【秘密公開】チラシ集客を成功させる人だけが知っている5つのポイント教えます

チラシ集客

チラシは今でもバリバリ集客できる

Web集客が全盛となりつつある昨今、「チラシ集客」と聞けばいかにも古臭く、効果がないように思えます。

ですがわたしは断言します。

チラシは今でも「バリバリ集客できる」と。

しかし現実は、チラシを配っても集客数は「0」という人も珍しくはありません。

では、この違いは何でしょう?

実はその違いは、チラシに対する正しい考え方を持ってないために起こります。

リピータがザクザク集まるチラシ集客

まず、チラシ集客を成功させる5つのポイントを解説する前に、チラシのメリットについてお話させてください。

チラシのメリットについて意外に気づいてない人が多く、やたらとWeb集客だけ頑張ろうとする人がいらっしゃいます。

これは大きな損失です。

なぜならチラシは、「リピーター」というお店にとって最も重要なお客様を集めることに長けたツールだからです。

あなたのお店のリピーターになるお客様とはどんな方か想像してみてください。

といってもむずかしいことではなく、それは「ご近所さん」ではないでしょうか。

「お店が家の近く」、実はこれがリピーターになる人の大きな特徴です。

近くだから通いやすい、シンプルですがこの動機がリピーターを生む理由となります。

そこで、チラシです。

チラシは地域を狙って撒くことができるため、ご近所さんをピンポイントで狙い撃ちすることができます。

その結果、リピータになりやすいお客様を集めることができるのです。

こんなお宝地域に何も手を付けず、ブログだSNSだとポチポチやっているのは、非常にもったいないことだと思いませんか?

チラシ集客成功させる「目に見えない」5つのポイント

とはいえです。

ご近所さんにチラシを撒いたからといって、ポンポン反応が取れるわけではありません。

チラシで反響を取るには、やはりチェックすべきポイントがあります。

こんなことを聞くと、「キャッチコピーがうんちゃらかんちゃら」「デザインがどうのうこうの」などと想像されるかもしれませんが、チラシの反響でデザインの影響する部分は大きくありません。

そんな「見に触れる」ものより、チラシの反響は「目に見えない」ものに大きく影響されています。

要はチラシの設計段階の部分です。

ここではどうすればチラシで反響を取れるか、設計段階の部分でチェックするポイントを解説します。

1・ターゲットは明確か

マーケティングの世界では「ターゲットを絞れ」はよく聞く話です。

もちろんこれはとても大事で、ターゲットを絞らないと、チラシの訴求力が落ちてしまいます。

たとえば、家のチラシで考えてみましょう。

誰に家を販売したいのか、それでキャッチコピーや文章はガラリと変わります。

仮に夫婦であれば、20代なのか30代なのか、それとも60代以上の夫婦なのか、これだけでも訴求するポイントは違ってくることはわかるでしょう。

さらに価格を重視する人たちか、それとも素材や健康にこだわる人たちか、この設定でも文章は変わります。

どういう人たちを集めたいか、具体体なターゲットが設定されてないと、キャッチコピーや文章、使うべき画像や価格設定など、ありとあらゆるものがズレてしまうのです。

そしてチラシ特有のことですが、ターゲットが決まらないと、どこに有望な見込み客がいるか、チラシを撒く地域のあたりをつけておくこともできなくなります。

ターゲットを明確化しておくことが、どれだけ重要かご理解いただけたかと思います。

2・何で集客するかを選ぶ

チラシ集客で反響を分ける大きなポイントは、「何で集客するか」です。

いわゆる「客寄せ」となる集客商品のことです。

世の中には、「売れる商品」と「売れない商品」があり、後者を選んでしまうと、チラシで集客することはほぼ失敗します。

キャッチコピーやデザインにこだわる前に、まず「その商品(サービス)で反応を取れるか」を考えなくてはいけないのです。

見せ方とか切り口とか強みとかの問題ではないのですよ。

3・配布時期は適切か

チラシを撒く配布時期も反響に影響してきます。

いわゆる「閑散期」か「繁忙期」かのタイミングです。

このタイミングは重要で、閑散期にチラシを撒くと反響を取るのはむずかしくなります。

たとえば同じデザインのチラシでも、閑散期に撒いたチラシは反響0、しかし繁忙期に近いタイミングでチラシを撒くと1000分の1まで反響が上がってしまうこともあるのです。

その他にも分かりやすい例でいえば「習い事」があります。

習い事の繁忙期といえば、3月か4月が主です。

この時期を外してチラシを配っても、やはり反応は悪いです。

チラシは配るタイミングで、反響を取る難易度は変わります。

そことを知って、チラシを配るスケジュールを決めておくのが重要なのです。

4・配り方は適切か

チラシは配り方によっても反響数が変わります。

よくある例でいえば、新聞折り込みかポスティングかの2つです。

この2つもチラシのターゲットによって配布方法を選ばなくてはいけません。

たとえば若い世代がターゲットなら、新聞を購読している世帯がもともと少ないので、新聞折り込みよりポスティングをメインに考えた方がいいでしょう。

もちろん、新聞折込とポスティングでは単価が違いますので、安い新聞折込の方を選択したい気持ちもよく分かりますが、安くても反響が取れなければ結局同じことでしょう。

こういった場合は、ライフタイムバリュー(生涯顧客単価)で計算し、本当の意味で採算がとれるか計算し、単価の高いポスティングでも元が取れるかを検証しなくてはいけません。

反対に、ターゲットの年齢層が高い場合は、新聞折込でも反響が取れ、ポスティングよりも費用対効果の高い配布方法となります。

このように、配布方法をどのようにするかで、チラシの反響であったり費用対効果が決まってきます。

ターゲットは誰か、その人がどれだけリピートをするか、などを考え、最適なチラシの配布方法を決めなくてはいけません。

5・ホームページと連動させる

スマホが一人一台に普及した今、チラシで興味を得た商品・サービス、会社を検索して調べることは当たり前になってきています。

このような時代に、ホームページと連動させて集客するのは、必須の広告戦略といえます。

したがって、チラシからホームページに誘導(短縮URLやQRコード)しておくのはもちろん、ホームページもチラシと連動している内容にしておかなくてはいけません。

たとえば、チラシで伝えられない商品の魅力を、より詳しい説明や画像や動画で伝えることが大切になります。

とくに動画での伝達力は、文章や画像の比ではないですから、動画の活用は積極的に行っていきたいところです。

チラシ配布の際は、必ずホームページへ誘導しておき、配布後はホームページのアクセスを解析し、チラシからどれだけコンバージョンにつながったかを計測しておく体制が必要です。

もうすでに、チラシはチラシ、WebはWeb、で終わりの時代ではないです。

あなたは同じ轍を踏みますか?

チラシで反響を取るためには、デザインやキャッチコピーなどの影響力はそれほど大きくありません。

にもかかわらず、そんなことにこだわっている人がどれだけ多いことか。

それはチラシで外す人が多いことでも良くわかるでしょう。

あなたも彼ら彼女らのように、同じ轍を踏みますか?

わたしは踏んでほしくありません。

チラシ集客のすべてを網羅した教材

そこでご紹介いたしのが、わたしが実践から身につけた、「チラシ集客大全」という教材です。

すべて実践で得た、チラシで反響を取るためのノウハウ網羅した教材です

この記事でお話しさせていただいた、チラシの設計段階のノウハウはもちろん、チラシのデザインやキャッツコピー、細かい広告ノウハウまですべて凝縮した教材です。

さらに実際にチラシを作る際の参考になるように、反響の出たチラシのサンプル、パソコンが苦手の人のために、手書きチラシを作るための「味の出る文字の書き方」まで付けております。

正直いって、集客用チラシについてここまで網羅した教材はないと思います。

チラシで「無駄」な失敗をしないでください

この教材を読むことで、あなたのチラシについての悩みはスッとなくなり、何に取組めば「集客できるチラシ」が作れるのか具体的にわかります。

キャッチコピーやデザインに悩むなんて、本当に「時間の無駄」です。

それよりも、この記事でお話ししたようなポイントを押さえてチラシを作った方が、反響は簡単に取れてしまうのが現実です。

あなたがデザイナーに依頼する場合でも、考え方を知って発注するとのしないのとでは、結果に大きな違いが出てくるでしょう。

世の中には、知っていることで「無駄」な失敗をしなくて済むことがあります。

それはチラシ集客も同じです。

目の前に「無駄」な失敗を避ける方法があるのに、わざわざ「無駄」な苦労をしなくてよいと思いませんか?

店舗が最速で集客するにはチラシは最適のツールです。

そして「今」でも「バリバリ」に集客できます。

あなたのチラシ集客を成功させるために、チラシ集客大全が役立つことをお約束いたします。

チラシ集客大全のご購入はこちらから >

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


関連記事一覧

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。