Web中級者におススメのワードプレスのテーマとは?間違いのないテーマの選び方

アクセスアップ対策

Web中級者におススメなワードプレスのテンプレート

Webサイトの運営の仕方を一通り覚えると、次に挑戦したいのがワードプレスです。

ワードプレスが良いのは、ブログ機能で記事をサクサク更新しつつ、ホームページのようなWebサイトを構築できることです。

しかしワードプレスを運用するとなると、どんな「テーマ」を選べばよいか迷ってしまいませんか?

ワードプレスは全世界で使われているCMSですので、そのテーマもたくさんの種類があります。

テーマは、Webサイトのデザインだけでなく、サイト全体の構成や骨組み、表示される機能まで反映されます。

単純に見た目のデザインだけで選ぶと、操作がしにくかったり、その後のメンテナンスが大変だったり、場合によってはセキュリティの面で危険なものもあります。

長く運用していくWebサイトだけに、どのテーマを選ぶかは慎重に決めたいところです。

そんなあなたにおススメなのが「TCD」のワードプレスのテーマです。

TCDのテーマは、HTMLやCSSの知識がなくても、見た目の良いWebサイトを構築することができます。

ワードプレスのテーマとは

ワードプレスのテーマについて、知識がない人のために簡単に説明させていただきます。

ワードプレスのテーマとは、Webサイト全体のテンプレートのことです。

テーマは複数のファイルの集合体で、デザインなどの内容が一式セットになっています。

そのため、テーマを変更すれば複雑な処理を行うことなく、Webサイトのデザインや構成、機能などを変えることができます。

テーマの選び方

テーマを選ぶ際にはデザインを重視してしまいがちです。

しかし単純にデザインだけで選んでしまうと、Webサイトを運営していく上での使い勝手やセキュリティに問題が生じる場合があります。

ここではデザイン以外に、テーマを選ぶポイントを解説いたします。

レシポンシブWebデザイン

パソコンとスマートフォンの両方に対応したデザインのことを「レスポンシブWebデザイン」と呼びます。

一つのレシポンシブデザインのWebサイトを用意すれば、パソコンでアクセスしたユーザーにはその画面に適した大きさで、スマホでアクセスしてきたユーザーにはスマホに適した大きさで、表示画面が自動で調整されます。

今はスマホでアクセスするユーザーの方が圧倒的です(BtoCビジネスはとくに)。

そのためWebサイトをスマホ用に最適化しておくことは、絶対に必要な施策です。

したがって、ワードプレスのテーマも、レシポンシブWebデザインに対応しているものを選びましょう。

カスタマイズのしやすさ

テーマをカスタマイズしたい場合は、カスタマイズの情報がどれくらい手に入るかも調べておきましょう。

人気のテーマならGoogleで探せばヒットしやすいですが、マイナーなものだとカスタマイズ情報も少ないです。

ただし、カスタマイズ自体はSEO対策とあまり関係がないため、ここに力を入れても収益に直接反映されるわけではありません。

カスタマイズは収益が発生してから専門業者に任せてしまうのも方法です。

日本語対応かどうか

テーマは英語ベースのものが多いですが、日本語対応かどうかは重要なポイントです。

一言でいえば、慣れない言語のツールを使うと、翻訳しながら作業を進めなくてはいけないため、余計な工数がかかってしまいます。

あなたがすぐにWebサイトを収益化したいなら、デザインより作業のしやすさを優先すべきです。

Webサイトの立上げや管理・運営に時間を取られると、収益化がどんどん遠のきます。

安全性を重視する

海外の無料テーマの中には、安全性に問題があるものもあります。

セキュリティ上必要なコードが抜けていたり、意図的にマルウェアなどの危険なソースが含まれていたり、最悪の場合は、データの破壊や改ざん、情報流出、Webサイトの消失まであり得ます。

ワードプレスのテーマ選びは、安全性も重視しましょう。

ワードプレスのおススメテーマは「TCD」

ワードプレスのテーマ選びは、以上のことを踏まえて選択しましょう。

そうはいっても、どのテーマを選んで良いかわからない方におススメなのが、TCDのワードプレスのテーマです。

わたし自身もこのブログは、ワードプレスで運用していて、TCDの「OOPS!」というテーマを使っています。

TCDとは株式会社デザインプラスが提供する、ワードプレス用のテンプレートのことで、豊富な独自機能を盛り込んだサイト構築パッケージです。

TCDのテーマは、低コストでハイクオリティ、そして何より、HTMLやCSSの知識がそれほどなくても、インパクトのあるWebサイトが構築できるという特徴があります。

TCDのテーマはの3つの条件を揃えている

TCDのテーマは、先ほど挙げた「テーマの選び方」のポイントの、

  1. レシポンシブWebデザイン
  2. 日本語対応
  3. 安全性

という3つの条件は満たしています。

TCDテーマを提供している株式会社デザインプラスは日本のメーカなので、日本語対応は当たり前ですが、安全性もレシポンシブWebデザインも搭載しています。

さらにTCDのテンプレートには、スマホ専用のフッターバーも用意されているため、スマホユーザーを逃さずコンバージョンへと導くことができます。

店舗系や会社などのWebサイトを構築するには、スマホに対応した機能はありがたいです。

カスタマイズには不安点も・・・だが、しかし!

ただし、カスタマイズに関しては、TCDのテーマはWeb上にある情報は少ないです。

テーマの種類がたくさんあるため、それも影響しているものと思われます。

とはいえ、TCDは標準装備だけで、かなりクオリティの高いWebサイトを表現することが可能です。

アクセスを集めるにはデザインやカスタマイズよりも

ただここで、一つ付け加えたいことがります。

Webでアクセスを集めるためには、SEO対策が主流になります。

そのSEO対策でアクセスを集めるためには、コンテンツ(記事の中身)の評価で決まります。

カスタマイズやデザインを頑張っても、アクセス数とはほぼ無関係です。

デザインやカスタマイズは、最終的にコンバージョンに影響してきますが、アクセスが集まらないことには、コンバージョンも何もないので、まずはカスタマイズやデザインにこだわるよりも、コンテンツ作りに注力する方が先になります。

したがって、これはTCDに限らずですが、カスタマイズやデザインは後回しにして、とにかくWebサイトを立上げて、収益が発生してから、独自のデザインやカスタマイズを施す方がいいでしょう。

SEO対策はすぐにWebサイト立ち上げて、一日でも早くGoogleから評価を得られることが、初期のアクセス集めでは大事になります。

ですから、デザインやカスタマイズにこだわってWebサイトの立上げが遅れるよりも、素早くWebサイトの運営をスタートすることを優先させた方がいいです。

そういった意味では、TCDのテーマは標準装備でも十分高いクオリティのWebサイトを実現できますので、アクセス集めに関係ない作業に時間を割かなくても良いという大きなメリットがあります。

SEO対策にも対応できます

SEO対策のついでに申しますと、TCDのテーマ自体SEO対策に強いのか?という疑問があると思います。

ワードプレスのテーマ選びで検索してみると、「SEO対策に強いテーマ選び」といった文言も目につきます。

その点でいえば、TCDのテーマもSEO対策で不利になることはありません。

わたし自身、このTCDのテーマの「OOPS!」で作ったWebサイトのページで、トップページに入っていることはもちろん、検索1位に表示されているページもあります。

そもそも現在の検索エンジンはハイスペックで、我われ運営側の知識不足を補ってくれるほど優秀なので、テーマの構造にそれほど敏感になる必要はありません。

それよりもコンテンツの評価の方がよっぽど重要です。

ですから「SEO対策に強いテーマ」という括りに疑問はありますが、TCDのテーマがほかのてテーマに比べてSEO対策に弱いというこはありませんのでご安心してください。

百聞は一見に如かず

いかがでしたか?

あなたのワードプレスのテーマ選びの参考になったでしょうか?

ちなみにわたしはTCDの「OOPS!」というテーマを使っています。

わたしがここで「OOPS!」の素晴らしさを伝えるより、販売ページを見た方がよくわかります。

百聞は一見に如かずです。

まとめ

この記事ではWeb中級者におススメな、ワードプレスのテーマについて解説しました。

ワードプレスの運営をはじめてみようかという方はぜひ参考にしてください。

TCDテーマ「OOPS!」のご購入はこちらから↓

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


関連記事一覧

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。