メリット満載!タブレットPOSレジが飲食店経営に役立つ理由

iPadレジ

飲食店経営に役立つタブレットPOSレジ

飲食店ではiPadなどのタブレットにレジアプリをインストールした、タブレットPOSレジの導入が進んでいます。

これまでは、中型店舗・大型チェーン店ではPOSレジ、小規模店ではレジスターが利用されてきました。

しかし現在では大小関係なくタブレットPOSレジが主流になっています。

それはあきらかにタブレットPOSレジの方が利便性が高いからです。

この記事では飲食店がタブレットPOSレジを導入するメリットについて解説します。

POSレジとは

POSとは「Point Of Sales」の略であり、日本語で「販売時点情報管理」を意味します。

POSはその名の通り、商品を販売した時点でのデータを管理・蓄積するシステムです。

何がいつ売れたのか販売情報を蓄積し、そのデータを集計・分析できるようにしものです。

POSレジは、販売時点情報管理システムと会計機能を搭載したレジスターを組み合わせた仕組みです。

タブレットレジも同様の機能を持たせることができます。

タブレットPOSレジとPOSレジの違い

タブレットPOSレジとPOSレジでも、端末上でのPOS機能は同じです。

しかし導入費用の面で大きく違います。

タブレットPOSレジはレジアプリをインストールして使用し、ほとんどのサービスでシステムの稼働とデータ管理をクラウドで行い、専用システムを構築する必要はありません。

従来のPOSレジのように自前で用意する必要がないため、導入費用を安く抑えられます。

飲食店がタブレットPOSレジを導入するメリット

飲食店がiPadなどのタブレットPOSレジを導入した場合のメリットについて解説します。

1・低コストで導入できる

従来のPOSレジの場合、システム導入には数百万円単位のお金が必要でした。

レジスターのみなら安価に導入できますが、その場合POS機能がありません。

それに対しタブレットPOSレジは、Wi-Fi環境とiPadなどのタブレット端末と、必要に応じてキャッシュドロワーを用意すればよいだけです。

またPOSを動かす基本システムも、クラウド上で完結できる仕組みがすでに用意されているため、ツールさえあればその日から稼働できます。

このようにPOSレジ機能を低コストで導入できます。

2・売上げ管理・分析ができる

タブレットPOSレジには売上げの管理・分析をする機能が備わっています。

販売データとしてとても貴重な「いつ、何が、何個、いくらで」売れたかというデータが正確に分かります。

さらに「顧客の性別」「年代」「来店人数」など、様々な要素を組み合わせれば、より詳細な販売データを作成することができます。

また在庫や発注などのバック管理に欠かせないデータが蓄積・分析でき、客層や天候、イベントでの売れ行きの変動も予測することができるようになります。

何月・何曜日・何時に、どこの誰に何が売れるかわかるようになれば、これほど販促に有効な手立てはありません。

無駄な在庫も発生させず、最大の販売効果を得られるのです。

加えてタブレットPOSレジはクラウド環境で稼働しているため、インターネットに接続できれば、外出中でも売り上げ状況の確認を行うことができます。

3・簡単操作で教育コストカット

タブレットPOSレジは、誰でもすぐに使いこなせるように、大き目のボタンや感覚で操作できるよう、簡単操作でパネルが設計されています。

スタッフ自身すぐに操作できるということは、新人でも短期間で戦力になるということです。

さらに操作に関わる教育コストもカットできますので、スタッフ全員の労働生産性を上げられます。

4・省スペースでレイアウト自由

従来のレジに比べ、タブレットPOSレジはスペースを取らず、レイアウトを自由に設計できます。

小スペースなため売り場スペースを従来より広く確保できます。

またデザインがスタイリッシュですから、お店のインテリアとしても演出できます。

5・作業時間の短縮

タブレットPOSレジは事前に商品を登録さえしておけば、バーコードにかざしたりボタン一つで会計データに反映されます。

従来型のように手入力による金額の打ち間違い防げます。

タブレットPOSレジは、注文された時点で伝票情報が自動的に生成され、クラウドににも保存されます。

売り上げ金額などの合計値もPOSレジが自動的に計算する為、ミスがない正確な数値を常に確認することができます。

そのためレジ締め作業もスムーズになり、金額が合わなくて帰れないなどの、トラブルが減り、作業時間を短縮することができます。

時給800円のアルバイトの1日の作業時間が1時間減ると計算すると、

・800円×365日=292000円

も人件費を削減できることになります。

6・クレームを減らし顧客満足度を上げられる

従来型のPOSレジの場合、手作業による入力のため、金額の打ち間違いなどが起こり、それがクレームにつながることがあります。

しかしタブレットPOSレジの場合は、手入力による打ち間違いを防ぐことができるため、ヒューマンエラーによるクレームを最小限にとどめられます。

中には自動つり銭機能とタブレットPOSレジを連動できるものもあり、釣銭金額の出し間違いも防げます。

レジがスムーズに流れる、釣銭や打ち間違いによる金銭間違いがないとなれば、お客様の満足度も向上します。

ツールの機能を向上させることはお客様の満足度にもつながります。

7・内部不正を防げる

従来型のキャッシュレジスターだと、レジの空打ちや釣銭着服による内部不正の原因ともなりました。

しかしタブレットPOSレジでは、中間点検機能があるため、折々のレジ金照合が容易になります。

さらに機種によっては、あらゆる操作が記録として残るため、不正な値引き販売、会計取り消し、売価変更などがあった場合は、後からでも追跡することが可能です。

タブレットPOSレジは内部不正を働きにくい状況を作れます。

8・複数店舗を一括管理できる

飲食店の場合、複数運営することがあります。

その際タブレットPOSレジをを活用することで、複数の店舗を同時にリアルタイムで管理することができます。

たとえば本部で複数ある店舗の売上げ状況をリアルタイムで確認できるため、その時々で効果的な販促などの指示を出せます。

さらに売上げ分析機能を使えば、立地ごとの売上げ傾向を出すこともできます。

感覚に頼らない販促で、多店舗展開を強力にサポートしてくれます。

9・ほかのツールと連携できる

タブレットPOSレジは「勤怠管理システム」「クレジットカード決済」「予約管理システム」などのほかのツールと連携することができます。

それ以外にも、会計サービス『freee』と連携すれば、銀行口座やカード明細の取り込みや記帳の自動化ができるようになり、日々の経理作業を迅速に行うことができます。

作業の効率化という点で、大きなメリットがあります。

飲食店がタブレットPOSレジを導入する際の注意点

飲食店がタブレットPOSレジを導入する際は、通信環境の整備が必要になります。

タブレットPOSレジではクラウドを利用するため、ネットワーク環境の整備が必須です。

ただしネットワーク環境に不備があると、会計途中でデータ通信がフリーズしてしまうなどのトラブルが生じる可能性があります。

そのためPOSレジシステムを導入しても、通信がフリーズしない環境を整えておかなくてはいけません。

また万が一のトラブルに備えるため、すぐに対応してもらえるサポート体制のあるメーカーを選んでおきたいものです。

備えあれば憂いなし、しっかりした準備がトラブルを防ぎます。

まとめ

飲食店がiPadなどのタブレットPOSレジを導入したときのメリットについて解説してきました。

タブレットPOSレジを導入するメリットはさまざまありますが、中でも特筆なのは売上げの管理・分析ができることです。

これまでは費用の面から大手しかできなかったことが、中小・零細企業も簡単にできるようになるのです。

やはり販促は感覚で行ってもうまくいくものではないでしょう。

データという裏付けがあればこそ、確実性のある販促策を行えます。

タブレットPOSレジを導入して、飲食店経営にがっつり役立てましょう。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


関連記事一覧

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。