GoogleのSEO対策で具体的に行う3つの施策とは?

SEO対策

GoogleのSEO対策に必要な3つの施策

Webでアクセスを集めるためには、検索エンジン対策なしでは考えられません。

いわゆるSEO対策のことです。

日本の検索エンジンは9割がGoogleのものなので、SEO対策とはGoogleの検索エンジンに対する対策です。

SEO対策が成功すれば、長期的かつ安定的にあなたのWebサイトにアクセスがもたらされます。

この記事ではGoogleへのSEO対策の基本の3つの施策について解説します。

Googleのアルゴリズムで検索ランキングが決まる

検索順位は、Googleの独自の計算手法(アルゴリズム)で得点を算出し、それによりランキングが決まります。

アルゴリズムは、200以上あるといわれるさまざまな評価基準を元に

  • 何について書かれたページか?
  • ユーザーにとって有益なページか?
  • 信頼できるページか?
  • 誰が書いたコンテンツか?

などについて評価し、それによってページのスコアがつけられます。

SEO対策とは、一言でいえばGoogleのアルゴリズムからのスコアを高めることで、検索順位を上げる行為なのです。

とはいえ、200以上あるアルゴリズムの評価基準が何なのかは明らかにされていませんし、アルゴリズムの改善も日々細かに行われています。

そのため、Googleのアルゴリズムの全容を具体的につかむことは、ほぼ不可能です。

それよりも、これからお話しする基本的な内容をコツコツ積み重ねる方が、SEO対策には効果があります。

検索エンジンの仕組み。SEO対策はこの3分野から

GoogleのSEO対策はとってもシンプル

GoogleへのSEO対策で行うべきことは、とてもシンプルです。

それは次の3つを行うことです。

  1. 検索ユーザー(検索キーワード)の知りたいことに応えるコンテンツを作る
  2. そのコンテンツの内容をGoogleにわかりやすいように伝える
  3. リンクを集める

SEO対策とは、たったこの3つを繰り返して行うことです。

上記の3つを行うことで、Googleはあなたのページを見つけて正しく評価をしてくれ、その結果として高順位がつけられます。

1・検索ユーザー(検索キーワード)の知りたいことに応えるコンテンツを作る

ユーザーが知りたいことを教えてくれるページは、確実に上位表示を狙えます(検索順位は競合との相対評価で決まるため、ライバルが強ければそれだけでは順位は上がりません)。

Googleが常に目標としているのは、ユーザーの検索意図を正確に把握し、それに対する適切な回答を持つページを返すことです。

理由は、自分の知りたいことを教えてくれる検索エンジンなら、利用者はどんどん増えるからです。

そのため、検索ユーザー(検索キーワード)の知りたいことに応えるコンテンツを作ると、Googleからの評価は高くなります。

たとえば、「肩こり 治療」とキーワードを入れて検索するユーザーは、肩こりの治療方法を探しているユーザーと推測できます。

あるいは、「白髪染め 方法」なら、白髪染めの上手な方法を探している検索ユーザーといえます。

Googleのアルゴリズムは、ユーザーの知りたいこと(検索意図)を満たすページを上位表示させるゆ改善を行っていますので、上位表示させたいキーワードの検索意図を把握し、その疑問に適切な回答をするコンテンツを作ることがSEO対策のスタートになります。

Googleが検索順位を上げる6つの要因

2・そのコンテンツの内容をGoogleにわかりやすいように伝える

とはいえ、いくらユーザーの知りたいことに応えるページであっても、Googleにそのことが適切に理解できる状態にしておかなくては意味がありません。

ページの内容がきちんと伝わらなくては、然るべき評価がされず、検索順位も上がらなくなってしまいます。

Googleの検索エンジンは日々進化して、音声のような話言葉も認識するようになりましたが、基本的に人が見ているものと検索エンジンが見ているものは異なります。

たとえば、

  • 名前:高橋 ひろし
  • 生年月日:1995年9月1日

とあれば、わたしたちは「高橋ひろしさんの生年月日は1995年9月1日」と認識できます。

検索エンジンも生年月日を推測できないわけではありませんが、これを氏名と生年月日と正しく認識してくれるわけではないのです。

そこで検索エンジンに、これは「高橋ひろしさんの生年月日は1995年9月1日」と明確に認識できるような書き方が必要になってくるのです。

とはいえ、SEO対策では専門的な用語はそこまで必要でなく、基本的なことを覚えておけば十分です。

Googleの検索エンジンは我々の知識不足を補ってくれるほど進化しています。

  • タイトルタグやmetaタグに重要なキーワードを入れる
  • 見出しや本文に検索されたいキーワードを入れる
  • アンカーテキストでリンク先の情報を正しく教える
  • デザインが不要なもの(見出しなど)は画像でなく文字にする
  • Googleを騙すようなSEO対策は行わない

など、基本中の基本をしっかり行うようにしましょう。

Googleの検索エンジンが進化しているとはいえ、正しく伝えることで適正な評価を得られます。

SEO対策の要は「title」タグ。アクセスアップはタイトルタグで決まる

3・リンクを集める

最近のSEO対策は1の「検索ユーザー(検索キーワード)の知りたいことに応えるコンテンツを作る」というコンテンツの質が大きく影響していました。

しかし、昔からSEO対策の王道としてある「リンクの数」も、検索順位を決める重要な基準になります。

むしろ安定して上位表示させたいなら、被リンク(他のWebサイトからリンクを張ってもらうこと)は絶対に必要です。

被リンクはWeb上での人気投票といわれています。

役に立つ、面白い、知らない情報などは、誰かに紹介したいという心理が働きます。

また、自分の主張の根拠としてリンクを張ることもあるでしょう。

それつまり、リンクされたページは、「コンテンツが優れている」という第三者からの客観的な評価といえるわけです。

それはGoogleも参考にできる基準となるため、今も昔も検索順位を決める要素となっています。

<Googleが被リンクをどう評価するか>

  • 人気のあるページには、いろいろなWebサイトからリンクが集まる
  • 信頼のおけるWebサイトからのリンクは評価が高い
  • 同じテーマを扱うWebサイトからのリンクは、より貴重な情報を発信しているサイン
  • リンク元のアンカーテキストの中に多く含まれるキーワードは、そのページの特に重要なテーマである

SEO対策に外部リンクが大事な理由

SEO対策の甘いキャッツコピーに惑わされない

SEO対策について、さまざまな甘い言葉で惑わされることがあります。

「最短○日で検索1位に表示されました」

「独自のノウハウで検索1位を取る方法があります」

こんなキャッチコピーを見れば、SEO対策に何か簡単な方法があると思ってしまいがちです。

しかしSEO対策に一気に結果を出せる裏技的な方法はないのが現実です。

仮にGoogleの不備を突くようなテクニックを施しても、すぐに使えなくなるばかりか、スパム行為と認定されると検索結果に反映されなくなってしまいます。

Webの世界でGoogleに無視されると、アクセスはほぼ「0」になってしまいます。

一時的にアクセスを集めて収益を上げる打上げ花火のようなビジネススタイルならそれでもいいでしょうが、信頼を積み重ねて商売をする一般的なビジネスなら、それは避けた方が賢明です。

コンテンツを積み重ねて、Googleからの信頼を得る、地味な作業ですがSEO対策で結果を出すには、これが一番の方法になります。

検索エンジンは進化する。裏技的SEOテクニックは通用しなくなる

まとめ

Googleの検索エンジンは日々進化しています。

そのためスパム行為で順位を上げるような方法は、通用しなくなってきています。

通用したとしても、それは一時的な結果で終わってしまうでしょう。

たとえば、被リンクはSEO対策に効果的ですが、どんなWebサイトからのリンクで評価されるわけではありません。

自作自演のリンクを付けた場合でも、そのWebサイトが

  • 中身のあるコンテンツがある
  • 定期的に更新されている

ものでなければ、リンクとしての価値がないのです。

つまり、自作自演でリンクを付けようにも、手を抜いていたらSEO対策として効果はないのです。

小手先のテクニックが通用しなくなってきているのが今のSEO対策です。

  1. 検索ユーザー(検索キーワード)の知りたいことに応えるコンテンツを作る
  2. そのコンテンツの内容をGoogleにわかりやすいように伝える
  3. リンクを集める

という3つの基本を意識して、コツコツ取り組みましょう。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


関連記事一覧

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。