ紹介
  • Q&Aコーナー
  • お問合せ

など

SEO対策に強いWebサイトには3層目を作る

2層でも「地域名+外壁塗装」で検索順位を上げることは可能ですが、競合が強かったり、確実に上位表示を狙うなら、Webサイトを3層構造にします。

たとえば、2層目のページを「地域名+外壁塗装+防水」というカテゴリーページを作ります。

その下に「地域名+外壁塗装+防水」の関連キーワードでページを作っていきます。

こういった関連ページ群があるWebサイトは、専門サイトとして認識され検索エンジンからの評価が上がります。

さらに下層からリンクがカテゴリーページに集まり、さらにその上のトップページに下からのリンクパワーを送ることができ、それが最終的に「地域名+外壁塗装」で検索順位を上げることができるようになります。

検索エンジンはリンクが集中ページを「重要なページ」と認識します。

そのため、最終的に順位を上げたいキーワードを、トップページに持ってくるようにするのです。

もちろん、3層目の各ページでもロングテールキーワードでアクセスを集められますし、その上部にある2層目のカテゴリページも上位表示を狙えます。

SEO効果を最大限にするサイト構造の作り方

申込みがくるアクションキーワードを入れる

申込みにつなげるには、意図的に「アクションキーワード」を入れるようにします。

アクションキーワードとは「今すぐ客」が検索で使うキーワードのことで、即お申込みにつながりやすいキーワードです。

たとえば外壁塗装なら次のようなキーワードがあります。

  • 外壁塗装+価格
  • 外壁塗装+単価
  • 外壁塗装+見積
  • 外壁塗装+安い(激安)

このようなキーワードをページのタイトルに入れておくことで、濃い見込み客を逃さず申し込みへつなげられます。

【SEO対策】最短で上位表示を目指すキーワード完全攻略法

2・外壁塗装のSEO対策【コンテンツ】

現在のSEO対策はコンテンツがメインとなっています。

キーワード、リンクがあっても、コンテンツの中身の評価が低ければ、検索順位は上がらないくらいです。

そのため、コンテンツは気合を入れて、Googleの検索エンジンから評価が高くなるよう作らなくてはいけません。

ではGoogleの検索エンジンが高く評価するコンテンツとはどんなものか?

それは次の4つを満たすコンテンツです。

  • 検索意図
  • 網羅性
  • オリジナル性
  • 専門性(E-A-T(専門性、権威性、信頼性))

SEO対策に効くユーザーファーストのコンテンツの作り方

1・検索意図

現在の検索エンジンは、検索意図を満たしたコンテンツを上位表示するようになっています。

検索意図とは、「ユーザーは何を知りたくてその検索キーワードで検索したか?」その意図です。

なぜ検索意図を満たしたコンテンツであることが重要かというと、ユーザーの知りたいことを正確に把握し、その疑問への回答を的確に返してくれる検索エンジンなら、これほど便利なものはなく、その結果として利用者がたくさん増えるからです。

検索利用者が増えれば、Googleという企業の利潤も潤います。

Googleは検索エンジンの黎明期からこの目標を掲げ、検索エンジンのアップデートを繰り返してきました(現在も繰り返い行われています)。

その結果、便利なGoogleの検索エンジンを利用する人は、世界中で爆発的に増えました。

「ユーザーの検索意図を的確に把握し、その疑問への回答を正確に返す」

これはGoogleの根幹ともいえる命題です。

であるなら、検索意図を満たすコンテンツを作れば、逆にGoogleの方が勝手に順位を上げてくれるということなのです。

ではその検索意図を調べるにはどうすればよいか?

答えは簡単です。

あなたが上位表示させたいキーワードでGoogleで検索してみれば、すぐに検索結果が出てきます。

そこで並べられた検索結果こそが、Googleがユーザーの検索意図を満たしたコンテンツであると考えるWebページなのです。

あとは、そのページのコンテンツを調べて(1位~10位まで)、何が検索意図なのか抜き出していけばよいだけです。

SEO対策は王道で。上位表示されるコンテンツ作りに忘れてはならないもの

2・網羅性

検索順位を上げるためには、「網羅性」ということもポイントになります。

先ほど検索順位を上げるためには「検索意図を満たしたコンテンツ」であることが必須条件だと述べましたが、ユーザーの検索意図といっても、一つしかないわけではありません。

たとえば「外壁塗装 張替え」と検索している人は「壁の張替えをしたい」という人たちばかりではないですよね。

  • 「外壁の張替えにはどんな方法がある?」
  • 「外壁の張替え費用はどのくらいか?」
  • 「外壁の張替えで気をつける点は何?」
  • 「ほかに安くなる方法はないか?」
  • 「外壁への張替えが必要になる期間は?」

など、挙げていくといろいろ出てきます。

このような、さまざまなユーザーの検索意図を満たすコンテンツを網羅しているWebページは、実は順位が上に来やすくなります。

その理由は、そういったページなら、ユーザーにとって便利だからです。

仮に検索1位にユーザーの知りたい内容がすべて含まれているWebページがあるなら、これほどユーザーにとって便利なページはないでしょう。

ユーザーにしてみれば、そのページのみで用事が済んでしまうわけですから。

もちろん、ユーザーは比較や情報収集もしているので、ページを渡り歩くという行動もしますが、基本、検索ユーザーが1位~10位まで検索結果を行ったり来たりするということは、Googleがユーザーの満足する検索結果を返してないともいえるのです。

ですからさまざまな検索意図を含んだコンテンツを上位表示させようとするのも、合理的な行動なのです。

今の検索エンジンは、過去に蓄積したデータの分析やAIの進化により、かなり正確にユーザー検索意図を満たすコンテンツを返すといわれています。

ということは、狙いたいキーワードで検索して表示された検索結果は、かなりの確率で現在のユーザーの検索意図を満たすということであり、その検索意図をすべて網羅したコンテンツは、やはり順位が上位に行きやすいということなのです。

ユーザーの満足度を上げることが即SEO対策になる

網羅性を含んだコンテンツは文字数も多くなる

ちなみに、Googleには「何文字以上だから評価が高くなる」という基準はありませんが、文字数が多い方が検索順位は上にきやすくなります。

その理由は網羅性が関係しています。

さまざまなユーザーの検索意図を網羅するコンテンツは、必然的に文字数も多くなります。

そのため文字数の多いコンテンツは検索順位が上になりやすいのです。

目安としては1ページ2000文字以上です。

コンテンツを作るときは意識しましょう。

3・オリジナル性

コンテンツのオリジナル性もGoogleから評価が高くなります。

検索ユーザーはいろいろな情報を知りたいという欲求があります。

さまざまな情報があれば、その中でベストな情報を取捨選択できるからです。

にもかかわらず、同じような情報しか検索エンジンが返さなければ、ユーザーの満足度は下がってしまいます。

ですからそのWebサイトにしかないオリジナルの情報を高く評価するのです。

お客様の声はその会社にしかない情報です。

お客様の声を有効活用してオリジナルコンテンツを作りましょう。

4・専門性(E-A-T(専門性、権威性、信頼性))

専門性の高いコンテンツもGoogleは評価します。

2018年7月には、「検索に関するガイドライン」において、専門性、権威性、信頼性(略してE-A-T)を品質基準に含めました。

E-A-Tとは、高品質なコンテンツの特長3つの頭文字を取った、Googleの造語です。

  1. Expertise(専門性があること)
  2. Authoritativeness (権威があること)
  3. TrustWorthiness (信頼できること)

Googleの検索結果は社会的信頼性があります。

Googleが検索結果に表示するコンテンツは、信用に足るものだという空気があります。

そのためフェイクニュースや出鱈目な情報を信じてしまう人も出てきました。

Googleは一企業ですが、検索結果に社会的責任があり、そのような信頼性の低い情報を排除する動きになりました。

ですから、専門性、権威性、信頼性をあらてめ品質基準の中に入れたのです。

とはいえ、具体的にE-A-Tが何なのかといえばはっきりしているわけではありません。

しかし権威性のある専門家が書いた記事は、一般的に信頼性が高く、検索ユーザーの有益になるコンテンツが多いです。

したがってGoogleは、専門的なWebサイトの評価を高くするのです。

ちなみに、

  • ウェブサイトの情報、もしくは、ウェブサイトの責任者についての情報
  • ウェブサイトの評判

といったWebサイトの運営者やコンテンツの執筆者が誰なのかも見られています。

SEO対策で考えるなら、匿名での執筆や運営は不利になりますので、素性を明らかにし、専門家であることをアピールする必要があります。

確実にドメインパワーを上げるには高品質コンテンツの数の投入が必要

3・外壁塗装会社のSEO対策【リンク】

リンクは外部リンク・内部リンク供に評価の対象になります。

Googleはリンクを「支持票」の一つとみなしていますので、リンクが集まるページの評価を高くしてくれます。

内部リンクは重要なページ(検索順位を上げたいページ)にリンクを集中させるようにします。

外部リンクは、自演や業者に依頼する以外は、自分でコントロールできませんので、自然につくものが評価の対象になります。

ただしどんなリンクでも評価の対象となるわけではありません。

  • 外壁塗装やリフォーム関連のWebサイトからのリンク
  • 検索エンジンから高く評価されているWebサイトからのリンク
  • リンクがたくさん付いているWebサイトからのリンク
  • 同じジャンル(外壁塗装)のWebサイトからのリンク
  • 定期更新しているWebサイトのからのリンク

といったリンクが評価の対象になります。

もし外部リンクを自演や業者に依頼する場合は、上記の条件を満たさないといけないことは留意しておきましょう。

SEO対策に外部リンクが大事な理由

スマホSEO対策

現在のアクセスの主なものはスマホからです。

したがってサイトの構造をスマホに合わせて作らなくてはいけません。

またGoogleの検索エンジンも、スマホが基準になっています。

そのため、SEO対策もスマホに合わせておかなくてはいけません。

検索順位を上げるスマホSEO対策

WebサイトはレシポンシブWebデザインで作る

レシポンシブWebデザインとは、PC、タブレット、スマホ、ガラケーといったそれぞれのデバイスに合わせ、画面表示を自動調整してくれる機能です。

これにより、一つのHPですべてのスマホに対応できます。

レシポンシブWebデザインを導入することによって、Googleの順位評価の一つ、モバイルフレンドリーの基準をクリアすることができます。

モバイルフレンドリーとは、そのWebサイトがどれだけスマホに最適かを見る基準で、モバイルフレンドリーでないWebサイトは検索順位を落とす可能性があります。

モバイルフレンドリーかをテストするのは下記からできます。

モバイルフレンドリーテスト

モバイルファーストインデックス

モバイルファーストインデックス(以下MFI)とは、モバイルページがインデックスの評価の基準になることです。

インデックスとはGoogleのデータベースに登録されることをいいます。

Googleにインデックスされたデータにより検索順位は決まりますので、どのようなデータが登録されるかは重要です。

これまではPC用のページがインデックスの対象でした。

それが今後はモバイルページが対象になります。

レシポンシブWebデザインでWebサイトを運用していれば問題ないですが、PC用、モバイル用とページを別で管理している場合は注意が必要です。

仮にPC用のページよりモバイル用ページの方が情報が少なければ、検索順位を落とすことになるかもしれないからです。

そういった意味も含めてレシポンシブWebデザインの導入をお勧めします。

【保存版】ザクザク集まるスマホ集客術

Googlマイビジネスへの登録は必須

地域ビジネスの場合、Googleマイビジネスへの登録は必須です。

なぜならGoogleマイビジネスに登録しないと、Googleマップ上に表示されないからです。

たとえば「鳥取 外壁塗装」と検索すると検索結果には、Googleマップの情報と一緒に会社情報が表示されます。

この表示される情報は、Googleマイビジネスへ登録した情報です。

したがってGoogleマイビジネスへの登録が必須となります。

Googleマイビジネス

このGoogleマップと一緒に表示されるための対策をMEO対策(マップエンジン最適化)と呼びます。

Googleマップと一緒に表示される仕組みは

  1. 検索キーワードとGoogleマイビジネスの登録情報との関連性
  2. 検索キーワードに含まれる地域名と工務店の所在地までの距離
  3. 外壁塗装会社の知名度や人気

となります。

1・検索キーワードとGoogleマイビジネスの登録情報との関連性

Googleマイビジネスに登録する情報で、表示されるかどうか決まります。

したがってメインとなるキーワード(外壁塗装)や関連キーワード(リフォーム、張替えなど)はしっかり入力しておきましょう。

2・検索キーワードに含まれる地域名と外壁塗装会社の所在地までの距離

ローカル検索は地名を含めて検索されることや、検索ユーザーとの位置関係によって表示が決まってきます。

そのため地名や場所を示す用語(○○公園など)を、

  • タイトル
  • 各記事のタイトル
  • コンテンツ内

に意識して入れるようにしましょう。

地名や場所を示す用語がないと、検索エンジンにヒットしない可能性が出てきます。

要はGoogleの検索エンジンに正確な会社の位置を認識してもらうことが大事なのです。

ですから

  • Web上の住所の表記は統一する
  • Webサイトの電話番号は市外局番を記載する
  • WebサイトにGoogleマップを埋め込む

といったことも必要になります。

音声検索のSEO対策。音声検索で上位表示されるには?

3・外壁塗装会社の知名度や人気

Googleは信頼性のあるお店や会社を上位表示させたいと考えています。

下手なお店や会社を紹介してしまえば、Googleの利用者の満足度が下がり、結果として利用者が減ってしまうからです。

そのため、口コミやWeb上での知名度も評価の基準として使っています。

Googleマイビジネスには口コミを投稿できる機能もあるので、なるべくマイビジネスに投稿していたくようにしましょう(口コミをお金で買う行為は禁止されています)。

またSNSやブログなどで話題になるような施策も有効です。

今すぐできるMEO対策!ローカル検索で集客効果を3倍にする方法

ペナルティを受けるSEO対策

SEOの中にはGoogleからペナルティを受ける行為もあります。

俗にいう「ブラックハットSEO」です。

ブラックハットSEOはGoogleを欺く行為として、発覚したら厳しいペナルティんを受けます。

冒頭でもお話しましたが、Webでアクセスを集めるためには、Googleの検索エンジンからが8割以上を占めます。

そのためGoogleからペナルティを受けた場合、ほぼアクセスを見込めなくなります。

「すぐにアクセスを集められる」という甘言に惑わされないようにしましょう。

ここでは有名なものを挙げていきます。

検索エンジンは進化する。裏技的SEOテクニックは通用しなくなる

有料リンクの購入

有料で外部からリンクをもらう行為はペナルティの対象です。

リンクは今でも検索順位を決める重要な要素です。

以前は価値のないWebサイトでも、有料で買った被リンクでもたくさん付くと検索順位が上がってしましまいました。

しかしそのようなユーザーにとって価値のないWebサイトが上位表示されてしまうことは、Googleにとってもユーザーにとっても利益になりません。

そこで有料でリンクを購入して検索順位を上げる方法は排除され、ペナルティを受けるようになりました。

不自然なキーワードの詰め込み

無理やりキーワードを詰め込む方法はペナルティの対象になります。

とくにローカル検索で上位表示させたいからと、フッターやサイドバーに関係のない地名を無理やり詰め込むなどはやめておきましょう。

SEO効果はありません。

順位暴落!してはいけないSEO対策8選

まとめ

この記事では、「外壁塗装」のキーワードで検索順位を上げるSEO対策について解説してきました。

ここまで読んで「取組むことがたくさんあって大変だ」とお感じになったかもしれません

しかし現状のWebから集客を考えると、これは長期にみて取組んでいくべき課題です。

「外壁塗装」キーワードで検索上位をして、大きな売上を獲得しましょう。

SEO対策。アルゴリズムの順位変動に影響されないようにする方法



Twitterも更新しております。フォローをよろしくお願いいたします↓


売れないお悩みを解決。超「売れる」ランディングページを徹底追及!

下記に一つでも思い当たるなら集客屋にお任せください。
・ランディングページのコンバージョン率が低い。
・オンラインで商品・サービスを販売したい。
・オンライン広告をはじめたい。
・販売不振を解消したい。
・オンラインで集客できる仕組みを作りたい。
高いパフォーマンスを発揮するランディングページを提供して、「売れない」悩みを解決いたします。

詳しくはこちらをクリック
  1. 検索順位が上がらない中、とても参考になりました。

    • office-ga

      ありがとうございます。お役に立ててうれしく思います。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


関連記事一覧

フォローするとTwitterの更新情報が届きます。

カテゴリー

アーカイブ