Web初心者におススメ!最速で結果を出すWebサイト作成ソフト

ホームページ集客

Web初心者が最速で集客するためには、結論からいってしまえば、一日でも早くWebサイトを立ち上げ、記事を投稿する、これに尽きます。

しかしそのためには、Webサイトを運用しなくてはいけません。

初心者にとっては、このWebサイト構築が鬼門です。

最初のWebサイト構築でつまづいてしまう人が続出してしまうからです。

そこでこの記事では、Web初心者が最速で集客するための方法と、おすすめサイト作成ソフトをご紹介いたします。

WebでのアクセスはSEO対策が絶対

まず、Webで集客する場合、アクセスを集めなくてはいけません。

このアクセス集めは、ホームページ、ブログ、SNS、広告などが主な方法になります。

ここでは有料の広告は置いといて、無料のホームページ、ブログ、SNSについてお話します。

結論からいえば、Webで集客するためには、検索エンジンからアクセスを集める「SEO対策」を絶対行わなくてはいけません。

わたしはSNSの専門家ではないため、SNS集客の事情はよく分かりませんが、SNSからも検索エンジンからもアクセスを集めるの大変なことは間違いないです。

ただ、長期間、安定的にアクセスを集めるという意味では、SEO対策でないとできません。

SNSでのアクセスは一過性のものであり、書いた過去記事からアクセスが集まるということは皆無で、アクセスを集めるには「更新し続ける」という作業が必要です。

これに対しSEO対策は、きちんとコンテンツを作り込んで記事をアップすれば、そのページが検索エンジンから評価されたら、長期間、安定的にアクセスがもたらされます。

そのため繰り返しますが、SEO対策は必ず取り組まないといけないのです。

ちなみに、一般的なWebサイトのアクセスの8割は、検索エンジンから集まります。

であるなら、同じ労力をかけるのであれば、SNSよりSEO対策に取り組むべき、というのがわたしの意見です。

ホームページもブログもアクセス集めはSEO対策

Web上で集客するには、SEO対策の取り組むべきとご理解いただいたと思いますので、ここでホームページとブログについて簡単に触れておきます。

集客のカテゴリーとして、ホームページとブログを分けて呼ぶことがあります。

厳密にいえば、両者は運営スタイルが異なるのですが、しかしアクセスを集める基本はSEO対策です。

両者ともSEO対策なしでアクセスは集まりません。

SEO対策で新規アクセスを集め、徐々にリピーターを増やしていく、というのが基本戦略ですが、その逆はないのです。

卵か先か鶏が先かではなく、ホームページ・ブログとも、アクセスを集めるにはSEO対策が先です。

ですから、ホームページ集客、ブログ集客とカテゴリーわけをされますが、アクセスを集める方法はSEO対策と認識しておきましょう。

SEO対策は一日でも早くはじめた方がいい

そしてSEO対策は一日でも早くはじめた方が有利になります。

日本の検索エンジンは9割がGooogleのものです。

ですから検索エンジンといえば、ほぼGoogleのことを指すわけですが、Googleの検索エンジンは新しいWebサイトを評価してくれません。

評価しないわけは公平な評価を行うためですが、ここで大事なのは「Googleから評価されないと検索順位は上がらない」という現実があることです。

Googleが検索順位を上げるページは、Googleが一定の基準まで評価を与えたWebサイトです。

したがって、どんなにすばらしいコンテンツをアップしても、Googleが評価しないWebサイトは検索順位は上がりません。

そのため、SEO対策を施しても効果が出ないのです。

では何が評価基準となるかといえば、Webサイトの「運営期間」が一つの基準委なります。

Webサイト立ち上げから3か月~6か月を経ることで、ようやくGoogleは検索順位を上げてくれるようになります。

この期間を経ることで、Webサイトがはじめてスタートラインに立ったことになります。

したがってSEO対策で効果を出すためには、一日でも早くWebサイトを立ち上げ、Googleから評価を得られるように運営をしなくてはいけないのです。

無料が良いか?有料が良いか?

ホームページやブログに取り組むのに、無料のものと有料のものがあります。

無料で代表的なものは、ライブドアやアメーバが提供しているブログがあります。

有料とは、ブログでもホームページでも、独自ドメインを取得して運営するWebサイトのことです(ワードプレスもこれに当たります)。

初心者であれば、いったいどちらに取り組めばよいか迷うでしょう。

結論からいえば、独自ドメインを取得してWebサイトを運営する方です。

無料のものは、ほんの練習くらいで納めておき、ある程度慣れたら、有料に移行しましょう。

あるいは、本体となるブログやホームページのアクセスを送る、サブ的な使い方もありです。

無料のブログは、有益なコンテンツを積み重ねても、それは運営本体の資産になり、永遠に自分のものになりません。

Webサイトは売れる

そしてここからが重要ですが、アクセスを集められるWebサイトは、それ自体資産価値をもたらします。

単純にアドセンスのような広告を貼り付けておくだけで収益が生まれます。

このような資産価値のあるものは、売買の対象になり、アクセス数の多いものや収益が大きいものほど、売却金額も高くなります。

仮に無料のブログのアカウントを販売できるとしても(法律や規約上の問題があるかもしれませんが)、有料のWebサイトとは比較にならないほど値段に差が出るでしょう。

同じ取り組むなら、お金になるものを選ぶ方が賢明です。

初心者におススメソフトは「SIRIUS(シリウス)」

ここまでをまとめると、

  • アクセス集めのメインはSEO対策
  • ブログやホームページは、独自ドメインを取得して運営した方がよい

となります。

しかしここで一つ問題が出てきます。

どのような方法で自分のWebサイトを持つか?という問題です。

わたしがおススメするのは、

  1. 初心者の方は「SIRIUS(シリウス)」
  2. 中級者の方はワードプレステンプレートの「TCD」

をおすすめします。

【特集】Web中級者におススメのワードプレスのテーマとは?間違いのないテーマの選び方

Webサイトは厳密にいえば、ほとんどがHTMLによって表示されています。

その中でもシリウスとワードプレスは、CMSと呼ばれるもので、正式名称はコンテンツマネージメントシステムといいます。

大きく違う部分は、シリウスはパソコン上にあるサイト作成ツールでコンテンツを作り、HTMLファイルを生成しレンタルサーバー(Web上)にHTMLファイルをアップロードしてくれますので簡単にHTMLサイトを作ることができます。

いわば、ホームページ作成ソフトです。

ワードプレスはphpで構成されており、Web上にCMSを置いています。

また、記事などの情報はデータベースというものに格納されており、こちらもWeb上に置いてあります。

使い方は、無料のアメーバブログなどと同じです。

「SIRIUS」は専門知識がなくてもWebサイトが簡単に作成できる

シリウスはアフィリエイターが主に利用してきたツールです。

アフィリエイターがメインとはいえ、店舗系や会社のWebサイトに利用することもできます。

シリウスは多くのアフィリエイターが利用できるように作られているため、HTMLやCSSといった専門知識がなくてもWebサイトを作ることができます。

ホームページ作成ソフトといえばホームページビルダーが有名ですが、ホームページビルダーより簡単に見栄えの良いWebサイトを作ることができます。

今お読みのWebサイトはワードプレスのTCDテンプレートで構築していますが、わたしも初心者の段階ではシリウスを活用していました。

また現在もランディングページはシリウスを利用しています。

・シリウスで作ったコンバージョン率4.5%のランディングページ

使い方によっては用途が広がるのもシリウスの特徴です。

シリウスのメリット

シリウスのメリットを解説させていただきます。

専門知識がなくても使える

HTML言語やCSSという専門知識がなくても、このソフト1つあれば簡単にWebサイトが作成できてしまいます。

初心者にとってはこのメリットが一番大きいです。

HTMLやCSSがわからないといったことで、Webサイト作成につまづくリスクが大幅に削減できるからです。

HTMLやCSSでつまづくと1日や2日平気で過ぎてしまいます。

このようなことが続くと、Webサイト作成自体をあきらめるということが起こります。

最初からワードプレスでWebサイトを運用できればそれでいいのですが、HTMLやCSSの使い方がある程度分かってないと、カスタマイズはおろか、サイドバーに画像を設置することすら出来ません。

そのため、初心者の方がいきなりワードプレスに手を出せば、挫折してしまう可能性が高くなります。

大事なのは収益

ここで大事なことをお話します。

あなたの目的はWebサイトを作って収益を上げることですよね?

いくらHTMLやCSSを理解しても、収益に直結しないことに気づきましょう。

むしろHTMLやCSSを勉強するほど、いたずらに時間だけが過ぎていきます。

そんな勉強をしているくらいなら、シリウスでさっさとWebサイトを立ち上げて、どうすれば収益になるか試行錯誤した方が何倍もお金を生み出します。

もちろん、最初はHTMLやCSSが分からなくても、シリウスでサイト作成していくうちに自然に覚えていくことができますので、習うよりまず慣れろ、です。

ヘッダー画像、ボタン画像、ロゴ画像が用意されている

シリウスは、ヘッダー画像や、ボタン画像、ロゴ画像、ランキング画像、などの、必要な画像が最初から用意されています。

フォトショップやイラストレーターといった画像編集ソフトがなくても、ある程度の見栄えのよいWebサイトを作ることができます。

またWebサイトのテンプレートも数十種類用意されています。

そのため、初心者でもホームページビルダーで作る「素人丸出し」のWebサイトにはならないので、成約率にも好影響をもたらします。

わからないことはGoogleで調べられる

シリウスはアフィリエイター向けのサイト作成ソフトで、利用者が多いです。

そのため、シリウスでのWebサイト作成につまづく人も出てきます。

「シリウスでのWebサイト作成に困る人」がいれば、それだけ検索需要が発生するということです。

その結果、それらの疑問の数だけ、問題を解消しようとするWebサイトも多数発生することになります。

ということは、Webサイトの作成でつまづいたときは、Googleで調べればある程度「解決してしまう」ということです。

利用者が多いということは、それだけ問題解決のパターンも多く用意されているということです。

HTMLやCSSの場合、コピペして貼り付けで問題解消ということもあり、2日も3日も悩んでいたのがバカらしくなるくらいです。

これもシリウスのメリットです。

一度購入すれば無料で利用できる

シリウスはパソコンにインストールして使うタイプのソフトです。

あなたもご経験があると思いますが、パソコンが壊れてしまうと、インストールし直さなくてはいけません。

このときシリウスユーザーなら、「パソコンが壊れたので再インストールが必要」とメールで連絡すれば、再インストール用のファイルを無料で送ってもらえます(わたしはこれまで3回ありました)。

さらに定期的に行われるアップグレードも無料で行えます。

安心して最新のソフトが使える、シリウスのメリットの一つです。

シリウスのデメリット

メリットがあればデメリットもあります。

シリウスのデメリットをお話します。

カスタマイズや画像には限界がある

シリウスは簡単に作成できる反面、凝ったカスタマイズをするとなると限界があります。

また画像も既製品のため、オリジナリティを出すことはむずかしいです。

ワードプレスでよく見かける、プロっぽいデザインのWebサイトにしたい場合は不向きです。

しかしここで一つ大事なことをお伝えします。

凝ったカスタマイズや画像を使っても、SEO対策とはほとんど関係のないということです。

SEO対策で重要になるのは、第一にコンテンツです。

Googleが評価するコンテンツを作らないと検索順位は上にきません。

このことをまず認識しましょう。

収益を発生させるためにあなたが行うべきことは、カスタマイズやデザインに凝ることではなく、Googleが評価するコンテンツ作りに注力することです。

極端にいえば、カスタマイズや画像は、Webサイトにアクセスが集まり、そこから収益が発生するようになってから考えればよいのです。

更新型のWebサイトには向かない

シリウスは大変使い勝手が良いソフトですが、更新型のWebサイトには不向きです。

わたしも経験してわかったのですが、シリウスで1つのWebサイトに大量のページを生成していくと、管理が大変になります。

一つの基準は200ページです。

それ以上になると面倒になってきます。

ですので、ブログのように定期的に更新して集客したい方には、ワードプレスの方が向いています。

本当に買ってよかったシリウス

メリット・デメリットありますが、シリウスは本当に買ってよかったと思えるソフトです。

ちなみに現在でもランディングページの作成に使っています。

ビジネスをアイデアを考えて、その案をライティングし、シリウスでアップデートしてランでディングページにすれば、そのビジネスをすぐにスタートできますから、本当に重宝しています。

シリウスは上位版がおススメ

シリウスには「通常版」と「上位版」の2種類があります。

この2つの違いは、スマートフォンサイト同時生成機能にあります。

簡単にいえば、上位版はスマートフォンサイトを同時に自動で生成してくれますが、通常版にはその機能はありません。

現在、スマートフォンでのアクセスは増えています。

店舗系のWebサイトなら8割以上はスマートフォンからのアクセスということも当たり前に起こります。

そのため、スマートフォンに対応してないと、それだけで成約のチャンスを逃すことにもなりかねないのです。

通常版の価格は18800円、上位版の価格は24800円です。

たった6000円の差で、スマートフォンに対応できないのは、何とも痛いです。

ずっと使えるソフトですから、ここは6000円多めに出して上位版を購入することをおススメいたします。

【上位版】次世代型サイト作成システム「SIRIUS」のご購入はこちらから

【通常版】次世代型サイト作成システム「SIRIUS」のご購入はこちらから

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


関連記事一覧

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。